詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

日立製作所

(1)経営の基本方針


当グループは、

「優れた自主

技術

製品

開発

通じて

社会に貢献する

企業理念として、

顧客に対し、

より高い価値

もたらす

競争力

ある

製品

サービス

提供することで、

一層

発展

遂げる

ことを

めざしています。


当グループでは、

グループ内

多様

経営資源

最大限

活用する

とともに、

事業

見直し

再編

図る

ことで、

競争力を強化

し、

グローバル市場

での

成長を実現し、

顧客、

株主、

従業員

含む

ステークホルダー

期待

応えることにより、

株主価値の向上

図っていくことを

基本方針

としています。




(2)経営環境及び対処すべき課題


日立グループ

経営環境

及び

対処すべき課題


現在の世界は、

将来の

予測が

立てにくい時代です。


気候変動

資源不足、

高齢化による人口構造の変化、

都市化の問題

など

様々な変化が

生じており、

さらに、

COVID-19

新型コロナウイルス感染症

流行は、

世界規模で

社会、経済などに

劇的な変化

もたらし、

世界各国の経済

深刻な悪影響

受けています。


このような変化により

生じた

社会課題

解決するための

イノベーション

世界中で起きています。



かかる経営環境

において、

当グループは、

2019年

5月

公表した

2021

中期経営計画

」のもと、

引き続き、

社会イノベーション事業

提供

通じ、

私たちの社会

直面する

様々な課題

解決

に向けた

ソリューション

提供することで、

お客さまの

社会価値

環境価値

経済価値

3つの価値

同時に向上し、

人間中心

社会の実現

に貢献していきます。



具体的には、

以下の施策に注力していきます。



i)事業活動を通じた社会への貢献


デジタル技術

活用した

社会イノベーション事業

通じて、

COVID-19

もたらした

新たな社会

での

価値創出

加速していきます。



リモート、

接触

自動化の要請

など、

社会の急速な変化

新たな課題

いち早く対応し、

社会が求める価値

実現

を通じて、

事業機会

開拓

獲得

図っていきます。



特に、

製造業

自動化

サプライチェーン

最適化、

公共

社会

インフラ

医療分野での

データの活用、

ITを活用した

リモートワーク

等の

働き方改革

支援

など、

日立グループ

強みを持つ

分野で

ソリューション提供

強化します。


新たなニーズへの対応

においても、

デジタル事業

中核をなす

Lumada

最大限活用し、

事業の拡大

めざします。



ii)強靭な経営基盤の構築


IT・インダストリーセクター

中心とした

投資

獲得した

デジタル分野

人財

技術

顧客基盤

活用、

エネルギーセクター

での

ABB,

Ltd

パワーグリッド事業

買収

などを通じて、

事業ポートフォリオ

改革

更に進めます。


また、

リモートワーク

対応した

業務プロセス

見直し

図る

など、

デジタル技術

活用して、

全社レベル

業務の

効率化

最適化

推進する

とともに、

投下資本利益率

(ROIC)

用いた

セクター

ごとの

投資収益管理

棚卸資産→縮減

運転資本→圧縮

引き続き

推進し、

収益性

キャッシュ創出力

向上

図ります。




iii)

社会の信頼確保

への

より一層の取組み


当グループにとって、

品質

安全

コンプライアンス

に対する

社会の信頼

確保

維持

し続けることが

最も

重要である

ことを

改めて

徹底していきます。


このほか、

ダイバーシティ

推進

働き方改革

加速、

環境

地域社会

への

貢献

等、

社会

時代

要請

対しても、

積極的

かつ

継続的

取り組んでいきます。



持続可能な社会

実現

貢献するため、

2030年度

自社の生産における

カーボンニュートラル

という

先進的な目標

新たに設け、

環境価値創出

リードする

会社

への

変革

図ります。


製品設計

見直し、

製造設備

省エネルギー

などで

自社

二酸化炭素

排出削減

進めるだけではなく、

お客さま

調達パートナー

環境対応

支援して、

企業活動

全体

を通じて、

環境価値→実現

取組みを

加速します。



注力分野

5セクター

における

経営環境

及び

対処すべき課題



注力分野である

IT、

エネルギー、

インダストリー、

モビリティ

及び

ライフ

5セクター

における

経営環境

及び

対処すべき課題

は、

以下のとおりです。




🟡IT


市場環境

デジタル化

に対応するため、

AI、

IoT、

ロボティクス

等の

デジタル技術

次世代通信規格

5G

活用しながら、

企業が行う

あらゆる経済活動

それを構成する

ビジネスモデル

並びに

組織

文化

制度

といった

企業そのもの

変革していく

デジタルトランスフォーメーション

(以下、「DX」という。)

が、

大きな注目を

浴びています。


2020年に入り、

COVID-19

感染

拡大によって、

世界中で

消費活動

サプライチェーン

など

ビジネスのあり方、

価値観

転換点を迎え、

個人としても

生活

働き方

大きく

変化しました。


この

ニューノーマル

(新常態)

時代

では、

リモート

接触

そして

無人

省人化

などの

自動化のニーズ

さらに高まり、

これまで以上に

DXが

加速する

考えられています。


ITセクターでは、

デジタルの力で

国内外

お客さま

期待

応え、

持続可能

社会

実現する

とともに、

グローバル

トップクラス

ソリューションプロバイダー

めざします。


COVID-19

感染拡大

影響から、

IT需要は

今後

低迷が

懸念されますが、

デジタル技術で

企業経営や

ビジネスモデル

などの

変革を図る

DXは、

グローバル全体

さらに

加速しており、

投資の機運

高まっています。


そのニーズに応え、

高度

金融

社会分野

における

デジタルソリューション事業

を通じて

社会価値の向上

図る

とともに、

製品

サービス

ライフサイクル全般

における

環境効率

向上

に努め、

環境価値

創出

図ります。



また、

ITセクターは、

Lumada事業

中核

として

全事業分野

牽引します。


2021

中期経営計画

期間中、

必要

成長投資

継続し、

Lumada事業

グローバル展開

に向けた

体制強化

として、

人財

拠点

などの

事業リソース

獲得のための

買収・提携

について

検討する

とともに、

デジタル人財

育成

拡充

や、

先進

デジタル技術

開発

などを

推進していきます。





エネルギー


人口増加

経済成長

に加え、

データセンタ

規模拡大

産業

電動化、

さらには

EV(電気自動車)

導入の

拡大

などの

社会イノベーション

背景に、

世界

エネルギー需要

拡大

し続けています。


また、

気候変動

への

対応

背景に、

CO2排出量

削減

脱炭素化

へ向けた

動き

世界的に

加速しています。


他方、

途上国では、

深刻

電力不足

により

10億人超

人々が

電力のない

生活

強いられている

現実も

あります。


日立は、

これら

課題解決

に向けて、

再生可能エネルギー

パワーグリッド

はじめとした

事業分野

で、

「OT×IT×プロダクト」

強み

生かした

エネルギーソリューション

応えていきます。




エネルギーセクターでは、

原子力発電システム、

再生可能エネルギー発電システム、

パワーグリッド、

設備の予兆診断

遠隔監視サービス

などで、

「OT×IT×プロダクト」の強み

生かした

エネルギーソリューション

提供

により、

お客さま

エネルギー安定供給

CO2排出量の削減、

さらには

低炭素・脱炭素社会

実現に

貢献していきます。


社会イノベーション事業

中核をなす事業

として、

環境価値の創出

寄与していきます。



Lumada

活用した、

エネルギー関連設備

における

管理

高度化

保守・点検作業

効率化

など、

日立が培ってきた

知見

デジタル技術

活かした

高度な

エネルギーマネジメントシステム

構築します。


また、

グローバルトップレベ

技術と実績

を有する

ABB,Ltd

パワーグリッド事業

買収

により、

Lumada

活用した

リッドソリューション・サービス事業

強化する

とともに、

そのノウハウやリソース

活用し、

グローバル

事業

拡大

加速します。




インダストリー


生産年齢人口の減少

グローバル競争の激化、

さらには

気候変動

資源不足

など、

産業界では

市場が

これまで以上に

急速

かつ

複雑に

変化を

続けています。


そのような中、


COVID-19

影響

によって、

人々

生活様式

企業活動

大きく

変容し、

様々な分野

AI、

IoT

ロボティクス

など

先進

デジタル技術

活用した

新たなサービス

イノベーション

創出

これまで以上に

期待されています。




インダストリーセクターでは、

日立グループ

ならではの

「OT×IT×プロダクト」

を強みに、

産業分野

お客さま

に対する

ベストソリューションパートナー

めざします。


そして、

製造・流通分野における

生産性

品質向上

に貢献する

ソリューション

提供による

お客さま

生産、

サービス提供

効率化」、

上下水道インフラ

海水淡水化技術

による

世界中で

1日当たり

7,000万人


に対する

「安全・安心な水環境の提供」、

プロダクト

省エネルギー

による

「CO2排出量削減」

を通じて、

社会価値

環境価値

経済価値

創出を図ります。



これらの

実現

向けて、

インダストリーセクターでは、

Lumada

活用し、

経営から現場、

さらに

調達から

製造、

物流、

販売、

サービス、

保守

に至る

バリューチェーン

間にある

課題

デジタル技術

解決し、

全体最適

図る

トータル

シームレス

ソリューション

グローバル

展開していきます。





モビリティ


ビルシステム事業

においては、

昇降機

などの

新設需要

に加えて、

保全

リニューアル

といった

サービスへの需要

や、

デジタル技術の活用

により、

ビルの付加価値

高める

新規ソリューション

への期待

高まっています。


また、

鉄道システム事業においては、

世界中における

人口の増加、

都市化、

気候変動

を背景に、

ビジネス

長期的な成長

見込まれています。




モビリティセクターでは、

より速く、

より環境に優しい

都市間の移動

や、

都市部における

自動車依存の軽減、

高層ビルで

人の流れを

整流化する

スマートソリューション

など、

クリーンで

効率性の高い

スマートシティ

構成要素となる

ソリューション

を、

世界中の人々

提供しています。


安全

安心

快適な

移動サービス

や、

ビル

をはじめとする

都市空間

における

課題

解決する

製品

サービス

提供を

通じて、

社会価値

提供します。


同時に、

環境負荷の低い

移動サービス

実現する

ことによって、

CO2排出量

削減する

など、

環境価値

創出を

図ります。



具体的には、

ビルシステム事業においては、

技術力

競争力

優れた

昇降機

などの

製品

サービス

をもとに、

IoT

AI

をはじめとする

デジタル技術

に関する

日立グループ

強力なリソース

を生かし、

Lumada

ソリューション

拡充させていきます。




鉄道システム事業では、

鉄道車両

より

取得した

データ

分析して

保守サービス

付加価値

高める

とともに、

運行管理、

無人自動運転

などの

トータルソリューション

Lumada

貢献することにより、

安全

安心

快適

移動サービス

提供していきます。





ライフ


オートモティブシステム事業が

製品・サービス

提供する

自動車業界では、

環境負荷の低減

快適性のさらなる向上、

安全性向上による

交通事故の低減

等の

社会ニーズ

高まり

を背景に、

100年に一度

といわれる

大変革時代

迎えており、

自動車

コア技術

となってきている

電動化、

コネクテッド、

自動運転

等の分野で、

競争が

さらに

激化しています。


また、

ヘルスケア事業が

手掛ける

ライフサイエンス領域

は、

潜在的

未充足

ニーズ

が多く、

今後も

高い成長

期待できる分野です。





ライフセクターでは、

健康、

安全、

快適

キーワードに、

誰もが暮らしやすい

街づくり

実現し、

人々

QoL

向上

貢献することで、

社会価値、

環境価値、

経済価値

創出します。



粒子線がん治療システム

提供

を通じて、

人々

普通の生活

送りながら

がん治療

受けられるように

すること、

コネクテッド家電

提供を通じて

世界中の人々

豊かな暮らし

支えること、

自動運転技術


を通じて

交通事故の撲滅

寄与すること、

また、

電動化

IoT技術

を通じて

製品

CO2

排出量

を削減し、

地球温暖化の防止

寄与することをめざします。



さらに、

事業

入れ替え

オペレーション改革

により

収益性を改善し、

事業構造改革

推進します。




また、

上記の通り、

自動車、

家電、

ヘルスケア機器

など、

生活を支える

機器

インターネットにつなぎ、

Lumadaのデータ分析技術

活用して、

遠隔での

運用・管理、

更には

自動化

実現することで、

より便利

豊かな生活

貢献する

とともに、

都市化が進む

アジア

スマートシティ市場

中心に

Lumada事業

拡大を図ります。



かかるLumada事業モデル

確立し、

デジタルサービス事業

展開

による

次なる

成長

につなげます。






(3)中期経営計画における経営指標


2021

中期経営計画

においては、

以下の指標

経営上

業績目標

としています。



2021年度目標

選定した理由

売上収益年成長率

3%超

成長性を測る指標として選定

調整後営業利益率(注)1

10%超

収益性を測る指標として選定

営業キャッシュ・フロー(3年間累計)

2.5兆円超

キャッシュ総出力を測る指標として選定

投下資本利益率(ROIC)(注)2

10%超

投資効率を測る指標として選定

海外売上比率

60%超

グローバル化を測る指標として選定

(注)1.


調整後営業利益

は、

売上収益

から、

売上原価

並びに

販売費

及び

一般管理費

額を

減算して

算出した

指標であり、

調整後営業利益率

は、

調整後営業利益

売上収益の額

除して

算出した

指標です。





2.ROIC

Return

on

invested

capital

)は、

ROIC

(税引後の調整後営業利益+持分法損益)

÷

投下資本

×

100」

により

算出しています。


なお、

税引後の調整後営業利益

調整後営業利益

×

(1-税金負担率)」、

投下資本

有利子負債

資本の部合計

です。




また、

上記の経済価値の提供の他、

安全・快適

移動サービス

提供や

安心・安全な

水環境

提供、

イノベーションの加速の支援

等による

社会価値の提供

及び

バリューチェーンを通じた

CO2の排出削減

水利用効率の改善、

資源利用効率の改善

等の

環境価値

提供

当該

中期経営計画の目標

としています。