詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

凸版印刷

文中の将来に関する事項は、

連結会計年度末現在において、

当社グループ

(当社及び連結子会社

が判断したものであります。


(1)会社の経営の基本方針


 当社グループは、

「常に

お客さまの信頼にこたえ、

彩りの知と技をもとに

こころをこめた作品を創りだし、

情報・文化の担い手として

ふれあい豊かなくらしに貢献する」

ことを

企業理念として掲げ、

お客さまや社会とともに

発展していく

ことを

経営の基本方針

としております。




21世紀の企業像と事業領域を定めた

TOPPAN

VISION

21」

に基づき、

全社員

目的意識

価値観を

共有し、

新しい技術

事業の確立

挑戦する

とともに、

社会との関わり

のなかで

企業倫理を遵守し

環境と安全に

配慮した企業活動

推進してまいります。



TOPPAN

VISION

21」

実現

を通して

事業領域の拡大

新たな利益の創出

を図り、

当社グループ

永続的な発展

と、

株主の皆さま

お客さま

もちろん、

広く

社会や生活者から

評価され

信頼される

企業を

目指してまいります。



(2)

経営環境

及び

対処すべき課題



今後の

当社グループ

取り巻く

経営環境

展望いたしますと、

わが国経済は、

雇用・所得環境

改善

続くなか、

緩やかな

回復基調

続きましたが、

新型コロナウイルス感染症

世界的な拡大により

減速しております。


また、

米中貿易摩擦

激化

中国経済

先行き

など、

海外経済の不確実性

依然として

残っており、

当面は

厳しい状況

続く

と予想されます。



印刷業界におきましては、

インターネット広告

デジタルマーケティング

など

デジタル分野

での

市場機会の拡大

期待される

一方、

出版印刷

など

ペーパーメディア

需要

減少傾向

にあります。


また、

競争激化による

単価下落

原材料価格の値上がり

など

収益面

下振れリスク

も懸念され、

引き続き

厳しい

経営環境

が予想されます。


このような環境のなか、

当社グループは、

持続可能な社会

実現

に向けて、

SDGs

Sustainable

Development

Goals)

が示す

課題に

積極的に

取り組み、

これまで以上に

社会から

信頼される

強い企業グループ

への

成長

目指していく

所存でございます。


また、

この度

世界的な

新型コロナウイルス感染症拡大

踏まえ、

BCP

(事業継続計画)

さらなる強化

進める

と同時に、

感染症収束後

消費者行動

価値観の変化

に向けた

対応を

推進してまいります。


中期的

経営課題

といたしまして、

グループを含めた

構造改革

遂行、

新事業・新市場

創出、

グローバル

事業展開

加速

重要な経営課題

位置づけ、

次の施策

展開することにより

経営資源

最適配分

有効活用

を進め、

更なる

事業の拡大

はかってまいります。



グループを含めた

構造改革の遂行


 グループを含めた

構造改革の遂行につきましては、

重複事業の再編、

不採算事業の精査

行うとともに、

間接部門

含めた

生産性→向上

人員の最適化

推進してまいります。




新事業・新市場の創出


新事業・新市場

創出につきましては、

社会への

IT

浸透に伴い、

AI

IoT、

ビッグデータ

活用

など

デジタルに関わる

新たな需要

急速に

拡大するなか、

データの

蓄積・分析・利活用

通じて、

得意先

デジタル化

対応した

事業変革

(デジタルトランスフォーメーション)

支援する

新たなビジネス

創造してまいります。


また

「健康・ライフサイエンス」、

「教育・文化交流」、

「都市空間・モビリティ」、

「エネルギー・食料資源」

という

4つ

成長事業領域において、

オープンイノベーション

少額出資、

M&A

などを

組み合わせた

事業展開

加速し、

まちづくり、

観光

など

地域課題解決に

貢献する

新事業

創出を

目指してまいります。


さらに、

研究開発においては、

技術開発力、

モノつくり力

高めるため

グループにおける

リソース

結集し、

成長事業領域

での

新事業創出

基幹事業

強化

資する

開発テーマ

推進してまいります。



グローバルな事業展開の加速


グローバルな事業展開の加速につきましては、

セキュア

パッケージ、

建装材、

エレクトロニクス関連

など

技術優位性

持つ

事業

中心に、

旺盛

海外需要

対応してまいります。


また、

海外事業

拡大

に伴い、

ガバナンス、

コンプライアンス

リスクマネジメント体制

充実

させてまいります。



セキュア関連では、

ID管理、

認証ソリューション事業

において、

国内事業

培ってきた

媒体開発力

認証技術

に加え、

業務提携

M&A

による

バリューチェーン構築

推進し、

事業基盤

確立してまいります。



 パッケージ関連では、

社会のニーズに応えた

環境配慮型製品

開発

に注力し

展開していくとともに、

米国においては

バリア製品ブランド

「GLBARRIER」

を軸に

サプライチェーン構築

を推進し、

市場拡大

見込まれる

ASEAN

においては

現地生産体制

活用し

市場

深耕

はかってまいります。


建装材関連では、

欧米における

現地生産

販売体制

積極的な活用、

ASEAN

販売強化

進める

など、

地域別戦略

推進してまいります。


エレクトロニクス関連では、

フォトマスクは、

成長市場である

中国

への先端投資により

現地供給体制

強化し、

旺盛な需要

取り込んでまいります。


(3)

新型コロナウイルス感染症

拡大

への対応



当社グループは、

新型コロナウイルス感染症

拡大抑止

及び

従業員

安全確保

を目的に

新型コロナウイルス対策本部」

2020年2月

に立ち上げました。


社内対応

といたしましては、

ピークシフト通勤

テレワーク、

また

子供の学校の休校

等により

出社困難

となった

従業員が

利用できる

特別休暇制度

導入

などの

対策

速やかに

あ実施しました。

今後も、

従業員

安全確保

第一に、

会社として

感染拡大防止

努めるとともに、

社会インフラ

維持

必要不可欠な事業、

例えば

食品

医療医薬

用いられる包材

等について、

BCP

(事業継続計画)

沿って、

継続的

かつ

安定的

供給

を行うことで

社会課題の解決

に貢献してまいります。


なお、

新型コロナウイルス感染症

拡大による

事業への影響

につきましては、

第2

事業の状況

経営者による

財政状態、

経営成績

及び

キャッシュ・フローの状況の分析 

(1)

経営成績等の状況の概要

記載のとおりであります。