サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

カスペルスキーのサイバー脅威のマップの解釈の仕方

たぶん、iPhoneをはじめとするAppleバイス自体が中国の侵略用になっている。

政府がNTTの株主になったので、まもなく販売店ごと犯罪加担者が挙げられるであろう。

たしか、和歌山県にNTTの携帯ショップを引き受けた企業があるが、その企業はどうか?

イーロンも中共Appleも相場を破壊した。広告の価格を壊したのはAppleである。みんな同じ手口ではないか?

戦争なのだから、奇襲はある。アメリカ合衆国やイギリス軍が中国に奇襲攻撃をしない、ということはまったく無い。あり得るハナシである。

ここまでファンダメンタルズ分析である。

中国に進出して、ビジネスモデルを持って帰ってきたイオンは、いちはやく中国から資本を戻すのではないか?
苦戦する必要が無いほとdxに力を入れているわけで。

いきなり核ミサイル攻撃もある。必ず。