サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

サイバー攻撃ポットネットをブロック!

富士フイルムを襲ったサイバー攻撃者は、トロイの木馬タイプの攻撃を加えて脆弱性を探り、そして、発見するやランサムウェアで攻撃を仕掛ける手口であった。


おそらく、中国の貴州から三菱UFJ信託銀行のシステムとホワイトハウスのシステムの脆弱性を嗅ぎまわってポートスキャンを仕掛けている犯人と同じ手口であろう。中国のサイバー攻撃富士フイルム三菱UFJ信託銀行アメリカ合衆国ホワイトハウスに向けられている、というなのだ。


しかも、続々とあとからあとからランサムウェアの攻撃が報告されるようになったのである。ピューロランドもそうであった。


どうせ、中国人はバカだから同じ手口をくりかえす。私には丸わかりなのである。


トロイの木馬タイプのサイバー攻撃

システムの脆弱性を発見

ランサムウェアサイバー攻撃


ようは、イラクのサダム◦フセインイラク大統領で逮捕された彼が、海外から来た人たちをバグダッドで人質扱いにし、空爆の盾に使った戦法をバカな中国人が繰り返している、ということなのである。


つまり、イライラ戦争も湾岸戦争も中国が起こした戦争なのである。


数十年前から、

トロイの木馬脆弱性をスキャンして、ウイルスやマルウェアランサムウェアで攻撃、というパターンを繰り返すバカなサイバー攻撃者とは中国人民解放軍である。北京に核ミサイルを叩き込むときがきた、私はそのように断言する。北京は中共の直轄地である。かまわないから核で滅ぼしちまえ。



トロイの木馬ランサムウェア、ときたサイバー攻撃は身代金目的の脅迫だ、という報道の意味がわかったところで、じゃあ敵陣はどういう布陣なのか? この件、こうなっていた。


トロイの木馬botネット

ランサムウェアbotネット


敵陣の特攻部隊は前後合わせて1つづつ。

トロイの木馬

ランサムウェア


この特攻部隊の後ろに攻撃者の端末が多数ある。この攻撃者の端末群がbotネットである。ダークネットの。ダークウェブの。つまり、中国軍の。このbotネットの本陣の名前はグレート◦ファイヤーウォール。検閲だけではなく、殺人をくりかえすファイヤーウォールのグレート◦ファイヤーウォール、とわかれば中国軍の本陣を突き止めたことになる。


グレート◦ファイヤーウォールは、PC、スマホで形成された貧弱なもの。


いま、IBMから2ミリCPU、東大には次世代汎用機である量子汎用機のテスト機されている。


中国からUSドルをすべて奪い取り、投資で中国に報復すると、あっという間サウンドボードやグラフィックボードの中国国内価格が暴騰する。


さらに、中国ゎコスト高に追い込む。


そのうえで、北京の悪質な銀行の巨大債務のために中国の中央銀行もろとも元建地獄に叩き込む。


コレらは実際に進行中である。


いま、私はグレート◦ファイヤーウォールの一部をブロックしたのだが、タイヘン快適なタップ操作が実現した。とはいえ、コレで私は満足はしない。


ヤート7とかビンとかのbotネットを私は最近になってから目をつけていたが、いよいよ余裕ができたので本陣をブロックすることにした。



タイヘン快適である。価値のある情報を選ぶテクニックも最新式に更新してある。すると、こんなにインターネットは便利なのかあ、というカンジになった。次はテンバガー情報を探ってみたいネ



それぐらい、中国軍は弱すぎてハナシにもならない。


10兆USドルの損害賠償金を必ず払わせよう。トランプ前アメリカ合衆国大統領はそうとう正確に報復をスタートさせている。日本人も参戦するべきであろう。