詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

中国版のOSやWebサービスを見抜く。携帯電話番号を要求されたら中国版。つまりフェイク。つまり中国の侵略。

私のiOSバイスからYahooファイナンスへ、そしてアカウントを作ろうとすると電話番号を要求される。


コレで私のアクセスしたYahooファイナンスは中国版のフェイクだと断定できたことになる。いまどきなら、このように断定しなければならない、


iOS自体、何も入力ができないことが多いのだが、コレと中国版のiOSだからであろう。つまり、日本には中国版のアップルデバイスしか販売されていない、または私には中国版のiPhoneしか販売しないようにショップの店員が企み、実行していることになる。


ようは、大和駅のまわりの携帯ショップはすべて中国人の殺し屋しかいない、とみる。


アップルデバイスは中国の侵略デバイスであろうから、販売差し止めを求めるべきであろう。



日本にはアップルデバイスは要らない。

iOS自体も要らない。デタラメなロジックでできているからであるし、私に起こったような被害が日本人に多発する筈だからである。


中国に勝利するために、まずはApple社の営業の可否を問おう。G7はApple社は中国扱いしているわけがやっとわかってきた。


Yahoo financeも中国による侵略サイト。つまり、ダークウェブであってグレートファイヤーウォールの一部である。