サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

IBMの資料を読む012

⭕️ビッグデータ導入の新たなパターンでは、

測定可能なビ ジネス価値の創出

重点が置かれている


ビッグデータの展望を

より深く理解するために、

組織における

ビッグデータに対する

取り組みの

現在のレベル

について

回答者に質問した。


その結果、

ビッグデータ導入には

主に

4つの段階があり、

「準備 Educate」、

「検討 Explorer」、

「試行 Engage」、

「実行 Excute」

という4つの“E”の流れに沿って

取り組みが進むことがわかった


準備 Educate:

知識の基盤の構築

(回答者の24%) 


「準備」段階の主な重点は、

認識および知識の促進

であ る。


回答者の

約25%

が、

組織内で

まだビッグデータを活 用していない

と述べている。


ビッグデータというトピッ クをよく知らない

という組織

一部にはあるものの、

の段階のほとんどの組織は、

ビッグデータ・テクノロジー

および

アナリティクス

がもたらす利益の可能性を

検討し、 

各自の業界や市場における

重要なビジネス機会に取り組むうえで

ビッグデータがどのように役立つかについて理解を

深めようとしている

ことがインタビューからわかる。 


これらの組織では、

正式なワークグループではなく、

主 に

個人が知識の収集を行っており、

収集された知識は

組織でまだ活用されて

いない。


結果として、

企業の経営者層

ビッグデータの可能性を

まだ十分に理解しておらず、 

認めていない。



ビッグデータ導入の段階

検討 Explorer:


ビジネス・ケースおよびロードマップの 定義

(47%)

「検討」段階の重点は、

ビッグデータを展開するための

組織のロードマップを策定すること

である。


回答者の

ほぼ半数

が 、

ビジネス上の重要な課題を解決するための

ビッグデータの活用方法について、

組織内で

正式な議論が進行中である

と報告している。

これらの組織の主な目標としては、

定量化可能なビジネス・ケースの策定

ビッグ データの青写真の作成

がある。

この戦略とロードマップ では、

既存の

データ、テクノロジー、スキル

を考慮に入 れたうえで、

どこからスタートするか、

組織のビジネス戦略に沿って計画をどのようにして策定するか

といった 概要をまとめる。



試行 Engage:

ビッグデータの試行

(22%) 

「試行」段階では、

組織がビッグデータのビジネス価値を 

立証し始める

とともに、

テクノロジー

スキル

の評価を実施する。

回答者の組織の

5分の1強

が現在、

ビッグデー タに対する取り組みの実施に関連する要件を

確認し、

同時に予想される

利益を明らかにするために、

概念検証 (POC)を行っている。


このグループの組織は、

定義した限定的範囲内で

作業を行い、

新しいデータソースの活用に必要なテクノロジーやスキルの

理解・テスト

に努めている。