詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

トプコン

(1)

会社の経営の基本方針



当社は、

「TOPCONWAY」

施行し、

全ての社員

この理念を

理解して

具体的

行動できるようにしております。



[TOPCONWAY]


[経営理念]


トプコン

「医・食・住」

関する

社会的課題

解決し、

豊かな社会づくり

貢献します。



[経営方針]


トプコン

先端技術

こだわり、

モノづくり

通じ、

新たな価値

提供し続けます。


トプコン

多様性を尊重し、

グローバルカンパニーとして

行動します。



トプコン

コンプライアンス

最優先し、

全て

ステークホルダー

から

信頼される

存在で

あり続けます。



(2)

中長期的な会社の経営戦略


当社は、

2019年度

初年度とする

3か年の中期経営計画

下記の通り

新たに

策定して、

当年度は

その初年度として

取り組みを

進めて参りました。


引き続き、

下記課題

解決

に向けて

取り組んでいく方針です。



[中計基本方針]


2019年度

から

2021年度

第三次

中期経営計画

期間

と定め、

この3か年で

成長戦略

推進加速

してまいります。



[中計基本戦略]


1.

成長市場

での

事業展開の加速

図る。


2.

基盤事業

での

収益力の強化

図る。


3.

潜在的な新市場

創出

を図る。




(3)

目標とする経営指標



当社は、

当社グループ

中期経営計画

において、

自己資本利益率

(ROE)

重要指標

としております。



(4)

経営環境及び対処すべき課題


2019年度

第4四半期からの

新型コロナウイルス

世界的

感染拡大により、

世界各地

での

事業活動

への

直接的影響

や、

今後

世界的な経済環境

への

懸念

急速に

拡大しております。


このような

先行き

予断を許さない

経営環境

ではありますが、

当社

事業領域である

「医・食・住」、

すなわち、

眼科医療、

IT農業、

ICT自動化施工・インフラ整備

等の

事業領域は、

いずれも

インフラとして

社会的に確固たるニーズ

解決されるべき

社会的課題

ある

事業領域

であることから、

現在

進めております

第三次

中期経営計画

シナリオは

基本的

不変

と考えております。


短期的には

厳しい経営環境

への

機動的な対処

進めていく

ものの、

新型コロナウイルス

収束後

には、

各事業領域とも

継続的

需要

事業成長

見込んでおります。



具体的には、

当社

各事業分野

において、

「医

(Healthcare)」

では、

世界的

高齢化

に伴う

眼疾患

増加

に対処すべく、

当社

フルオートスクリーニング機

活用した

スクリーニングビジネス

拡大

に努め、

疾患

早期発見

医療効率の向上

目指します。


「食

(Agriculture)」

では、

世界的

人口増加

に伴う

食糧不足

対処すべく、

当社

IT農業機器

光学センサー技術

活用した

「農業の工場化」

推進

に努め、

農業

生産性

及び

品質の向上

目指します。


「住

(Infrastructure)」

では、

世界的

インフラ需要増

伴う

技術者不足

対処すべく、

当社

ICT自動化施工技術

3次元計測技術

活用した

「建設工事の工場化」

推進に努め、

建設現場における

生産性向上

人手不足解消

を目指します。