詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

ソフトバンク株式会社

文中における

将来に関する事項は、

本書

提出日

現在において

当社グループが判断したものです。




(1) 経営理念

当社グループは、

「情報革命で人々を幸せに」

という

経営理念のもと、

情報革命

を通じた

人類と社会への貢献

推進してきました。


情報

テクノロジー領域

において

様々な事業に

取り組み、

「世界の人々から最も必要とされる企業グループ」

を目指し、

企業価値の最大化

取り組んでいます。




(2) 

重要課題

(マテリアリティ)


当社グループは、

上記の経営理念に基づき、

「すべてのモノ・情報・心がつながる世の中」

実現を通じて、

持続可能な社会

の維持

に貢献し、

中長期的な

企業価値

向上

を達成すべく、

当社グループが

優先的に

取り組むべき

課題として、

下記

6つの

重要課題

(マテリアリティ)

2020年4月

特定しました。



a.

デジタルトランスフォーメーション

(注)

による

社会・産業の構築


5GやAI

などの

最先端テクノロジー

活用し、

新しい産業

創出する

とともに、

世の中

様々なビジネス

変革していく

ための

ソリューション

提供します。


(注)

デジタルトランスフォーメーションとは、

企業が、

データ

デジタル技術

を活用して、

組織、

プロセス、

業務

等を

変革していく

ことです。


b.

人・情報をつなぎ

新しい感動を創出


スマートデバイス

普及

促進し、

これを通じて

新しい体験

提供

行い、

お客さま

豊かな

ライフスタイル

実現します。


同時に、

人・情報

つなぐ

魅力的

プラットフォーム

パートナー企業

提供し、

お客さま

企業

双方に

価値を

生み出します。



c.

オープンイノベーション

による

新規ビジネスの創出



グローバル

トップランナー企業

との

つながり

生かし、

最先端

テクノロジー

革新的

ビジネスモデル

日本

展開します。


同時に、

新たな

ビジネス

拡大

普及

支えていく

高度

人材

育成

組織

構築

推進します。




d.

テクノロジー

チカラ

地球環境へ貢献



持続可能な地球環境

次の世代に

つなぐため、

最先端テクノロジー

活用し、

気候変動

への

対応

と、

循環型社会

推進

および

自然エネルギー

普及

貢献します。




e.

質の高い

社会ネットワーク

構築



通信ネットワーク

ライフライン

である

との

考え

に基づき、

どんな時でも

安定的に

つながる

ネットワーク

維持

全力を尽くす

とともに、

お客さま

大切なデータ

保護します。




f.

レジリエント

(強靭)

経営基盤の発展



コーポレート・ガバナンス

高度化

を図り、

ステークホルダー

皆さま

との

継続的な対話

を通じて、

社会

信用される

誠実

企業統治

行います。


また、

最先端テクノロジー

活用して、

多様

人材

活躍できる

先進的

職場環境

整備し、

イノベーション

創発

従業員

幸福度→向上

図ります。



当社グループ

今後も、

情報革命

人々を幸せに」

経営理念

基づき、

事業活動

企業活動

両面で

社会課題

解決

継続的に

取り組むことで、

国連

定める

SDGs

(持続可能な開発目標)

達成に

取り組み、

持続可能な社会

実現

貢献していきます。




(3) 経営方針


a.

経営環境


世の中

取り巻く

環境

は、

デジタル技術

進展

により

大きな

変革期

迎えています。


超高速

大容量

低遅延

多接続

といった

特長

持つ

次世代通信規格

5G

商用化

や、

AIやIoT、

ビッグデータ

活用

急速

浸透し、

人々の生活

ビジネスのあらゆる場面

デジタル化される

ことで、

産業そのもの

構造

変わる

デジタルトランスフォーメーション

起こっています。



日本

通信市場

では、

政府

による

競争促進政策

強化、

MVNO

による

格安スマートフォンサービス

普及、

異業種

からの

新規参入

など、

事業環境

変化

続いています。


また

インターネット市場

では、

アメリ

中心とした

海外企業

優勢

続いており、

特に

eコマース

金融

決済

分野

競争

激化しています。


また、

新型コロナウイルス

世界的

感染拡大

により

経済環境

悪化

発生する

一方で、

在宅勤務

拡大

など、

デジタル化

一気に

加速しています。


これによる

当社グループ

通信事業

への

影響は

比較的

軽微である

考えています。


累計契約数

引き続き

安定的

推移

見込んでいる

ことや、

自宅

での

通信サービス

利用

増加

などを

背景に

通信料

収入は

底堅く

推移する

見込んでいます。


ヤフー事業

関しては、

特定業種

からの

広告出稿

減少

により

メディア領域

先行きが

不透明

な一方で、

eコマース

中心とした

オンラインサービス

利用が

増加

すると

見込んでおり、

不要不急

費用

当面

抑制すること

により

通期での

営業利益増加

目指します。




b.

事業戦略


当社グループは、

変化の激しい

情報通信業

において

継続的

企業価値

向上

図るべく、

成長戦略

「Beyond Carrier」

推進しています。


従来

通信キャリア

という

枠組み

超え、

通信事業

加えて、

ヤフー

および

新領域

3つの領域

伸ばしていくことで

収益基盤

強化し、

持続的

成長

目指します。




(a) 

通信事業のさらなる成長



当社グループの

ビジネスの基盤となる

通信事業

では、

新たな

通信インフラ

である

5G

展開や

スマートフォン

ブロードバンド

契約数

拡大

を図ることで、

さらなる

成長を

目指します。



ⅰ.

スマートフォン契約数の拡大


当社グループは

特長

異なる

3つ

モバイルブランド

展開することで、

大容量ユーザー

から

節約志向

まで、

幅広い

ユーザー

ニーズ

応えることにより、

全ブランド

着実

契約数

伸ばしています。


今後は

Yahoo!

各種サービス

モバイル決済サービス

「PayPay」

との

連携強化

や、

5G

活用した

VR

クラウドゲーミング

など

コンテンツ

展開によって、

新たな

魅力

提供し、

契約数

伸ばしていきます。




ⅱ.ブロードバンド契約数の拡大


当社グループは

SoftBank 光」

中心とする

家庭向け高速インターネットサービス

についても、

販売

拡大

に注力します。




ⅲ.5Gの展開


当社グループは、

第5世代

移動通信システム

5G

商用サービス

2020年3月

開始しました。


今後、

4G

培った

強み

最大限

活用し、

他社とも

連携しながら、

展開エリア

拡大

図ります。


2021年3月

全国

47都道府県

への

展開、

2022年3月

には

人口カバー率

90%超

目指します。


ⅳ.

法人向けソリューションビジネスの拡大


当社グループは、

今後

大きな

需要

拡大

見込まれる

企業

業務

デジタル化

自動化

に適した

通信ソリューション

販売

注力します。


さらに、

IoTやAI、

クラウド

ロボット

などの

最先端技術

用いた

高付加価値

ソリューション

提案する

ことで、

企業

デジタルトランスフォーメーション

加速させ、

社会

新しい価値

生み出していきます。




(b) 

ヤフー事業の成長



当社グループは、

ヤフー㈱

傘下に持つ

国内最大級

インターネット企業

Zホールディングス㈱

2019年6月

子会社化し、

収益構造

改善

シナジー

最大化

図っています。


ⅰ.

コマース・メディア領域の拡大


コマース領域では、

2019年11月

買収した

ファッション通販サイト

ZOZOTOWN

運営する

㈱ZOZO

との

連携

「PayPay」ブランド

冠した

新コマースサービス

積極展開

により、

eコマース

取扱高

拡大

図っています。


メディア領域では、

マルチビッグデータ

活用した

新たな

広告プロダクトの

開発

に加え、

当社の

法人事業との連携

強化

により

新規顧客の獲得を図るなど、

今後の

収益拡大に

取り組みます。




ⅱ.LINE㈱との経営統合


Zホールディングス㈱

および

LINE㈱

対等な精神

基づく

経営統合

実現すべく、

2019年

12月

当社

および

LINEの親会社

である

NAVER

Corporation

を含む

4社間で

最終

経営統合契約書

締結しました。


統合完了後は、

AI、

通信、

広告、

決済、

コミュニケーション

など、

様々

分野

での

協業

想定しており、

当社は、

経営統合

当社グループ

企業価値→向上

に資する

重要な取引

位置付けています。




(c) 新規事業の創出・拡大


当社グループは、

AI、

IoT、

FinTech、

セキュリティ、

モビリティ

など

の領域で、

最先端のテクノロジー

ビジネスモデル

を活用した

新規事業の拡大

積極的に

推進しています。


新規事業

創出

にあたっては、

親会社の

ソフトバンクグループ㈱

既に

投資を行っている

世界的に

有力な

AI企業群

連携することで、

単独で

ビジネスを

立ち上げる

のに比べて、

初期投資を

最小限に抑えた

効率的

事業運営

可能です。


さらに

当社グループ

強み

である、

通信事業

ヤフー事業

での

顧客基盤、

5G

ソフトウエアの技術、

法人事業

営業力

組み合わせる

ことで、

新規事業

垂直立ち上げ

実現します。


その事例として、

当社が

Zホールディングス㈱

および

Paytm社

と連携して

2018年に

開始した

モバイル決済サービス

「PayPay」

は、

2020年

3月末

において

登録者数

2,700万人

を突破し、

金融領域

サービス

幅を広げる

など、

急速に

成長しています。




c.財務戦略


当社グループは、

成長投資

株主還元の原資となる

フリー・キャッシュ・フロー

重要

経営指標

と考えています。


Zホールディングスグループ

および

IFRS第16号

適用

による

影響

除いた

調整後フリー・キャッシュ・フロー

(注1)

は、

2019年

3月31日

終了した

1年間に

5,120億円、

2020年3月31日

に終了した

1年間に

5,242億円

当期純利益

上回る水準

維持しています。


当社は、

成長投資

継続

高い

株主還元

両立

図るため、

今後も

年間

5,000億円以上

(注2)

安定的な

フリー・キャッシュ・フロー

創出

目指します。


(注1) 

調整後フリー・キャッシュ・フローの算定方法は、

3経営者による

財政状態、

経営成績

及び

キャッシュ・フロー

状況の分析

(4) 

<財務指標に関する説明>

IFRSに基づかない指標

ご参照ください。



(注2) 

2021年3月31日

終了する

1年間

については、

当社による

LINE㈱

公開買付け

のための

支出による影響

除きます。