詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

小松製作所

文中における将来に関する事項は、


有価証券報告書提出日現在において

当社が判断したものである。




 当社グループ

(当社及び連結子会社

経営の基本は、

「品質と信頼性」を追求し、

企業価値を最大化すること

である。


企業価値とは、

我々を取り巻く社会

すべてのステークホルダーからの信頼度

総和

であると考えている。



 2022年3月期

ゴールとする

3カ年

中期経営計画

「DANTOTSU Value - FORWARD Together for Sustainable Growth

では、

2021年

創立100周年

その先の成長

を目指し、

イノベーションによる価値創造、

②事業改革による成長戦略、

③成長のための構造改革

3つの経営戦略

(成長戦略3本柱)


に取り組む。


足元

市場環境は、

米中貿易摩擦

英国のEU離脱

のほか、

新型コロナウイルス感染症

世界的な流行

影響

等により、

建設機械

車両事業、

産業機械

他事業

ともに

先行きは

不透明

かつ

不確実

な状況

となっている。


そのような中、

将来に向けて、

これらの

成長戦略

3本柱

考えに基づいた

成長分野

への

重点投資

費用対効果

戦略的価値

を見極め、

優先順位をつけながら

実行し、

需要の変動

左右されず、

収益向上

ESG

(環境・社会・ガバナンス)

課題解決

好循環

による

持続的成長

目指す。





成長戦略3本柱

進化

とともに

実現する

「ダントツバリュー」>


成長戦略3本柱

推進

するため、

これまで

当社グループが

取り組んできた

ダントツ商品

ダントツサービス

ダントツソリューション

を、

更にスピードを上げて

進化

レベルアップ

させ、

「ダントツバリュー

顧客価値創造

通じた

ESG課題

解決

収益向上

好循環)

を目指す。


モノ

建設機械

高度化

自動化

コト

顧客

施工オペレーション

最適化

両方で

安全で

生産性の高い

スマートで

クリーンな

未来

現場

お客様

とともに

実現し、

気候変動

対応した

環境負荷低減

安全に

配慮した

高品質

高能率

商品

サービス

ソリューション

提供

などの

本業を通じて

ESG課題

解決

を図る。



当社グループは、

お客様、

代理店、

パートナー、

地域社会、

そして

私たち

すべての世界

現場

ダントツで

つなぐこと

で、

持続的成長を目指す。




2022年3月期

ゴール

とする

3カ年

中期経営計画

経営目標>



経営目標については、

業界トップレベ

「成長性」、

「収益性」、

「効率性」、

「健全性」

継続しながら、

新たに

「ESG」

経営目標

設定している。


成長戦略

への

重点投資

優先

しながら、

「株主還元」

ついては

引き続き

安定的な配当の継続

に努め、

連結配当性向

40%以上

とする。