詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

浙江省のアヤシイ端末を調べた。

浙江省はココにある


ところで、
アーティスト アゲインスト 419 のようにサイバー攻撃者に対して反撃して人々を守る企業があるので読むと良いだろう。
FireEye。素晴らしく、かつ、戦闘能力が高いサイバーセキュリティ企業である。サイバー脅迫に対する防御と反撃までちゃんとやっているのて、私は良い企業である、と考えている。

マルウェアの多くが中国人が使うキーボードを用いて作られている、とのことである。↑のレポートに書いてある。

いまどきは戦争中なのである。正義て大儲けする時代なのである。

バイデンアメリカ合衆国大統領の予算に関する発表は、インフラに懸念しつつもものすごい勢いで経済を発展させ、ロボットが続々と配置され、正確無比に製造される工場をたくさんアメリカ合衆国の本土に作り、中国とロシアの古すぎる製造体制を圧倒的に上まわり、その結果、中国人とロシア人の破産者を量産することを予想させるものであった。

インフラには懸念しつつ、は忘れずに。

そもそも、日米英の繁栄をみれば、株価なりの価格がマーケットで下落することは、中国人とロシア人による陰謀でしかないのである。国家が衰退していれば、下落はある。繁栄していたら下落はないっ。

繁栄国家の場合は、チャート上でまっすく上を目指すことになって当たり前。努力したら下落しました、というロジックは明らかにオカシイのである。

では、チャートでの線の傾きは?

経営失敗、従業員の失敗、スキャンダルなどがおきれば傾きは発生する。したがって、線がまっすぐ上を目指さないことになる。

コレは中国人とロシア人がみんな破産した場合のチャートの話である。

もし、バカの共産主義者とバカの社会主義者がみんな破産したら線の傾きはどうなるのだろう、と私は考えたのである。

と、すると、
半導体や再エネルギー、このあたりがIT業界を牽引し、牽引されるとAmazonがスマート関連で圧勝し、たとえペソスが引退してもまだ圧勝は続き、ソレならAmazonはまっすぐ上を目指すチャートの線になる筈である。

またカクカクしてる。コレはオカシイのである。必ず中国人がAmazonの内部に潜入してインフラを起こそうとしているはずだ。

どうせ貴州のバカもそうだがたいがいApple関連の仕事をしている。貴州にはAppleのデータセンターが完成した。ココをワールドビューという人工衛星から写真を撮影していれば、バカが大量に写るのだが、そのバカのなかに、つまり中国人のなかに三菱UFJ信託銀とホワイトハウスを襲おうとして脆弱性をかぎ回っているサイバー犯罪者がいる、ソイツだソイツ。ソイツがもしかするとロンドン銀を襲ったスーツの男や凶悪な犯罪一家のアダムスファミリーに関係しているそか、日本にもいたアル・カイーダにも関係している、さらに、ディープステイトにも関係しているテロリストである。中国共産党からみると英雄だが、私からソイツをみればバカ。



サイバー犯罪者に勝つ方法を学ぶ方が良いが、やはりサイバー犯罪者の手口は気になる人が世界中にいる(Facebook内調べ。私による)のだから↑のレポートを読むと良いだろう。

どうせ、ソイツらは浙江省の大学生。ビューティトリックで顔を変えて年齢は五十代、このような詐欺師であろう。もはや、中国人の大学生はバカ以外のなにものでもない、と断定しなければならぬ。コレだけサイバー脅迫を受けている日本人であれば、である。

そういうつもりでレポートを読むと、いろいろな観点が正しく整理されるであろう。サイバー犯罪者のバカどもの手口を知るより勝ち方を学ぶよりまずは心がけから。金剛禅をやると良いだろう。少林寺拳法のことである。羅漢拳法でも良い。アマゼンでも良い。動禅か静禅か。どちらにしても正義で大儲けするための思考のトレーニングである。