詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

食肉世界最大手にサイバー攻撃 豪州・北米で操業停止

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM012QE0R00C21A6000000/


iOSバイスにサインインすると、Wi-Fiローカルネットワークに別の端末が接続させられた。ブラックリストに登録した筈のドメインが削除されていたため侵入されたようである。


グレートファイヤーウォールの破壊を私は考え始めいる。

中国のグレートファイヤーウォールはダークウェブであろうから、もはや中国政府がどういおうがどうでも良い。


グレートファイヤーウォールiOSバイスiCloud経由で接続されているようだからでもある。破壊は簡単ではないか? ようは、グレートファイヤーウォールのgTLDをすべてブロックして、Appleのすべてのサーバーをブロックすると◦◦◦どうなるか? 次はGoogleFacebookTwitterTikTok、と。


アメリカ合衆国の上院と同じく、ビッグ5もブロック。


元でUSドルを買いまくれば元が足りなくなる筈だ。

アメリカの消費拡大と物価が上がれば? アメリカの景気拡大、さらに長期金利上昇、インフラを金融緩和で、設備投資で株は下落しても物価はちゃんと上がれば?


元はUSドルより10倍弱い。

USドルは元より10倍強い。


どんどんアメリカ製品が高くなる。だが、性能がさらに良くなるので、あらゆる場面で勝ち組と負け組の差が広がる。e gameとかわかりやすそうだ。


勝つために中国の小金持ちが先を争ってアメリカ製品を買いまくり、品薄になり、輸入されるころにはまた価格は上昇、中国国内では人気が高いのでさらに中国の物価は上がる。


元でUSドルを買いまくる。

すると、元インフレ実現。中国共産党はバカだから元の価値を切り捨てて元の水準に戻そうとするから、もう一押し。為替で止めを刺す。


すると、インフレ抑止のために金融縮小する中国。19万円のPCのゲームボードは20万円を超え、さらに5倍くらい値段が上がる。そこへ一押しされた10倍に。通貨通貨切捨、もとの19万円のPCのゲームボードへ。すると、自由貿易の世界で元に合わせて元相場で10倍の価値の自国通貨へ。


輸入しようとすると、中国では19→27→135→190万円相当額のゲームボードになったから元を切り捨てたのに1900万円になった、と。950万円相当でも良いのだが。


中国人はバカだからコスト高のズレ発明を繰り返す。コスト高のうえにインフラ(デフレが先かもしれんが、そりゃこっち側で決めることである)、ズレたうえに輸入額がとんでもない高価な値段に変わる、と。


こうして、また元でUSドルを買いまくり、元がなくなり、足らないから刷って、デフレへ。インフレは抑えたつもりだろうが相場はちゃんと下げられた分、自国通貨の価値をあげる◦◦◦この繰り返し。


グレートファイヤーウォールのゲームボードやCPU、メモリ、ようは半導体が低性能、低価格なものになるまで待たずに、中国大陸内部から崩壊させる、と。


グレートファイヤーウォールを突破できる奴がいなくなるのが残念だが、たとえば、スマホは数百万円相当の中国価格だから、ファーウェイが退いたから5Gは日本勢も注目される、とかいうハナシ以前にすでに高級価格帯で勝負するしかなくなっているファーウェイのスマホ、数千万円相当の中国価格になるから、ファーウェイが辞めざるを得なくなった、と。ざまあみろ。


今朝、日経新聞

金?

みたいな趣旨の商品コーナーの記事を私は読んだが、なるほどねー。コモディティで金銀銅。


緊急結集している日本の企業の半導体とかEVとかの未来は緊急発進の段階を迎えた。トヨタとか。いろいろ。イビデン効果だけではなく。経済産業省の応援たけでもなく。


国民は一丸となりましょう、という首相のコメントの意味がわかってきた。


超高級嗜好の中国はまもなく崩壊する。サイバー犯罪のせいで。時代やね。やっぱね。


ちなみに、先程まで二時間も襲われていた私は、すでにブラックリスト修復を終えて快適になっている。ざまあみろ。