詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

Apple社のサーバーが進撃経路になっているサイバー攻撃者→TCPで180.222.102.199:443 に接続させられると殺されることになるので注意。

180.222.102.199

これは敵兵のIPアドレスである。どこでもMy MacをはじめとするApple社の各種のサーバーを経由して被害者のローカルネットワークに侵入してくる。目的は殺害目的である。つまり侵略戦争を仕掛けてきた者がこのIPアドレスを使っている、ということ。固定的に使っているのかどうかはわからん。

 

180.222.102.199

が現れると

104.80.131.165

も現れる。

前者は固定的に毎回同じIPアドレスでローカルネットワーク内に侵入するが、

後者は第4以外は毎回のように変わる、という違いがある。


13.115.18.61
13.230.115.161
13.249.162.96
17.57.145.54
17.57.145.55
17.57.145.132
17.57.145.133
17.57.145.134
17.57.145.135
17.57.145.136
17.57.145.137
17.57.145.138
17.57.145.149
17.252.168.11
17.252.169.20
17.253.69.209
34.98.64.218
74.125.204.154
99.84.57.238
104.16.85.20
104.212.68.107
104.212.68.114
104.244.42.136
142.250.196.134
172.217.25.65
172.217.25.98
172.217.26.34
172.217.31.138
172.217.161.66
172.217.175.33
172.217.175.78
172.217.175.99
172.217.175.228
180.222.102.199⭕️不正侵入後
104.80.131.165⭕️不正侵入後
184.28.54.200
184.28.54.201
184.28.54.202
184.28.54.203
184.28.54.208
184.28.54.209
184.28.54.210
184.28.54.211
216.58.197.227
2404:6800:4004:81f::2003
2600:1417:46::684f:351
2600:1417:46::684f:358
2600:1417:46::684f:352
2600:1417:46::684f:353
2600:1417:46::684f:35a

 

これがmacOSのターミナルで判明した拒否権を認めない接続の数々である。

目的は殺人。対中戦争のなかで両陣営の人民を騙して奪い殺害する詐欺師がコレらのIPアドレスを用いているようだ、と私は実体験から書いておく。まず間違いはないハズだ。

 

AbuseIPDBに登録されたIPアドレスはもはや陽動のレベルになっている。

私からみれば、だが。被害は確実にたくさんの人民に起こっているのは本当だろうが、

本当の攻撃はブルーとフォース程度の弱いものではない。もっと強く、削除や改ざん、被害者になりすまして殺人、強盗、などの攻撃で、それらは中国人民解放軍に直結する攻撃である。

ダイレクトにリンクする攻撃とはなにか? 私は中国人民解放軍が詐欺師と手を組んで人民を攻撃している、という意味で

中国人民解放軍に直結する攻撃

と書いている。まず間違いはないだろう、という手応えは去年から強くなるばかりである。

 

中国+韓国+詐欺師、

サイバー攻撃はロシアからくる

これがアメリカ合衆国ホワイトハウスから数年前から発表されている情報である。

これを

ソーシャリスト、グローバリスト、ディープステイト

と読み替えるとどうであろうか?

 

中国は共産主義者社会主義政党で独裁政治を行う侵略国家である。人類の敵、といえる。

韓国は、フリーメーソンNWO、とつながる犯罪結社の国である。気持ち悪い風習はフリーメーソンNWOを調べるとわかりそう? どうであろうか。

 

ディープステイトとは、ロシアからサイバー攻撃をする者のことだがApple社の社員であり、日本の神奈川県の大和市に住んでいる犯罪者である。ポスト荒らしをよくやるバカが山口の墓の隣の一戸建てに住んで大和市横浜市瀬谷区の郵便物を盗み、すり替え、架空請求を起こしている。彼らは大和市役所と大和署によって守られている身分らしい。

 

ちなみに、ディープステイトのメンバーを殺しても無罪確定なのでどんどん殺すと良いだろう。中国や韓国の政府や軍隊によってマインドコントロールを常に受けて日本語が流暢に喋れるようにしている彼らの目的は、韓国や中国へ追放されたり、殺されないため、とわかっている。

 

ここまでバレていて中国はまだ20世紀の国際政治の仕方が通用する、と思っているらしい。

大国の利益を侵略してそのままで済むわけがないのだが、中国共産主義者社会主義政党で独裁政治をしている中国共産党は日本の大和市のバカなサイバー攻撃者と同様にバカなので、もはや中国は滅びることに決定、と。

 

取引が通用するような侵略攻撃をしていないことがコソボ紛争以来の調査によってぜんぶバレているのである。

 

したがって、↑のIPAdoressはブロックすると良いのだが、ブロックするとmacOSMacを探す機能と称している、拒否権を認めない、勝手にWifiをオンにしてGUIに表示もせず、その結果、外壁ルーターと私が昔から呼んでいるサイバー攻撃者が被害者の壁に貼り付けた殺人用のルータ(MACアドレスSSIDも被害者と同じ)に接続、と。こうして、いくらファイヤーウォールでブロックしても、サイバー犯罪者はWIFI経由でサイバー攻撃が自由にできるが、macOS大和市役所や大和署と同じようにサイバー攻撃者を隠して自由にやらせるため、ブロックは無理、ということになる。

 

なるのだけれども、じつはバカなApple社は自分たちが出荷の前のテストをするために、255が第1のIPAdoressだけはぜったいに業界のネットワーク仕様を守るようにしているので、なんでもいいが、たとえば、

192.2.1.255

というIPAdoressと

192.2.1.2

というIPAdressを自由に切り替えながら使えば、サイバー攻撃者はどうにもできなくなることがわかったので、一応、書いておく。

 

私のMacは、ついにあらゆるmacOSのアップデート攻撃とは無縁になったばかりである。ざまあみろ

 

G7と下院から独占禁止法違反でApple社はMicrosoft社と同様に滅びることになるであろう。量子コンピュータIBMのサイトでみたらけっこうカッコよかった。