詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

フィッシング詐欺サイトレポートである。

見方
そのIPアドレス•笑

そのホスト名•笑

そのドメイン•笑

IPアドレスフィッシング詐欺サイトが開かれているWebサーバーを表す。
そのホスト名とは、Webサーバーの固有の名前。
そのドメイン名とは、登録先ドメイン販売業者の名前。


つまり、
販売リストに載っている人物で、
かつ、
契約したサーバーなりの端末を持ち、
かつ、
使っており、
かつ、
そのサーバーなり端末なりの名前がすべての条件をクリアしたうえで特定され、
かつ、
現にフィッシング詐欺サイトをすべての条件をクリアしたうえで公開している奴、

つまり、この条件をユダヤ式というか逆順にすべてクリアすると、犯人が特定される、と。こういうカタチになっている。


すると、ソイツは貴州に逃げ込み、三菱UFJ信託銀行ホワイトハウスをサイバー犯罪の手口を用いて襲おうとしている犯人のナントカ即死、とかいうハンドルネームのバカかどうかの区別ができるうえに、どちらかのバカが逮捕される、又は逃げるとなる、と。

別人で、
かつ、
逃亡に成功した場合は、
貴州に逃げ込む筈だ。
そして、貴州に新たに完成したApple社のデータセンターで働きながら、

アメリカ合衆国の大統領中間選挙で再び不正を起こす筈だ。


すでにメキシコとの国境は高さ4メートルの壁で遮断され、かつ、その場で不正入国ビジネスをやる奴らに捨てられた未成年者がフラフラ国境沿いを彷徨った挙句に国境警備隊員に保護され、ベラベラ自白し、その未不法入国して捨てられ保護された成年者たちの自白内容が、はたして、中国共産党に関連し、かつ、貴州なのか? どうなんだ? と。ホワイトハウスの主たる責任者であるところのバイデンアメリカ合衆国大統領が調べて、その結果、中国のあらゆる物価が大インフレを起こして貿易が遮断され、中国は滅びる•••かもしれない、と。

中国が餓死する寸前まで耐えられるかどうか?

すでに、国際の安全保証体制における関心はそこに集まっている筈だ。
インド洋と太平洋とオーストラリア大陸は対中安全保障に関しては、やる気満々なのである。

こうして、なせか韓国も滅びていくけど、あまり注目されない滅亡となる•••たぶん、だが。

まだヒュンダイが8000億ドルだか8000億円だかをアメリカの企業に投資している•••。足元、足元は砂上の楼閣なのだが、よくわからん国民である。


ではブロック。

ブロックすると

スマホが快適に操作できるようになるYO

HIPHOP📯」より



⭕️
137.220.141.73




⭕️
192.185.129.86

↑と同じ




⭕️
155.94.205.108




⭕️
53vtz.workerhand.work
34.125.104.48



⭕️
185.22.155.51



⭕️
172.67.203.150



⭕️
info-card-update.awsayy.shop
173.82.155.59
awslpy.shop




⭕️
105.19.57.73
seacom.mu




⭕️
185.114.247.102




⭕️
boom.cab
69.49.231.150




⭕️
208.109.72.104



⭕️
185.114.247.102



⭕️
amazonserver.sionmuvz.shop




⭕️
51.195.70.160




⭕️




⭕️




⭕️
amazon.account-security.amo-2.shop
23.94.27.170



⭕️
185.178.208.145




⭕️
185.178.208.145