サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

神奈川県大和市の深見小学校の周辺は中国のグレートファイヤーウォールによる検閲を受けている

中共のダークウェブであるグレートファイヤーウォールが日本の神奈川県大和市の深見小学校の周りに配置されており、スマートダスト攻撃や検閲、殺人、相続の横領、地上げを行なっている。その1人に韓国の外務大臣もいるし、大和市役所、大和署、その他にも加担している者が中共の侵略の代行者となっている。


大和市の低空をシーホークだと思うが飛行している理由は、中共の侵略をアメリカ軍が察知しているからではないか?


ウォール街もこのことを熟知している、と私は考えている。


ホワイトハウスも、である。トランプ前アメリカ合衆国大統領以来なのか、ブッシュ元アメリカ合衆国大統領以来なのか、もっと前、たとえばレーガンアメリカ合衆国大統領以来なのか◦◦◦まだ私は知らない。少なくても私はずっと不自然な攻撃を家族や親族から受けてきたので、1969年以降のハナシだ、としか私には言えない。コレが私の限界である。


したがって、私と同様の被害を受けている人が1969年以前に日本にいれば、その人も、アメリカ合衆国には知られている筈である。たとえば、戦前生まれの金剛禅 少林寺拳法の開祖◦宗道臣は、占領軍から認められて武道教育禁止の時代に、踊りとして武道の教育と無法者退治の活動をしていたのだし、そう考えることが正しいように思う。


原爆投下によって、ソ連の極東侵攻計画は止められた。中共の軍事侵略は朝鮮半島まで。アフガニスタンミャンマー朝鮮半島とはこの点が異なるが、大和市尖閣を見ていれば、いまはアフガニスタン朝鮮半島ミャンマーと同じだ、ということになる。


日本はアメリカの核の傘の下にある。


戦前から◦◦◦または、占領軍がいる時代から◦◦◦なのかどうか? 私にはまだわからない。


いずれにせよ、いまなら大和市の深見小学校まわりを監視すればすぐに中国による戦争行為が確認できる。たぶん、イギリスの著名なシンガーソングライターのギャラガーのバンドメンバーの女性は、この確認をしに去年、大和市に来たのではないか?


まだいくらでもある。ビューティートリックでないなら、だが。有名なミュージシャンや芸能人(音楽活動をメインにするからミュージシャンみたいなものだが)が大和市に来ている。


日本人なら中共と戦って当たり前ではないか? また、ロシアとも戦って当たり前ではないか?


経済はウォール街が見抜く方向で彼らとは許される。中国に資本進出する企業の上場前、後の経営はよくあるハナシだが、ソレらの企業の経営責任者は株主にも話せない事情を実体験で知るのでないか? つまり、ウォール街の考えであるらしいのだが、アメリカの国防のためなら中国へ進出しても良い◦◦◦コレを実体験で学ぶのが日本人の上場企業の経営責任者、◦◦◦ではないか?


だが、ここまで私が解説を兼ねた意見を主張し、その私の主張を裏付けるように地球か動いているのだから、ソロソロ日本人はこのことがわからないとダメてはないか?


平和でなければならない、という外見上の日本人の言動は、アメリカ合衆国の国防のためなら許される。だが、尖閣やら竹島南シナ海、日本の大和市、このあたりを見れば、戦時でなければならないのは当たり前ではないか?


いまどき、酒を外出して飲みに行くのは中国人ぐらいなものだ。コロナウイルス対策で飲食店のうち、中国系の飲食店か営業を再開している。まだ、ポストコロナ禍時代にはなっていないのにも関わらず、である。敵兵はあっという間に炙り出された、と。


日本人は一丸となって国難に立ち向かっていかねばならない。首相官邸からの発表は、深い意味がある。


この時代になってもまた中国にヘイトを仕掛けないメディアは中国系。つまり、敵兵である。誰でもわかる。


シャンバイ好きのための現地情報! ◦◦◦とかいうバカげたサイトは中国系。


ようは、ニューズウィーク日本のようなもんで、中共サイバー攻撃の進撃ルートだ、というわけである。誰でもわかる筈だ。



日本人は一丸と変わり、日米英の軍隊に合流しなければならぬ。いまから銃の使い方を学ぶのはあまりにもバカげている。それならどうやって参戦するのか?


必ず勝てるサイバー戦争だとわかっているのに参戦しない奴は、戦後、人類からバカにされる。インターネットビジネスはすべて失敗する。殺されるのである。いまどきはイメージの時代なのである。イメージが正確であれは、大宇宙との統合ができる。いまどきは量子の時代なのである。コンピューターもそうなるし、コンピューターネットワークもそうなる。


国際的な法人税の税率は15%。インターネット大企業に国際的な法の支配を及ぼすとどうなるか? ビッグ5から資産だけ奪いとって滅ぼせば量子の時代に変わるわけだから、被害は少ない。このタイミングを逸してはならぬ。もしかすると、Amazonぐらいは残るかもしれない。もし、Amazonか同社の設計、開発、製造、販売するデジタルデバイスを使って中国で大暴れする場合は、Amazonは残りそうである。


つまり、

バグか見つかった

という理由で、もう一度、そのロットのすべてはやり直し ←コレ


このように、何か不具合が見つかったら、ぜんぶ中国のせいにする。コレならウォール街としても納得するのでは?


ペソスCEOはテスラのマスクとは異なり引退することになった。


テスラは中共と同じく、昔からの侵略手口を用いて相場を下落させた。Bitcoinの資産の半分か吹っ飛ばされたのである。当然、中共とマスクの財産から奪い返さねばロジック上オカシイので、奪い返さねばならぬ。


いまは戦争中なのである。

必ず正義は勝つ!