詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

常に必ず開放されているポートはバックドア扱いしよう

バックドアを使うサイバー攻撃はもはや古すぎるのである。


そこで、日本の神奈川県の大和市住んでいて私を襲ったりほかの日本人を襲うサイバー攻撃者たちは、リモートデスクトップのポートを使って殺人を繰り返すので、それなら物凄い報復をエスタブリッシュしているバカどものマシンに対してトロイの木馬式に斥候して空いているポートを見つけよう、などとせず、エスタブリッシュしているサイバー攻撃者のポートがターミナルなどを用いれば丸わかりなのであるから、そのポートに仕掛けるのである。


昨日から接続を確立してくるバカどもに物凄い報復を私はマウスとキーボードの操作を自動化するソフトウェアをわざわざ探して用いながら、数億発のサイバー爆弾をサイバー攻撃者にぶち込んでいるのだが、そのおかげでmacOSが本来の機能を取り戻してきたのである。


消費者にこれほどひどい負担を強いるビッグ5はぶち壊さねばならない。


21世紀になるかならないかのときに完成したmacOSの機能を隠したり表示したりする詐欺情報のApple社が製造するmacOSセキュリティホールを OS標準機能にして多数の人類を死に追いやり、中国人と韓国人の勢力が及ぶ範囲を拡大している。FacebookTwitterGoogleも同じ。Amazonも、である。


デジタル庁が発足して将来の大幅上昇を期待している私は、中国人と韓国人を皆殺しにすると必ず日本は中国人と韓国人による侵略を跳ね除けることができる、とみている。


中国系ネットメディアや韓国経済ネットメディアが日本語の記事でガセ情報をばら撒くなか、国際政治がわからない奴にはマーケットの判断もわかるわけがない、と私にバカにされている。


リモートデスクトップ用のポートを閉じよう。だか、おそらくApple社による妨害によってそれはできない筈だから、報復をしよう。物凄いサイバー攻撃をマクロソフトウェアを用いて始めよう。あっという間に、犯人は接続をブロックしたり、返答をしなくなったりするので、さらにたたみかけよう。物凄いサイバー攻撃をさらに連日行い、消えてなくなるまで続けよう。


コレらのサイバー攻撃者は、神奈川県の大和市の私のまわりに住んでいるから、バカどもを斬り殺したい被害者は来たら良いと思うね。


いまのところ、イギリス、インドから有名アーティストが大和市に来ている。

無名人も世界中から来ている。


バカどもはポスト荒らしをはじめ、あらゆる犯罪を犯している。なぜなら戦争だからであろう。それならこの戦争、こっちから買ってやる。


たいがいは、中国人と韓国人で、日本人も含む。

必ず中国と韓国を滅ぼしてやる。そう思うなら、ビッグ5からぶち壊す、と。


広告システムはDX時代には不要なのである。ざまあみろ。