サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

日本の不動産を侵略する殺し屋の中国人は、コロナ対策後の11月以降の襲撃と私は予想。酒を売らない施策の待望論が強まるか。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA138QY0T10C21A7000000/


大和市では、日本人になりすますマインドコントロール殺人部隊の中国軍の兵隊や韓国軍の兵隊が酒を持ってウロウロしていた。コレは5月の初旬のハナシである。


もともと暴走車両で特攻したり、物陰や建物の陰から車両で特攻する手口で日本人を殺しまわっている彼らについては、サイバー安保体制をどんどん強化することで対応できそうではある。だが、戦争とは勝利に乗じて連勝するものであるのだから、個人的な意見ではあるが、中国人と韓国人をバカにするために書くと、娯楽に関するあらゆる格差をつける、という日本の治安を維持する施策はタイヘン喜ばしい施策である。


バカな中国人と韓国人が酒を持ってウロウロし、サイバー攻撃や殺人などを繰り返しているのだから、11月にコロナウイルスを持って侵略してきそうな日本の不動産目当ての中国人には、このタイミングで酒の販売をお断りにする、と。そして、不動産屋は中国人と韓国人には売り渋りで対応する、と。


コロナウイルスを世界中に撒き散らした中国の侵略戦争の仕方は、細菌戦争といえるのだが、それならコロナウイルスに日本で感染させて帰国させて当たり前、という国防はタイヘン愉快な仕方である。


正義の名のもとに中国人と韓国人をブチ殺すことは、たいへん愉快なことなのである。


日本でコロナウイルス対策が行き届き、中国人が日本人のタクシードライバーコロナウイルスを感染させる前の平和を取り戻す、まずはコレ。


次の国防としては、奇襲をかけることである。

まさかコロナウイルスがまだ強い地域が日本にあるなんて! ・・・という思いをさせてこそ、隣の大陸と半島の南半分をバカにすることができるわけで。


ちなみに、

私のまわりにいる中国人と韓国人は、対中戦争のどさくさに紛れて両陣営に属する人民や軍人を殺しまわる詐欺師たちである。

大和の極道、と呼ばれるこのバカどもを皆殺しにしてこそ、対中戦争のための大陸分割統治作戦が気持ちよく実行できるというもの。バカな中国人とバカか韓国人を全員、破産させてミジンコに憧れる民族に変える、コレは新たな勝利のカタチであろうから、私は中国人と韓国人が量子の精神場経由でミジンコに変わり果てる将来を楽しみにしている。


さらに、

私のまわりにいる正義ヅラした中国人と韓国人の大和の極道がミジンコになってもならなくても国籍を失い、あらゆる日本の社会保障の利益を失い果てて、内ゲバを起こして自滅すると、もっと楽しいハナシ、と。


いま、日本国内に相続人がいない不動産がたくさんある。日本政府はさっそくコレらの不動産をちゃんとした不動産に変えるための施策を考えているところである。


そこで、今日の日経でアメリカの消費者物価が上昇した、というニュースを読んだ瞬間、正義を愛する日本人や外国の人民なら、当然、コスト高は豪華の表れ、ぐらいの低俗な経済意識の中国のPCやスマホがバカ高くなるんだろうナー、とeスポーツ好きになりそうな人類が増えそうだ、と思う筈だ、と私は予想したのである。


すげーゲーミングPCが自由を愛する諸国の3倍程度の定価になる中国人、韓国人。必ず、ゲームの達人は自由を愛する諸国から生まれる筈である。


ゲーミングPC、といえば、プレステ5を思い出さないだろうか?

私は、プレステ5が中国と韓国で相場操作のテスラの電気自動車並みの定価になれば良いのだが、と上記の日経の物価上昇率のニュースを読みながら思った次第である。


350万円相当の中国価格のプレステ5とそうではないプレステ定価国家。中国人と韓国人がゲーミングPCから逃げようとしても無駄なのである。


どこが中国人と韓国人と大和の極道の逃げ場なのか? 私は量子の精神場までの小宇宙でないか? とみている。


光に満ち溢れた美しい星々の小宇宙では、人類の願望を破壊する天体しかないのだが、ブラックホール超新星、星雲ガスあたりにバカどもを放り込むのはロジック上正しいような気がしている。バカはバカな場所で滅ぶなりバカな場所に瑕疵をつけるなどして消滅するようになっているわけで。大宇宙では、だが。ダークマターと人類は統合されている。あと数千億年は引き寄せの法則、というか統合されて人類は理想郷へ向かって進化していく。コレは本当。数千億年後には、引き剥がしの法則というか、分断の力が大宇宙から人類に送られるように変わるらしい。コレも本当らしい。


量子の精神場は正義が本質である。真理と換言できるのだが、ようは倫理である。


倫理が物理学的な姿になって、反射光を伴う実在となって人類に向かってやって来る。コレが愛と呼ばれるものである。


それは、高度すぎればタンパク質。そこまで進化しない愛であれば、栄養素。人類の自由を愛する部位である脳の中に大宇宙からやってきて入るカタチである。


大脳の新しい皮質は魂である。魂とは思考力のことで、感覚を受容できる部位である。


ここに愛がダークマターから栄養素として反射光を伴いながら、輝きながら入っていくのだが、それは母体を経由する仕方で入る。したがって、感覚が胎児に一つづつ芽生えるたびに、脳に感覚を処理する部位が生まれるのだが、そのタイミングで大宇宙から愛が入る、と。


その愛は、争いを好む性質を持っている。かつて、釈尊は戦士の対象であった。軍団を率いて宇宙の真理を説いて、それはいま金剛禅 少林寺拳法の教義として復活しているのだが、釈尊は武闘組織のリーダーであった。


武は争いを止める力のことである。


なんとなく、ダークマター釈尊の死後の意識や生前の意識で成長しているようなイメージが私にあるのだが、どうであろうか?


釈尊リンカーンアメリカ合衆国大統領のように正義を重んじる人の生前の意識は、大宇宙との統合があってこそ、星が生まれるようにずっと成長していった正しい意識の好例ではないだろうか?


消費者物価指数をはじめたくさんの経営指数や経済指数をみると、宇宙に叛いた謀反人とは、中国人と韓国人と大和の極道だ、とわかってくるのである。


ファンダメンタル分析は面白いやね。