サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

(No Subject)


ウイグル布の中国のサイバー攻撃は、米粒大のマイクロチップをPCに埋め込んで•••。

オバマ ブレイン イニシアチブ でカリフォルニア大学バークレー校がもっと小さいモートを完成させている。

私に起こった思考盗聴被害、幻覚幻聴被害。コレ、ぜんぶ2012年からだと思うが、その当時、バークレー校はまだモートを完成させておらず、ZigBeeジグビー)はまあまあ当時すでにあったかな?と。モートネットワークは無線データ送受信ネットワークでZigBeeジグビー)がその通信プロトコル

中国が米粒大のマイクロチップ
ZigBeeジグビー)でバークレー校。アメリカ軍も参加、いまごろならモート兵器が完成してそうだ。

と、すると、2012年当時、すでに思考盗聴、音声送信被害が私にはかり、2013年の夏頃から映像送信被害も起きている。集団ストーカー被害やサイバー犯罪被害はz2012年の8月以降に起きている。

ウム
ホウ
という大音量の音声攻撃が大和市の私の自宅にあり、ソレからあらゆる犯罪被害が発生。そのうち、武装ヘリが私のまわりを低空飛行でとぶはようになった、と。

と、すると、2012年当時、誰がZigBeeジグビー)を用いてモートのような極小チップを使って犯罪を繰り返していたのか?

2012年頃からgTLDの自由化があり、1,000種類の新gTLDが生まれて、サイバー犯罪は酷くなった、と。

フィッシング詐欺サイトの偽Amazonログインサイト、どうせハニーポットテクノロジーを使っているのだろうけれども、新gTLDのどれかなんだよな。フィッシング詐欺サイト。こういうのを警察はもっと告知したほうが良いのでは? URLのドメインのとこ、.ccで終わってたらオカシイ、とか。その時は正規の銀行サイトのURLと比較するべきだ、とか。

私はあらゆるgTLDはすべてブロック済み。ホワイトリストの意味がわかればふつうやるだろ?

首相官邸からアナウンスするとか。良いと思うけどね。

googleはco.jpで、
google.shop
とか、とか、こういうのはナイっ と断言すれば良いかな? と。

こういうサイバーセキュリティの常識が無い人ほど、cdnでアクティビティがFacebookGoogleドットコムとはAppleとかAmazonとかTwitterに収集されて、ソレがサイバー犯罪者に垂れ流し。調べてみりゃ、誰でもわかる筈だ。内部にいるって。ウイグル布の中国人が。見知らぬ人がオフィスに入ってきてもそのまんまだからだけどね。

コロナウイルス対策からアメリカ合衆国は一年前のアメリカ合衆国のオフィスの風景に戻りつつあるが、何かが進化している筈だ。

いまは対中戦争中である。オフィスに見知らぬ奴が来たら、どんな有様であろうがかまわんので吊し上げろ。オマエはダレだ? からはじまる尋問をしろ。ソイツの持ち物には持ち込みPCがあるに決まっとる。

Forbesにバークレー校のMoteについての記事があった。医療用の脳データ収集テクノロジー、とのこと。ロボット義手を無線で動かすことかできる、とか。

コレ、アメリカ軍も研究に出資だかしてたかなたしか。

死にたくなかったらForbesのモートの記事を読むと良いだろう。