詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

3774 インターネットイニシアティブ 政府の応援付きの格安スマホで高級路線の華為にプレッシャーをかけろ

昔、Apple社はパーソナルコンピューター界のポルシェ、などと呼ばれるマヌケなコンピューターを販売していた。ガゼーが最後かと思っていたら今でも同じ。

 

中国と同じ、といっても良い。

 

華為は中国侵略用のチップだかなんだかを内蔵した不審通信スマホを販売し続けてアメリカ合衆国のマーケットから追い払われ、その後、どうにもならなくなって高級路線のスマホだけのラインナップに追い込まれている。だが、クソ生意気な侵略を行うために、華為は中国の半導体ビジネスにクビを突っ込み、または中共によって加担させられ、中国の侵略用のチップだがなんだかを開発していくのである。したがって、私は中国をバカにすることはApple社と華為社をバカにすることなのだ、または逆も真だ、と理解せねばロジック上オカシイことになるので、バカにすることにした。

 

グリーン化

再エネ

コロナウイルス対策

平和実現

 

このロジックからみると、物価が安いのは自由を尊ぶ諸国の方で、中国は物価が高すぎることがわかる。高すぎる価格を支払うと集団ストーカーに家土地財産生命を奪われて死ぬ仕組みに乗る中国では、その仕組みは中共が作ったものなので、合法となる仕組みである。仕組みというか中国そのものというか。中国人を皆殺しにしなければならない。もはや人間ではないからである。

 

そこで、物価が安いのであれば、格安スマホも安くて当たり前、となり、iPhoneがくたばる速度が加速する、と。

 

グリーン化からはじまるさまざまな重要性を持っているのは茶器ではなく、格安スマホ織田信長なら格安スマホを選ぶのではないか? 生きていれば、だが。

 

あとは、大手3社の通信費用を下げさせ、イラネ販売員のクビに追い込み、中国大陸に捨てる、またはそこへ追い払う、出て行かないなら難民に変える、とい具合。

 

携帯電話のウラ面、オモテ面などと言う低脳な携帯ショップの販売員は中国人と韓国人。裏面はりめんと読む。状況が許す場合は、ウラめんでもOK。

 

インターネットイニシアティブは格安スマホのインターネットイニシアティブ社に持たせて高級路線に向かう中国のバッテリーやEV、マンガンなども中国を滅ぼすアイテムに変える。

 

コレが治安維持枠なのである。

もはや高級な電話はイラネ。量子暗号電話。次は量子の時代に対応する。コレが自由を尊ぶ諸国の治安維持活動に守られた平和なのである。

 

中国と韓国は滅ぶであろう

ロシアも狙われていることに気がつかないならバカだ、と私にバカにされるのであった。