サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

Zホールディングス→Yahooマルチビッグデータ

力が強いユーザーとはインフルエンサーのことでもある。

DX対応という意味は、力が弱い顧客ではダメだ、とわかる時代だという意味である。

株主の分析ソリューションが先日リリースされた。企業経営を中国と韓国とロシア連邦から守るためであろう。

LINEからYahooへの公式誘導機能ができそうだ。LINEに中国人や韓国人やロシア人がアクセスしている間はYahooのマルチビッグデータを用いる分析は危険なままとなる。この問題を解決するために中国からのアクセスは完全遮断。

日本が大儲けしようとすれば中国が韓国人を犯罪者にして攻め込み、バレると韓国人を処罰する正義ヅラを用いた侵略を起こす。

分析すると中国人を滅ぼせ、という結果になっていく。

バカは滅ぼさねばならぬ。バカ検出関数のテストをしなければ宇宙で邪悪な異星人に先制攻撃をかけるコトが難しくなるからである。

太陽系を宇宙陣地に変えるまでは、バカ検出関数のテストは欠かせない。

地球上からバカがいなくなれば、天才にアラートが鳴るように変わる。マルウェアがまったく無いネットワーク環境では、アラートがビナインウェアに鳴るのと同じロジックで鳴るのである。線引きを変えなくてはならない。

こうして、地球上の天才の列の1番後ろに並ぶ人のうしろに線が引かれることになるのである。地球人よりバカなら邪悪である、となれば邪悪な異星人を発見することは簡単になる。

宇宙植民地時代に向かっては、バカを滅ぼすことが重要になるので、LINEはコレからも中国からのアクセスは完全に遮断しなければならぬ。