詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

フィラデルフィア半導体指数と経済安保→強力なロボ工場

強力なロボ工場とは、歩留まり率が低く、人件費がいまより圧倒的に少なく、うまくメンテナンスすればスマートファクトリーどころかスーパースマートファクトリーになる、正確無比な大量生産、ラインの組み替えが簡単な設備投資のしやすい進化速度が加速しやすい工場のことである。

 

スーパースマートファクトリーは、リンカーンアメリカ合衆国大統領以来、理想になったのだと私は思うのだが、人類の労働からの解放 ←コレ

 

コレが実現するとビッグデータとAI、ロボット、ドローンなどが飛躍的に進化し、自由を尊ぶ諸国の人民の理想をすぐに実現するようになる。ヒマだと理想を求めるように人は生まれてきて死んでいくからである。死んだ後、ダークマターに辿り着ければ、死んだ後のその人の意識が地球上に達するかもしれない。ダークマターの統合力とはそういう力なのである。達すると生きていて寝ている人や五感が1つづつ備わっていく過程の胎児の脳に入る。物質化した死後の意識は宇宙意識であり、反射光を伴う物質である。虹もその1つである。脳に入る物質とは何か? エネルギーである。エネルギーとは飲み食いしたり、呼吸したりすると体内で生産される物資である。詳しくは料理教室やヘルスビジネス企業の栄養のページが詳しく、さらに詳しくは栄養に関する諸学問であるので、参照すると良いだろう。アミノ酸、とかビタミン、とか色々載っている筈だからである。

 

こうして、隕石にタンパク質の痕跡があった! とニュースになる理由がわかってくると、半導体企業の株価に注目せざるを得なくなる。どんな興味も半導体が優れていなければ量子の時代に対応できないからである。バイオセントリズムは量子の諸学問から生まれた思想である。

 

量子の精神場とは天国、極楽と呼ばれてきた空間のことである。ようは、量子コンピューティングの時代になるからいまから用意しておかねばならず、その用意にはフィラデルフィア半導体指数の相場をみて、下落しようものなら中国を滅ぼして自由を尊ぶ諸国の人民の子孫により良い地球をグリーンにして渡す、と思うことが含まれる。

 

この決意は、自由のために戦うと理想郷が実現する、という釈尊以来の思想に通じる。この思想は滅びたあと、少林寺拳法の開祖・宋 道臣により復活していまに至る。

 

人類は理想郷を求めて生まれ、そして死んでいくのである。太古の昔からこのようになっているので、そのようになるのである。

 

治安維持体制の枠の中に、平和枠があり、平和枠の中に人類がいる。

 

その二つの枠の間に無法者がいる。

 

平和な枠とは法の支配する平和な世界で、治安維持枠、つまり戦争枠に守られている。

 

この平和の枠の中に入れず、外側に戦争枠があることがわかっていない者が無法者である。

 

ものすごい火力を知らずに無法者は不正を繰り返し、テロを起こすなどする。中国がそのまんま無法者である。法を無視して侵略を重ねてマーケットを下落させたり、不正を起こさせたり、海を奪おうとしたり、マンガン独占支配を中国はしようとするが、コレは無法行為である。

 

つまり、中国は国連の枠の中の、平和の枠の外にいる無法者国家だ、とわかる。

 

無法者は大宇宙を否定する思想を持つ。大宇宙との統合、ときけば中国人はすぐに改ざんして共産主義に憧れるのである。支配者に統合されるのは当たり前だ、と思い込むバカ者は、共産主義を尊ぶ。そして、大陸を人民そのものだ、などと地球が人民の一部であると思い込む。大宇宙は正義で完成されているため、倫理が宇宙からやってくるのだが、多くは居眠り好きな、自由を尊ぶ人の脳に入る。したがって、マシンのような中国人の脳に入るものは、中華料理や輸入食品となっても倫理は食えず飲めず、摂取不可能になり、足りない正義を共産主義に基づき勝手に改ざんした国家のルールで補うため、カルテルなどは国家のための正義だ、と思って不思議にも思えなくなる。コレが共産主義の死の循環を作る原因なのである。1人の支配者は、大陸を表す大量の人々を表す国家から認められた支配者であるので、大陸は支配者の所有物と同じ、という考えは、まさしくバカげた考えなのである。

 

なぜ、中国人の脳がそこまで弱いのだろうか? 寝ないからである。意識が無いために自由がなく、計画を意識より優先すると自分の意にそぐわないことばかりやるように変わる。人間の脳はこうして本人によって歪められた事実によって悩みを生む器官に変わり、倫理のない食い物や飲み物しかないために補充ができず、寝ても覚めてもマシンのようにパターン化した思考を作るようになり、安全とは、自己保身とは、防衛本能を含めて計画どおりの睡眠をApple Watchを使って律することで得られる安全のこと、というように、マシンはマシンに従う、というロジックどおりに変わるのである。コレをバカによる自爆型制限人生、と私は呼ぶ。いまどきは人生100年時代なので、ずっと不愉快な中国人の退化を見せられることになるので、グリーン化をしながら制裁を中国に食らわすのである。

 

非常に不愉快な言動が目立つ中国人の振る舞い自体は、共産主義行動である。必ず計画どおりに行う行為であり、その計画にない予定外のことが起きれば侵略戦争で解決しようとする。つまり、無法者そのものなのである。共産主義者は、だが。

 

中国人の不健康は、どんなことがあっても本人らが大宇宙と分断するため、自由を尊ぶ諸国の人民や法人からも分断されることになる。そのとおりの政策が経済安保体制の構築、となって行われている。この治安維持体制は、自由の国のマーケットを下落させようとして入り込んだ社員や協力会社を炙り出して平和の枠の外に放り出す、という防犯体制をも含む。

 

こうして、中国による侵略を跳ね除けるわけである。

 

なぜ、中国人はこのように変わったのか? 中国大陸を占領すると判明するであろう。