サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

3909 株式会社ショーケース 性能が良いAI 不正取引防止システム

https://www.showcase-tv.com/

 

20年12月、株に買い方が集中?

その後は出来高は低調。株価の下落が目立つ。

 

買いが遊んで暮らすスタイルのトレーダーがこの時期に買えばたしかに儲かりそうだ。

 

と、すると、

また12月に中長期トレーダーは? 買い方に? もし、株価が今年年末に向けて上昇続ければ?

年末になって一年前のでんじょう付近より上て抜けていたら?

 

さらに一年後、また一年後、と経過したら?

 

その間に顔認証と画像認識でオリンピック以外で何かが大人気になったら? つまり、中国人と韓国人とロシア人を破産に追い込み、朝鮮半島の50%のトレーダーが破産し、中国大陸が破産し、ロシア共和国の勢力が及ぶ範囲内でも大量に破産したら? AIが大人気になる。

 

AIを用いる、と聞けばサイバーセキュリティ、画像認識など。それ以外に使いようが無いテクノロジーなのだからこのようになるのである。

 

よくニューズウィーク日本版にはデタラメなニュースが流れるが、Apple株が牽引、とか、ビッグ5株が牽引、とかデタラメな表現が多い。半導体に比べればよくわかる。

 

では、

AI 顔認証

とビックキーワードを並べると、何がオモシロイのか? ←コレ

 

韓国人と中国人とロシア人のトレーダーが大量に破産するようならオモシロイ。

と、すると、

サイバー脅迫攻撃に対応すれば良いのかな? と。ようは。

 

オンライン営業、不正取引防止に強みを持つ株式会社ショーケースの株、買っときゃ良かった。いま、アメリカ合衆国と日本が韓国に強大なプレッシャーをかけている。どちらもサイバー脅迫攻撃を受けて激怒している国である。日米はサイバーセキュリティに関しては戦争に分類している。

 

と、すると、

各種のスキャマー(詐欺師)潰しの一環であるフィッシング詐欺を潰す防犯活動に使われるシステムとは何か? 銀行などでは株式会社ショーケースが活躍しているのでは? と考えが進む。もしそうなら、株式会社ショーケースの株はほっとけばとんでもない額面の株式に変わるという、遊んで暮らすスタイルのトレーダーの読みどおり、気楽にご機嫌で金持ちになるトレードになるから買っといた、というハナシに通じる株なのでは?

このように私は推測したのである。

 

バイブル本トレーダーみたいな自殺型トレード人生はイヤだ

 

コレは私も同感なのである。ソレならどこの企業をどのテーマでいつ何株買うのか?

先日から自分にピッタリな愉快な株式を探していたのだが、株式会社ショーケースの株式は愉快な株式に変わる可能性がある。

 

現在、下落中。まさか逆張りは無いでしょ? AI、顔認証、画像認識、オンライン防犯とビックキーワードを並べると。

 

ソレなら底値で買い、電場で電光石火のごとく売る ←コレ

 

すると、遊んで暮らすトレーダーが愉快な毎日をセレブを強調する文体と内容でブログに書く。すると、カリスマ化してインフルエンサーになるかもしれない。

 

戦場回数を増やすためにも、韓国人と中国人もロシア人に自慢しまくれ、となって当たり前。すると、オモシロイセレブが次に何に手を出すのか? 当然、ハリウッドのアニメ好きを見習う筈だ。

 

そこで、中外鉱業の株かな? と。次は。インフルエンサーが買いそうな株は。

 

中外鉱業もテーマ株の一つである。

 

ここまてわかれば、ハリウッドのアニメ好きからコンテンツソフトビジネス株は長期安定上昇だ、までわかっていれば、次は半導体。再生できるプレーヤーやPCがなければアニメが楽しめないからである。

 

と、すると、

AIとは半導体の影響下にあるテクノロジーなのだがら、フィラデルフィア半導体指数の30社が牽引するマーケット、ということになる。ようは。

 

と、すると、

グリーン促進、再エネ、SGOsをインフルエンサーがブログの中で意識していることをちゃんと表現できなければならない、というロジックになる。たぶん、だが。

 

その場合は、日本人だけを褒める、とかアメリカ人だけを褒める、とか、イギリス人だけを褒める、などというヌルいブログではハナシにならない。ウサギのように臆病な奴だ、と人類から誤解されるからである。もってのほかなのである。

 

と、すると、

ヘイトが上手い奴はいったいだれか?

高尚で教養と良識があり、理想を実現するセレブは誰か?

というロジックに発展せざるを得ないのである。

 

すると、トランプ前アメリカ合衆国大統領が実はヘイトの達人だ、と思い出すのである。つまり、アメリカンドリームの体現者をマネするハリウッドスター気取りのご機嫌な親日、親米、親英の遊び人の株成金 ←コレ

 

コレがいま日本に求められているインフルエンサーであろう。間違いなく。YouTuberに憧れるだけではダメなのである。バカそうだ、と思われるからである。

 

つまり、インフルエンサーYouTubeで中国人と韓国人とロシア人にヘイトしている、ということなのだから、そのようなYouTuberになりたい ←コレ

 

ここまでわかればOK。ファンダメンタル分析、とかいうならファンダメンタルズでもかまわんが、ここまて考えると良い。さらに、ラーメン屋が底打ち。まだまだインフルエンサーの違うタイプはある。

 

そこで、菅内閣から発表されたなかの1つのセンテンスである

国民は一丸となって

インフルエンサーの義務にすると良いのだな、とわかる。どんなタイプのインフルエンサーも、国民が一丸となるために、という基準がなければダメなのだ、と。こういう方向だいま。

 

こんなカンジやね。株価ショーケースの底をはやく見たいものである。