詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

株マップ iOSアプリ 脆弱性対策で接続不可能になり削除

神奈川県の大和市の深見小学校のまわりの通信環境のハナシで、

かつ、

iOSを使っており、

さらに、

脆弱性iOSにある場合に、

脆弱性対策をするだけで起動しなくなるスパムアプリのような脆弱なiOSアプリが見つかるたびに、私はこのアプリをスパイアプリとみて削除することにしている。


マルウェアランサムウェア対策のためのルーターのポート設定を変え、通常ならどのiOSアプリでもなんらの問題も起こりようがないようにしたのにダメ。


マルシャウスサーバーやC2サーバーにアクセスしてる可能性がある。ふつう、そんな可能性はゼロで当たり前なのに。


株マップというアプリかソレである。


いまのところ、iOSが中国版iOSである可能性があるので、ハイジャックされたLinuxルーターに攻撃者に対するイヤミな設定を強化している。コレでもまだ攻撃されたらiOS中国当局から攻撃されるのは正しい仕様、ということになるかな? と。


そうなったら、次はApple社の犯罪を追求する段階に進むことになる。


このあたりで政治問題になるかな? と。


そういう意味でのポートの設定の変更なのだが、まさか株マップアプリだったとは。セキュリティホールの株マップアプリ、ということで。


アブネからこのアプリは、↑の地域では使わない方が良い。その他の地域でもアブネなら使用しない方が良いだろう。たとえば、都内足立区、渋谷区、神奈川県川崎市川崎区あたりがアブネ地域である。だいたい、治安が悪い地域なら、中国当局(中国の警察)によるサイバー攻撃が多数、発生する場所である。


まあそういうカンジやね。