サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

グラピコについて


ドクター・ペッパーはアラバマ州にあるグラピコを製造しているバッファロー・ロック社に強い関連を持つ。

ボドラーとはジュースの瓶詰め担当の企業のこと。グラピコとはアラバマ州で最も有名な炭酸グレープジュースである。

ドクター・ペッパーは大和市のヤマナカの方の業務スーパーでペットボトルの方は取り扱いがある。安価であった。10円はコストを減らすことができた。

グラピコは日本では飲めないジュースの1つである。炭酸グレープジュースの種類がやたらに多い日本だから? かもしれない。

世界中には謎めいたジュースが実在している。いろいろな伝承付きのジュースが。たとえば、飲んだらライオンに勝てた、という先祖の大好物の丸焼けにした獲物が食事のときに必ず飲んでいた、とかである。

また、ゴーストや幽霊と呼ばれる量子から物理的な実在に変わった生前の生命を持たない、現に死んでいる存在があるが、凄惨な伝説を引きづる死者のわりには人気がある理由は、願望を叶えてくれるから、らしい。別に祟られることもないうえに夢や希望の元になっている欲望のうち、歴史を動かしそうにない人畜無害な私利私欲に関しての願望を実現する、と。そういうことらしいのだが、人気は高い。見た目は恐ろしい。

ゴーストシップと英訳される幽霊船には、殺害されたときに血が飛び散り、その結果、血が混ざった飲み物や食い物ごと実在化する死者が実在しているらしい。だが、願望を叶えてくれるならハナシはまた別になるので、愛される死者はいるのは海でも変わらず、であった。

コレら願望を叶えてくれる恐ろしい見た目の死者を悪魔呼ばわりして人類から遠ざけようとしたバカな宗教家は中国人だ、と言えばいまどきは正確であろう。韓国人でもある、と言えば賛同者は世界中に広がる筈で、サイバー空間でもウザい、といえばロシア人も網羅することができる。


アラバマ州テキサス州エバラ焼肉のタレを流行らせるとどうなるのか?

グラピコはどこまで売り上げを伸ばすのか?

グラピコと本格的な焼肉料理は合いそうな気がするのだが。