詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

IBMの資料を読む017

「実行」段階:ビッグデータイノベーションを推進する


•今後の取り組みを推進するために、

早期の成功

定量化可能な成果

文書化する。



•支援

および

機運

確保し続けるために、

ビッグデータに関する

正式な

情報交換

組織全体で開始する。



•ビジネス部門、

職務、

地域

を超えて

ビッグデータの新しい課題

取り組むために

必要な

テクノロジー

スキル

拡張

重点を置く。



•情報ガバナンス

(情報ライフサイクル管理を含む)、

プライバシー、

セキュリティー

引き続き

配慮する。



•急速に進化する

ビッグデータ・ツール

および

テクノロジー

評価し続ける。


スケーラビリティー

最適化、

弾力性

強化する

新しいテクノロジー

と、

既存のインフラストラクチャー

との

バランスを考える。




⭕️ビッグデータの展開を開始する


グローバルに統合された経済の中で

競争するために、

今日の

組織では

どうしても、

市場、

顧客、

商品、

規制、

競合企業、

サプライヤー

従業員

などを

包括的に理解する必要がある。


このためには、

情報

および

アナリティクス

効果的な使用

が求められる。


実際、

多くの企業では、

情報を

従業員の次に貴重

差別化資産である

と考えている。



現在、

ビッグデータ

出現

導入

の拡大によって、

世界中の組織が、

競争を勝ち抜くための

まったく新しい方法を

探索している。


使用可能な

膨大な

情報

を活用して、

企業全体の

意思決定

業績向上

はかるために、

自ら変革を実行している。


少数の先駆的組織

すでに、

マーケティング担当

経営管理

から

現場担当

従業員までが、

「その場」で

より適切

かつ

よりタイムリ

意思決定を行うために必要な

情報、

スキル、

ツール

武装

することによって、

すでに

これを実現している。


すべての組織が

ビッグデータ機能

全領域

に取り組む必要があるわけでは

ない。

しかし、

新しい

データ、

テクノロジー

アナリティクス

活用する機会は、

どの業界にも

ある程度存在する。


組織は、

新しいデータ

および

既存のデータ

ボリューム、

スピード、

多様性

を分析し、

適切な

スキル

ツール

を準備して、

業務、

顧客、

市場全体

に対する

理解

深めることによって、

価値を実現する。


スタート地点

それぞれ異なっても、

世界中の組織が

今後、

今日のグローバル統合された経済で

ビジネス価値と競争優位を獲得するために、

ビッグデータの使用範囲を広げていくことは

間違いない。




オックスフォード大学サイード・ビジネス・スクールの詳細については、www.sbs.ox.ac.ukをご覧ください。