詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

3038 神戸物産 その他、理想郷について

エバラ食品との焼肉のタレの対決が起こりそうも無い業務スーパー神戸物産のスーパーである。

 

自社一貫製造、肉とか美味そうである。

 

店内にはキッコーマンの焼肉のタレはあった。業務用。

 

あと、モランボンの鍋の元もあった。

 

エバラ製品が置いてない。

 

ところで、神戸物産はクォンツスコアで成長性が満点。株トレード未経験者が避けそうな日足、週足。割高、不健全?、と続く。

 

買いにくそうな神戸物産の株だが、プロからするとまた私とは違うだろうから、トレードが上手い人用の株式かもしれん。

 

私は株トレード未経験者なので、以下のロジックに乗るつもりである。

 

1.値動きが激しすぎの株式は避けろ

成長性がゼロの破綻企業の株だったら、だが。

 

 

2.出来高が著しく低い株は避けろ

売りたくても買う人がいないかもしれんから、である。

 

3.事業実態が不明な株は避けろ

中国人と韓国人とロシア人の侵略、または暴力団自治体の職員による攻撃かもしれんからである。

 

神戸物産株は、クォンツチャートによれば、成長性が著しく高い。だが、規模が小さく、割高な株価で、取引量はそこそこ、業務の有様がよく見えない、というカンジである。つまり、私は買わないのである。

 

神戸物産は、↑のとおり自社一貫で肉を扱うので安くて美味いのである。だが、よくわからんのである。将来、成長することはたしからしいが、何を考えて経営されているのかが謎めいているのである。

 

だが、意外に避けられていない神戸物産株、という現在なのでアヤシイ会社ではない、といえるのである。つまり、謎めいた株だ、としかわからん、と。

 

このあたり、五大証券の担当者に相談できる株トレード初心者は訊くと良いかも。経営実態がよくわからん、となるとぜったいに勧められないとは思うけどね。一応、訊いてみればあ?

 

大和駅の近くには韓国民団というバカげた看板を揚げる侵略者の不動産が一軒ある。だが、北朝鮮総連の不動産も大和駅からチョビッと遠い大和市スポーツセンターの前に一軒ある。当たり前だが、北朝鮮を応援するべきである。高度な治安維持の都合上、北朝鮮は反米と新米の両方を担当しているからである。中国の北京政府に在韓米軍基地からのミサイルによるプレッシャーをかけたい場合は、北朝鮮は反米。あの愉快な北朝鮮国営放送を聞くことができる、そういうカンジの。

アメリカ合衆国が表立って中国に戦争を仕掛ける時、つまり、トランプ前アメリカ合衆国大統領が指揮した対中貿易戦争が好例だが、このような時は北朝鮮は新米。朝鮮半島のどこからでも北京を滅ぼす、というプレッシャーを北京政府にかける場合は、こういうカンジなのである。

 

したがって、拉致家族問題とは、中国と韓国による拉致家族問題であろう、と断定すると世界のマーケットの都合がわかりやすくなるのである。自由貿易により中国と韓国を狙い撃ちにして関税を撤廃させる、次はバッテリー、と。自由のマンガン同盟はおそらくEVには使わないだろうが、何かに使える筈なのである。たとえば、中国大陸での自滅型交通戦争に中国人みずから起こさせて滅ぼすバッテリー、と定義すると良いのである。

 

自由のマンガン同盟は、中国非依存マンガン

そこで、北朝鮮の石炭発電を思い出せばOK。石炭を北朝鮮に、中国にはマンガン、と。こういうイメージ。

 

ここからエバラ食品の海外進出と三菱商事の海底資源、とつなげて南シナ海にデカい海上都市を作ろう、遠洋漁業で釣った魚をすぐ食える、とか油田とか風車とか見ながら、マグロを釣ったらすぐに食うことができる海上都市という人類初の理想郷の建設にテーマをリンクさせる、と。

 

すると、滅多にみない高機能で強力な空母打撃軍の空母や軍艦を見ることもできる、ので、トレーダーなら一度は行ってみたい都市になるのではないか? と私はみているのである。なぜか、この都市にいくとトレードのアイデアが成功に通じる、とかありそうなハナシである。

 

この海上都市のテーマは自由だが、ぜひ採用して欲しいことはある。テキサス州アラバマ州の特徴である、デカい、美味い肉料理の店、ステーキハウスとかピクニック用の公園とか。コレなら魚と肉が理想のなかにおさまることになる。コレが素晴らしいことなのである。

 

軍人も油田職人も漁師も観光客も納得するのでは? 大儲けしたトレーダーがご機嫌でカネをばら撒く日常がありそうだし。

 

だがら、いまからエバラ食品の焼肉のタレだ、と私は主張しているのである。必ず美味い焼肉はエバラだ、と私は確信しているのである。

 

ではマーケット研究に戻ります