詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

ヤマハ発動機

(1) 当面の対処すべき課題の内容等


 当社は、

2030年に向けて

Advancing

Robotics

(ロボティクス/知的技術の活用)、 

Rethinking

Solution

(社会課題解決へのヤマハらしい取り組み)、 

Transforming

Mobility

(モビリティの変革)

3つの注力領域に取り組むことで、

人々の可能性を拡げ、

より良い社会と生活の実現

を目指す

ART

for

Human Possibilities』

長期ビジョンとする

中期経営計画

(2019年~2021年)

進めています。


この3年間は、

①既存事業の稼ぐ力を

維持

改善し、

キャッシュ・フローを稼ぐこと、


成長戦略、

基盤強化

株主還元

との

バランス

取りながら

進めること、

経営方針

としています。



2019年は

成長戦略、

基盤強化

進捗した

一方、

既存事業においては

課題が残りました。


2年目にあたる

2020年は、

引き続き

成長戦略、

基盤強化

取り組み

進めながら、

既存事業

収益性回復

最重要課題として

計画達成

目指します。



■既存事業の成長 

[ランドモビリティ]



新興国

二輪車

では

ヤマハらしい

成長領域

収益基盤

構築し、

先進国

二輪車

四輪バギー、

ROV

では、

構造改革

新モデル投入

により

収益性改善

目指します。


電動アシスト自転車では、

新技術による

新商品開発

戦略的パートナーシップにより

総合的な価値提案

を行い、

グローバルに

事業を拡大

していきます。   



[マリン]


 高収益体質

強化

持続的成長基盤

確立

に取り組みます。


また、

システムサプライヤー戦略

更に進化させるべく、

商品・技術戦略

を遂行し、

総合マリンビジネス

拡大していきます。



[ロボティクス]

ヤマハ

モーター

ロボティクス

ホールディングス

株式会社

(以下「YMRH」という。)

との

事業シナジー

高めながら、

収益性

改善します。


また、

将来

持続的な成長のために

ロボティクス

研究開発

及び

生産体制の強化

進め、

モノ創り

分野

省人化

自律化

貢献します。


なお、

YMRH

との

事業シナジー

高めるため、

当社は

同社

証券コード6274)

株式

に対する

公開買付け

予定しています。


詳細については、

「第5

経理の状況


連結財務諸表等


(1)

連結財務諸表

注記事項

(重要な後発事象)

(上場子会社株式に対する公開買付けの開始)

をご参照ください。





■新規事業開発


 『

ART

for

Human Possibilities』

方向性

に沿って、

既存

技術

市場のシナジー

活かせる

領域で

新たな

価値創造

進めます。


技術の拡がり領域

では、

CASE

Connected:

コネクテッド

Autonomous:

自動運転

Sharing:

シェアリング

EV:

電動化

主眼に

パートナー

との

協業

も進めます。


市場

拡がり領域では、

保有技術

組み合わせ

や、

必要

応じて

M&A

行い、

農業や医療など

新市場

での

価値創造

取り組みます。



当期の進捗として、

産業用無人ヘリコプター

で、

日本における

森林計測

ニーズ

高まり

を受け

森林計測事業

本格参入することを

決定いたしました。


また、

CASE領域

『ART for Human Possibilities』

各領域においても、

次のとおり

着実な前進

ありました。




■財務戦略


既存事業

稼ぐ力

維持強化しながら、

成長原資

キャッシュ・フロー

確保します。


3年間

累計で

研究開発費

700億円、

投資

1,400億円

計画しています。


また、

株主資本

有効活用

図る観点から、

ROE

最も

重要な

経営指標

一つ

とし、

資本コスト

上回る

13%程度

水準

目指しています。


株主の皆様

への

還元

は、

キャッシュ・フロー

範囲内で

バランスを取りながら

配当性向

30%

目安に

積極的に

行っていきます。




■重要な社会課題への取り組み


SDGs

The Global Risks Report

から

抽出した

幅広い

社会課題

うち、

当社

経営資源

利用・調達

重大な影響

与える

課題

その解決

当社

企業価値向上

大きく

貢献する

重要課題

(マテリアリティ)

4つに

特定しました。


 

[環境・資源課題]


2050年

までに

自社製品

から↓

CO2排出量

50%削減

(2010年比)

目標に掲げ、

二輪車

電動化

をはじめ、

電動製品

製造・販売

推進します。


また、

クリーンウォーター事業

通じて

安全

より多くの人々に

提供する

ことも

継続して

取り組んでいきます。


 


[交通・教育・産業課題]


ランドカー

ベースにした

低コスト

移動サービス

提供することで、

移動手段

への

課題

に対する

解決策

提供します。


また、

アジア

中南米

中心に

体系的

職業訓練

実施し、

進出先

人材育成

産業振興

寄与しています。


 


イノベーション課題]


知的技術

高度な制御技術

を活用した

新たな

モビリティ開発

促進

や、

ロボティクス技術

活用した

農業・医療分野

への

ソリューション提案

を、

他社

との

協業

進めながら

スピーディー

行ってまいります。


 


[働き方課題]


国籍

人種

性別

に関わらず、

個人

多様な能力

活用

グローバル化

一層進めることで

ダイバーシティ

(多様性→様々な違いを問わない、という意味)

推進し、

働き甲斐

高めて

企業

としての

パフォーマンス

向上に

つなげていきます。


安全・安心

労働環境

整備

IT基盤

刷新により

生産性

高めていきます。





(2)

会社の支配

に関する

基本方針



①基本方針の内容の概要


当社は、

当社

事業領域

である、

ランドモビリティ事業、

マリン事業、

ロボティクス事業

等において、

多く

世界市場

リードする

商品

生み出して

まいりました。


独自技術

開発

には

長期的視野

立った

継続的

資源

投入

必要としますが、

その過程で

得られた

独創性の高い

技術・ノウハウ

蓄積、

開発努力

通じて

獲得された

特定

市場分野における

知識・情報、

長年にわたる

問題解決を通じて

醸成された

取引先

との

深い

信頼関係、

専門分野

通暁した

質の高い

人材

等は、

当社

競争優位性

さらに

向上させており、

将来においても

当社

企業価値

源泉

をなす

重要

経営資源

である

と考えます。


また、

当社

活動領域

事業活動

のみならず、

社会貢献活動、

環境保護活動

等に

及んでおり、

これらが

シナジー効果を生む

ことによって

コーポレートブランドの

価値

なり、

当社

ブランド価値

企業価値

築いている

認識しております。


かかる

ブランド価値、

企業価値

さらなる

向上を

図るためには、

ニューモデル

積極的な投入、

特に

新技術の導入による

新たな

付加価値のある

製品

開発

不可欠ですが、

これを

可能とするためには、

新技術

生むための

研究・開発

さらなる推進

重要

となります。


また、

環境

配慮した

低燃費エンジン

開発

電動二輪車

等の

次世代環境技術

将来

高収益・規模成長

期待できる

事業領域ですが、

かかる事業領域

当社グループが

収益をあげていくためには、

事業

基礎

となる

研究・開発

積極的に推進することが

不可欠です。


こうした

ブランド価値、

企業価値

源泉に対する理解

欠ける者

当社

買収して

財務

及び

事業

方針

決定

支配し、

短期的

経済的効率性

のみ

重視して

競争力

毀損する

過度な

生産コスト

研究開発コスト

削減

を行うなど、

中長期的視点からの

継続的・計画的な

経営方針

反する行為

行うことは、

企業価値

及び

株主共同の利益

毀損される

ことに

つながります。


また、

これらに限らず

株式

買付行為

中には、

その態様によっては、

企業価値

及び

株主共同の利益

害するものも

存在します。 



このようなことに

対処するためには、

当社

株式

買収者

意図する

経営方針

事業計画

内容、

買収提案

当社株主

当社

経営

与える影響、

当社

取り巻く

多くの関係者

に対する影響、

製品

安全性

はじめとした

社会的責任

に対する

考え方

等について、

事前

十分

情報開示

がなされ、

また、

相応

検討期間

等も

確保される

必要がある

と考えております。



当社の財産

有効な活用、

適切な企業集団

形成

その他の基本方針の

実現

に資する

特別な取組み

概要


感動創造企業-

世界の人々

新たな感動

豊かな生活

提供する」

という

企業目的

達成するために

中長期的視点から

継続的・計画的

下記の諸施策

を通じて

企業価値・株主共同の利益

確保・向上に

努めております。



(a)

中期経営計画

に基づく

企業価値向上

取組み


 当社は、

2016年からの

中期経営計画

において、

売上高・営業利益目標

未達成

であったものの、

収益性

改善

により

安定的

財務基盤

構築する

ことができました。


さらに

2018年

12月

に、

2019年

からの

新しい中期経営計画

策定しました。


新しい中期経営計画

は、

既存事業

継続的な

成長

及び


新規事業開発

進めながら

売上高

2兆円

への

再挑戦、

営業利益率

9%水準

目標とし、

成長戦略投資

積極的に行い、

株主の皆様

への

還元の充実

目指すものです。


(b)

コーポレートガバナンス

企業統治

強化による

企業価値向上

取組み



当社取締役会

は、

将来

への

成長戦略

確実に実行するため、

経営陣

適切な

リスクテイク

果断な意思決定

支援する

環境整備

行うとともに、

株主・投資家

皆様

はじめとする

様々なステークホルダー

に対する

責任の観点から、

経営戦略

実行に伴う

課題・リスク

について

多面的に

把握し

適切に

監督します。



当社は、

このような

迅速・果断

意思決定

適切な

監督・モニタリング

透明・公正に

行うための

仕組み

当社

コーポレートガバナンス

と捉え、

以下に掲げる

コーポレートガバナンス基本方針

に定め、

適切に

実践します。



コーポレートガバナンス基本方針>


第1章

株主の権利・平等性の確保、

株主との対話における

基本的な考え方


第2章

様々なステークホルダーとの

適切な協働



第3章

適切な情報開示

透明性の確保



第4章

取締役会等の責務



別紙1

独立社外役員

独立性判断基準



別紙2

株主との

建設的な対話

促進するための方針



コーポレートガバナンス基本方針

全文

こちらでご覧下さい。


https://global.yamaha-motor.com/jp/ir/governance/pdf/corporate_governance_guidelines-j.pdf




基本方針に照らして

不適切な者によって

当社の

財務

及び

事業

方針の決定

支配される

ことを

防止するため

取組みの概要



当社は、

当社株式

大量取得行為

を行おうとする者が現れた場合には、

関係諸法令

従い、

当社

企業価値

及び

株主共同の利益

確保・向上の観点から、

大量取得行為

是非

株主の皆様

適切に判断するための

必要

かつ

十分な

情報の提供

求め、

また、

当社

取締役会

意見

等を

開示する

とともに、

株主の皆様

による

大量取得行為

是非

に係る

検討

ために

必要な

時間

確保

努める

など

適切な措置を

講じてまいります。



取締役会

判断

及び

その理由


上記②及び③

記載した

取組みは、

上記①

記載した

基本方針

に沿っており、

当社

役員

地位の維持

目的とするものではない

と判断しております。