詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

とんしんOSのCPUはx86系

https://www.uniontech.com/next/product/desktop-system?edition=Personal

️OSの外観について

自由を愛する諸国の人民にまかせた

マルウェアについて

x86系に強いマルウェア製造者にまかせた

️調査

とんしんOSは中国のハイテク企業のとんしんナントカという名前の会社が製造したOSで、3種類ぐらいの中国製CPUで動かすことができるらしいことがわかった。

タスクバーとDockを合わせると真ん中にアイコンが現れるタスクバーになる、という結論を得たとんしんナントカ社は、そのとおりにOSを設計した。

真ん中に邪魔がある

そういうカンジやね。使いやすいのかね? Dockとか一時期シェアウェアで旧来のMacOSシェアウェアから始まったランチャーソフトウェアだった。いまもmacOSに搭載されているのだが、アレ、いまとなっては邪魔じゃないかい?

小さくして使っているけど邪魔。隅っこにどかそうとするコマンドはAppleに潰された模様。邪魔だから消したいね。個人的には。

このmacOSより邪魔なとんしんタスクバー。たぶんそれしかアプリを手動で起動しない中国人が大勢あらわれそうだ。

スマホと連携してなんかできるらしい。この点、リモートデスクトップなのでは?

と、すると、

中国のPCのCPUが判明しつつあり、さらに、ルートキットが大好物にしているCPUだ、までわかってきたいま、はたして中国人は自由を知らずにいるわけだからどういうアンチウイルスソフトウェアを好むのか? である。

他人に支配されて当たり前の中間管理職どまりで完成されている中国人は、ルートキットでPCをハイジャックされても平気なのかもしれない。

タスクバーの真ん中

にアイコンが集まる「とんしんOS」のGUIの有り様の意味がだんだんわかってくるネ