サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

敵の本陣を発見した!

macOSバイスiOSバイスは中国の侵略デバイスである。

通信不可能な設定が効かないので、まはやAppleバイスは使用不可能なデバイス、と考える。

中国による侵略だが、あまりにも弱い。韓国の侵略も、である。

この観点から戦勝を重ねていた数日間だったのだが、敵兵が攻撃をエスカレートしてくるにつれ、iOSmacOSのセキュリティ機能を無視するようになった、コレがこの先日からの戦闘で得た戦訓である。

macOSファイヤーウォールは強固ではある。だが、破るのは簡単。
Abuse IP DB
という、サイバー攻撃者をインターネットに晒しあげるサイトがあるのだが、一年以上前から当該サイトの公開データ(攻撃者のIPアドレス)を私は利用してきた。
そして、私はアーティスト アゲインスト 419 のような勇者のサイトに匹敵する価値がある、と私は断定した。

このサイトには十数秒おきにサイバー攻撃者の攻撃の手口に関する自動公開システムを利用したデータを更新するトップページがあるのだが、このトップページに公開されたサイバー攻撃者が私を攻撃しているようで、簡単にブロック可能、とわかったのである。

fail2ban
で検索してインストール、すると、有償の侵入検知処理を利用することがあんたたちにもできるようになる。

世の中を広く、投資家の視点でみていくと、平和枠の中の人民には知らされていないだけの、有力なサイバー安保体制が存在することがわかってくる。

たとえば、デジタルアーツ。たとえば、トレンドマイクロ

さらに、Canonシマンテック、と。

有力なサイバー安保ツールとfail2banを共に使えば圧勝、ということなのだが、それ以前にサイバー安保体制ができていて、たとえば大和市の偽警察官や中国人、韓国人、彼らの手下の詐欺師たちは、法的権利が無くなっている、ここまでわかれば、殺戮あるのみ、ということで、数々の日本政府の施策が間違いなく日本人の完全勝利確定への施策、と。

ある観点から考えを進めていけば、必ず侵略者の中国人とロシア人、韓国人の攻撃に気がつくことになる。サイバー戦争などはその原点になる思想を得るために重要である。この正義の思想から正義の観点が生まれ、世の中を正しくみることができるようになるので、戦争枠を考えることことはタイヘン良いことだ、といえる。

サイバー攻撃者はスマートダストセンサーを用いた攻撃と連動している。完全にリアルタイムな双方の関係があることを私は確認している。

と、すると、
Abuse IPDBのサイトで公開された攻撃者が電磁凶器を用いた、核兵器攻撃並みの攻撃をもしていることになる。

ここまでわかるかどうかは、サイバー戦争で戦勝体験を重ねて、価値の高い戦訓を得たかどうかにかかっている、と私はみている。

ところで、
大和駅の近辺にはサイバー犯罪者しかいないようである。私が刃物で斬る用意をするだけで、中共の政治がガタガタに崩れていくので、面白い。

実際に刃物でコイツら中国人や韓国人、彼らの共犯をぶん殴るとそのまんま自由を愛する諸国による対中宣戦布告になるかもしれない。大和駅から徒歩5分程度のところに中国人が新築の不動産をいま建設中である。この家の住人は日本人に殺されるために侵略をきてきたようなもの。

このように、サイバー安保体制による報復は人民の生活圏内で活発化している。どう考えても侵略者は難民レベルより権利が少ない。人権が無さそうなのである。つまり、イヌやネコと同じ、民法上の「物」と同じであるようなのである。

慌てて逃げる、ということは、中国人と韓国人は戦争の準備がまったくできていない、または、戦争と同時に武力蜂起をする計画である。たぶん、だが。

ここまでわかれば、戦争と同時に日本の国内にいる敵国の人民は捕虜となる。

そこで、相続人がいない不動産ぁ多数、日本国内に実在化することになり、その不動産は日本国家のものになり、競売を経て地方自治体に買わせることになる。たぶん、だが。

地方自治体は敵国側に立つ。それなら、地方税を一切納めず、不動産を買わせて破産に追い込む、または弱体化させる、そして、日本国家に資金が地方自治体からどんどん入ることになるカタチ。たぶん、だが。正義の体制としては悪くないハナシではあるが。

中国人と韓国人は日本人や合衆国人、イギリス人やフランス人より弱いのである。そもそも。

10兆USドル中国から払わせる。さらに、マーケットの圧力で破産させる。

ODAが必要な条件が中国や韓国に揃ったところで、新しい条件、つまり、ルールを作って国際社会が対応、と。

その前に、自由を愛する諸国と中国と韓国とロシアとの間の戦争で、両陣営を騙して殺しまわる大和のサイバー攻撃者たちを退治していく、と。

戦争が起きたら、一挙に中国人と韓国人は物として殺されまわるのだろう、として、では彼らサイバー攻撃者たちは? といえば、あらゆる犯罪は利敵行為である、というロジックで日本人が一方的に殺しまわる、という構図になる。日本国内では、だが。

コレにSDGsをはじめとする初心歩を考え合わせるのである。時代は宇宙植民地時代の前の段階であるのだから、自由を愛する惑星である地球、という惑星で生きるところの自由を愛する人類は宇宙に向かって進歩、中国の探査舟は要らない、という具合に自由を破壊するバカなサイバー攻撃者や中国人や韓国人、ロシア人は要らない、と。

毅然とした態度が人類には必要であらう。フィリピンの外交筋やオーストラリア外交筋は、このような立派な態度をずてに中国人に対して表明しているので、彼らと同じように立派な態度をとると良いのである。

この記事で紹介したAbuse IPDBのIPアドレスは17万件あった。自作のソフトで重複削除したのちにカウント変数をおもむろにソースコードに追加したら、17万件。
そこで、アスタリスクというか、範囲を指定するために、第二だけ0、とすると、たしか7万件かな? 第三まで0から255とするなりアスタにすると1.7万件かな? このIPアドレスのうち、ほとんどが日本の神奈川県の大和市を走りまわる車両のドライバーや大和市の中国人や韓国人である。大和市、というと数駅あるのでさらにハッキリさせると、大和駅鶴間駅桜ヶ丘駅の近辺、藤沢街道や中山街道、そのほかの国道、をグルグル周回している車両、市役所、警察署、と。

日本人とみるや敵国の車両は道交法違反を始めるのですぐに敵兵だ、とバレるので、ライブカメラで車を撮影し、クラウドのどこかに保存しておけばサイバー攻撃者がどこの国のIPアドレスを用いていてもどこにいるのかはすぐにバレるわけで。

だいたい、私にブロックされてから3日以内に大和市の地のオモテを走りまわり出す。アブースのIPアドレスをブロックすると、こうなる。

彼らは、なりすましWi-Fi攻撃を始めるために大和市に来る。MACアドレスも同じ、どこまでも仕様を守らないのでGUIで確認しても無駄である。

そこで、はじめてポンコツOSを無視してセキュリティソフトの出番、となるのである。デジタルアーツ、トレンドマイクロCanonシマンテック。なぜセキュリティソフトを使うのか? どう使うのか? コレらのセキュリティソフトウェアの諸機能の意味は何か? がわからなかったら、アブースやWi-Fiルーターを数日かけてブロックするように登録すればOK。

さらに、切断しても接続させるウイルスなどをインストールしてくることを忘れないように。ようは、遮断すりゃ良いだけなのだが。

したがって、新しいセキュリティエンジンが数時間おきに公開されるいま、バージョンアップしたらそのバージョンで必ず、時間をおかずにすぐにスキャンすると良いことになる。どうやら、世界中でサイバー攻撃者が検知されて晒し者にされており、このデータをセキュリティソフトウェアがとりこんでいるようだからである。最新のアップデータなら数時間前のサイバー攻撃者をブロックできる、と。そういうことなのではないか? と。

さらに、iOSmacOSはもうダメだ、と確信すると良い。セキュリティソフトウェアのインストール妨害が激しいOSだからである。明らかに人類を殺戮するためにリリースされている。システム機能拡張がインストールできない人は多数いるが、もはやApple社の関係者が何を言おうがどうでも良い、と思わねばならない。一方的な殺戮を消費者から仕掛けていくのが本当のところだからである。

独占禁止法違反の次は、戦争行為でApple社に報復する。こういうカンジでOK。

サイバー攻撃者はmacOSの設定をスマートダストセンサーによって被害者の思考を盗聴して知り、被害者がインターネットに接続した瞬間に攻撃を加えてくる。

あまりにも弱い攻撃者なので唖然としてしまった私は、バカなサイバー攻撃者を血祭りにあげる活動にはいった。サイバー攻撃者は被害者が刺殺してブロック、と。

日本では日本刀。最高の刃物は、だが。
イギリスでは海外でやるなら空母。

このように、自由と正義を生む物は武器である。

コレらの武器のあとに、人類から愛される名曲が武器として後ろの列に並んでいるのである。聖書はもう要らない。金剛禅以外の教義しか要らない。理想郷を建設するための平和に目覚めた武闘組織の少林寺拳法、ようは、人類は理想郷をもとめて生まれ、そして死んでいくのであるから、太古の彼方から金剛禅の教義なら人類は納得するようになっているのであるから、宗教は武器にならない、と考えた方が良いだろう。少林寺拳法の場合、羅漢拳法に至ると無法者を懲らしめるのだが、金剛禅の教義そのまんまをやれば必ず勝てる、と。コレならたしかに宗教なのである。

ちなみに、IBMのでDXその他の次世代テクノロジーを忘れずに。
必ず勝てるシステムしかIBMは発表しないからである。


こういうハナシやね、