サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

DX対応へ向かう企業には2種類あるのでは? とIBMのレポートの調査を担当したオックスフォードの学者に話したらどんな答えになるか?

データ基盤

分析

ツール


DXの指導をする側とされる側、と大別する。


韓国人は新人の分際でベテランを指導したがる。どういう意味なのかわかっていない企業とわかっている企業、と大別する。


ようは、グローバルに経営をしていなくてもかまわんが、グローバルな視点を持っているかどうか?


私には肌身で感じられるのだが、大宇宙との統合、という現象と会社の経営は直結するハナシなのだが、清水建設なら確実にこのことを理解されるだろうが、他ではどうか?


バイオセントリズムや金剛禅、オカルトが理解できるかどうか?


私はホワイトハウスの施策によって今日も、今も、敵兵に囲まれスマートダスト攻撃を受けていながら、まだクタバラないでいる。


この感覚はあるかね?


この感覚があるなら、ユニバーサルな感覚を持ったらどうかね?


大宇宙が激怒している、という表現を読んだら、ビッグデータの分析用のツールのフィルターに国際の平和を追加したらどうなるかね?


国際の平和が物理的に実現するものだ、と考えるなら、マッカーサー元帥や出光興産の初代社長や金剛禅 少林寺拳法の開祖の宗道臣のハナシを参考にして再考してみてはどうかね?


DX銘柄のリストをみて、よくわかってんナーと思いながら、どう転んでも日本のマーケットではリーダー、とわかる、と。そういう経験をいま私はしている。


そこで、マルウェアランサムウェアに滅法強そうな富士フィルム半導体メーカー(パワ半とかの)を併せて考えていたところ、どうもグローバル企業は世界基準で経営されていて、ソレ以外の企業は儲けハナシなら私と同じく必死な自民党基準で経営されている、とわかってきた。


IBMは、仕事で勝つ方法は知っている。コレは本当。自民党もそうだと思っているだろうし、多くのDX銘柄の企業もそうだと感じて、考えて、経営に変えている。


IBMは、ビジネスを考え抜いて勝つ方法を実現させてはくれる。だが、日本の存続までは考えていないと思うのだが、どうかね? この点は。


遊んで暮らしてカネが国からもらえるから、世界一の製造インフラと軍隊を持つことができるわけだが、中国が台湾有事を辞さない侵略をバカらしいカタチで進めているのだが、別にIBMは止めるとかしないと思うんだよな。


台湾有事は日本と中国の全面戦争になる。いま、その方向に進んでいる。


こういうことなので、国際の平和からDXを始めると良いのだが、すでに海外はオカルトとは量子と物理で、と。


この意味は重大。たとえば、量子の精神場とつながってないから社長を辞任しろ、などという地域があって当たり前、と。何を海外が言おうとしているのか? 物理的な社会主義者共産主義者は出てけ、ということなのである。ようは。


断定されたらどうするんだろ?


人類に愛される社長とは、国際の平和を願うと平和な理想郷が

海外に

海外に

できる人のこと。モノが考えるようなレベルの人間は高尚な人間ではないっ、と言われる理由が理由だけに、なんだかわからんうちに退陣させられる、と。こうなるからせめてリンカーンアメリカ合衆国大統領の勉強はしておいた方が良いのでは? リンカーン元大統領は労働力を求めた霊止であったが、いまは労働からの、ビジネスからの解放ではあるけどね。


営利法人とかの以前に、日本人は中国人なのか? 韓国人なのか? からはじまると思うんだよな。まもなく。


この場合、国際の平和、自由主義、とリンクしていないとヤバいのである。考えるのはロボにやらせろ、という時代だからである。バイオセントリズムからいうと、中国人とロシア人は意識が無い、となる。失神しながら目覚めているのはゾンビだ、となり、大統領選挙で郵便投票した死人は中国人かロシア人だ、となり、ハナシとしては、ロボの方は自由貿易を裏切らないから、かつてない高い品質の製造物を大量に素早くミスも少なく低コストで作れるナー と。そこで、ジーっと外国人は日本人の顔を黙ってから見る筈である。


何を言っているのかわからんうちは、なんだかわからんうちに人生のどん底に叩き落とされる、と。こうなりたいかいかね?


いまのうちに、海外に理想郷を願いだけで物理的に実現する練習をしていた方が良いのではないか? 清水建設平将門というバカを封じているのである。コレは素晴らしい正義なのだが、ソッチの経営の強みになるかね?


普通に考えると、そんなに気合を入れなくてもDX。コレで優れるのは間違いなく、ソレなら勝ち組で、かつ、指導側になれる。IBMのビジネスはそういうビジネスなのでこのようになるのである。


狙いが低すぎると即死かもしれん。よぁく考えると、オカルト戦争が第二次世界大戦以来続いていて、その裏には常に必ず中国の共産主義者の陰謀が働いている、とわかる。


台湾を応援しろ。そういうハナシなのだが、なんか課題のコーナーを各社の読むと、わかってネーナー、と。営利法人だからこそ、カネ儲けとは別に、それと、国内問題だけじゃなくて、と。内需株の部類の株を発行している企業だろうがなんだろうが、と。


なんかズレてる。サイバー脅威に弱そうな企業だナー というイメージがある。中国人サイバー攻撃者には簡単に勝てるから、安全、安心のどうのこうの、に、平和という理想、というビッグキーワードを続ければ? 


尖閣竹島、その他の離れ島のことを考えると、安心、安全、平和、と。コレなら配当を期待したくなる時代ではないかね?


弊社のシステムは常に必ず最高最新のセキュリティによって安全、安心、までは書いておかないとダメじゃないかね?

そうみる株主が大量株取得攻撃するから、用心ソリューションの販売、と。そういう時代だナー、と私でもわかる。


どうせ、攻撃してくる奴は中国側とロシア側だ。いまのご時世なら。


だから、台湾有事になったら日本との全面戦争になる、そこで食い止めるから、太平洋のアメリカの領土が守られる、そこまで日本人はやるぜ! というカンジで。ソレならアメリカ合衆国はやる気満々でオーストラリア軍たともに台湾有事に駆けつけられるのである。何事もちゃんとロジックがあるので。


普段から、中国とロシアをビビらせるようなビッグな単位で数値を語る、ぐらいは社長ならやらないと。


ようは、台湾有事なら半導体液化天然ガス、タンカー十二隻、と。今日なら、話題としては、と。