サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

ワクチンくじ、銃が賞品 米ウェストバージニア州

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN02DSO0S1A600C2000000


何事も正義から始まるのである。

量子の精神場から倫理が誰かの意識として物理的な存在(栄養素などか?)となって地球にやって来る。量子の精神場とは闇の世界のことで光のない世界のことである。天国とか極楽と呼ばれている空間とはダークマターのことで量子の精神場のことである。


平和とは軍隊に守られる世界のことである。何事も武器から始まる。武器は正義のイメージである。


ウェストバージニア州は愉快な生活を送るにふさわしい州知事を選んでいる。共和党の知事は今回は銃が景品のワクチン接種応援プロジェクトを実行した。


ニュータイプの人は、正義を重んじる人のことである。寝ているだけでダークマターから倫理を受け取るのは人間である証だが、詐欺師は寝るだけで矛盾を起こして滅びるようになっていることも人間の証である。


武器から倫理、倫理から楽しく愉快な人生が始まる。どうせワクチンがなくても治るので共和党支持者はニュータイプが多いし、ソレでもポストコロナ時代に共産主義者社会主義者と国際的巨大犯罪組織を滅ぼすためだし、ワクチンを接種しないとならないのだが、ウェストバージニア州共和党支持者でニュータイプの人の場合は、まだロジックが足りないので接種に踏み切れないのである。そのロジックとはなにか?


くじ。景品が豪華で快適なくじ。ぜったい面白くなければやらないと思うんだよな。ワクチンの件では、だが。


ウェストバージニア州に足りないものはくじである。ロジックが足りるだけで中国とロシア連邦とディープステイトは滅びる。だから、銃が自由の証。このロジックからワクチンまでは意外に遠かった、と。


議論をし尽くしてもまだ乗り切れない。だが、オモシロイならハナシは別なのである。


ウェストバージニア州を学ぶ必要を私は今回、この日経新聞の記事で痛感した。



まあこんなカンジやね。