サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

関西からテンパガー長者が生まれる。売れれば、だが。野村証券はマイナンバーカードが必須。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF217DB0R20C21A5000000


デジタル化を政府が推奨。

テンパガーで大金持ち。

その他、金持ちになる理由が国際の平和やグリーン化、環境保護、中国を滅ぼす、と連続する

日経新聞パワー、Bloombergパワー。


デジタル化、といえばテンパガーだろ? 関西のアンタら。そうだろ?


そのかわり、買えるけど、売れなかったら?


ファンダメンタルズ分析をこのブログで習って済ませたら、次はテクニカル分析だから。投信会社に丸投げして大丈夫なタイミングで、買うのではなく売る。トレンドの途中で売るのである。上がりきったら誰も買わないって。


丸投げにして良いタイミングとは、トレンドの上昇中の売り。

買いなら底から2日目あたり。テンパガーを見つける投資会社から買う場合は、である。


いまなら、中国を滅ぼすために何がのんでも上げるから。これだけ日米英が繁栄してて、下落しました、コレがオカシイのである。中国の侵略がなければテンパガー。だから、テンパガーを組み替え可能な驚くべき投信だか投資が素晴らしい、と言える時代になった、と。


次は、USドルを中国から奪い返す ←コレ

デノミを起こさせる。銅とか上がるのでは? あとバッテリー。トヨタのミライ。あとは•••半導体。5Gノート。パナソニックの。こういうの、中国を滅ぼす、というファンダメンタルズ分析のまあまあ上位にあたるシナリオの中で、と。


中国のグレートファイヤーウォールによるサイバー攻撃には投資で報復するのである。


さらに、中国のブラック企業リスト59社分、ソレとUFOをかけて考えるとドローン、と。極悪サイバー犯罪者の社長だか誰だかが59社にいる。UFOならものすごい金額の債務をかぶせるね。中国人に。ドローンなら無人。巨額債務問題で中共の直轄地の北京が炎上するまでニヤニヤしながら手ぶらでモニターを見て自動化処理で何がをやっておく、と。


マイナンバーカード、自治体のバカに作らされたが、野村証券に口座を作るために使うなら、結果的にOK。テンパガー狙いで、ならである。


ざまあみろ。