詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

低PER 割安銘柄 損を抱えてマーケットを去っていく投資家は、銘柄に対して割安感しか感じないようにそもそも完成された人のことである これを日本HPの、訳あり 大安売り 即売り切れ セールから解釈する

https://jp.ext.hp.com/campaign/personal/others/outlet

東証もプレミアムからの3段階マーケットに来年、変わる。

いろいろ日本HPの価値を私は見直したのである。昔からカッコいいラップトップPCは日本HPから発売されていた。

Appleもそうだし日本HPもそうなのだが、どうみてもマーケット用語から広告を打っている。

前者は薄利多売、後者は直販。どこまで安くなるのか? 前者はこれ以上安くすると赤字に転落する。後者はそうでもない。

そんなに投資家の目線で販売したいなら、というわけで私も乗ってみた。
すると、
低いPERなら割安だ、と信じている(間違いではないけれども)軽い足取りで崖っぷちを闊歩する愚か者の投資家は、たぶん日本HPのラップトップPCだったら幸せになることができる。株価は将来の業績で決まるのだが、いくらなんでもPERだけしか信じないというのは・・・。

そういうバカな投資家がマーケットから去ることになるのだが、救いの一手は日本HP。裏切られても自力だけで立ち直れるバカなタイプであれば、Apple。弱っている人を見つけると襲いかかるからである。

ようは、安い高性能なPCを低PERと考えると、安くてよかったあ、となる場合が日本HP。ただし、WindowsPCなのでサイバー攻撃を食らったらmacOSバイスと比較することができないほど弱い。自殺願望がある投資家なら、コッチやね。救われてから、運用中に戦死する、と。

では、おなじく低PERのAppleバイスを買いたい自殺願望がある投資家は? そりゃAppleにOSのバージョンアップ攻撃でクタばることになるのだから、サイバー攻撃者より有名なApple社から攻撃された方がまだマシだ、と思うのなら、コッチやね。


そして、
勝ち組はPERの他にROEはもちろん、あらゆる角度から銘柄、つまりここではラップトップPCなのだが、PCを研究して勝ってマーケットに希望と共に残留することができるのであるのだから、なんのCPUを、どれくらいのストレージ容量とスピードで、どれくらいの短い時間内に作業を完成させるのかをメモリ容量で計算しなければならないことになっている。

そこで、
トレードPCの6画面とか4画面とか2画面とかの構成を見て、それならモニターを書い足そう、とかいろいろ投資で勝つためのPC選びの術を思いつくことにならないか? と私は考えたのである。

訳あり、とはいったいどんなワケなのか? ←コレ

日本HPのオンラインマーケットのサイトを訪れるなら、まっさきにキャンペーンコーナーを見なければならぬ。どんな理由かを見抜いた上でさらに安くなったPCを買う体験ができるからである。

日本HPのオンラインマーケットのサイトは、投資家精神に満たされているのでオモシロイと思うんだよな。どんな理由かはわかる場合もあるが、難易度が高いキャンペーンがあるので、ソレは考えるところかな? と。

第11世代のCore系で固めたラインナップしか相手にしない、という人もいるだろうがけれども、死なないように投資で勝つためには、割安なのかどうか? コレを見抜かねば良い買い物体験に発展しないので、考え抜いて買う体験を楽しむために当該マーケットサイトを訪れると良いだろう。

マーケット的には、売れる要素はコレとコレ、と決まっているのでソレを製品に反映する。だから、購入者が考えるポイントは、まさに割安なのかどうか? もし、将来、買った当時の性能のわりには利用できるシーンが多かったりしたら?

そういう体験をしている将来の時点からいまのキャンペーンページを読むのである。すると、割安なイメージがある値引きモデルがあった場合、じゃあもう一台となるのか、頑張ってもっと高いヤツにして一台にするのか、それとも、将来、意外な利用シーンの豊富さを期待してこだわりのPCがワケありになるまで待つのか、など、いろいろあるのである。

意外に、昔のCore i5のCPUが搭載されているMacのラップトップは、知恵さえしぼればサイバー戦争に勝つことができるデバイスに変わる。かなりタイヘンな準備期間があるけども。

いまも総攻撃を受けて4時間も戦ってしまった。いろいろ守りを固め直して、じゃあ報復するかあ、というノリでメッチャクチャ報復したので、攻撃に1時間、防御に5時間かな? キョロちゃんの法則というか金と銀の枚数のロジックどおりの戦局の進み方となった、と。だからなんだ、というと、大規模な敵兵のサーバー機(たぶん、Corei9が乗っている)をドカスカダウンさせたと思うわあ。ターミナルで見ているかぎり、無断でエスタブリッシュしやがって操作妨害、そのほかの妨害をしていたのに消滅したからね。そういうことかな? と私は思った、と。

反撃されることがまったく無いことを前提にした韓国軍と中国の人民軍のしわざであろう、と予想するが、本当にコイツら弱い。

このように、防御に徹すると昔のCPUでも知恵さえあるだけでけっこう耐えられるのである。マウスの操作が不愉快を覚える程度に妨害される程度かな? データを盗まれたかもしれんが。まあその程度でMacBook Airは一度も撃破されることがなかった。反撃をいっさいしないで5時間も。

あとは、気軽に軽い気持ちでとんでもないレベルの攻撃をするだけで、敵軍は通信帯域を失い、さらに、ずっとメモリを攻撃されるらしいので、なんど再起動してもすぐにダウンするらしい。見たことがないので私はよく敵兵に加えられた攻撃による被害の程度がわからんが、かなり深刻なダメージを受けているらしい、とか。そうなのかあ、と私は思いながら気楽に報復を重ねた。すると、すべての接続確立しやがって不審な通信の宛先サーバーが消えて失くなった、と。ざまあみろ。

この戦勝体験を最新の、11世代のCPUで・・・。かなり魅力的だと思うんだよね。防御の仕方がわかってきたら、あとは勝ち方を知れば良いだけで。敵兵によってこの勝ち方は変わるけどね。勝ち方さえ知っていれば、敵兵が何をやってこようが、無視してこっちのペースで撃ちまくれば良いだけで。攻撃は最大の防御である、というかなんというか、敵兵は防御力が貧弱らしい、といおうか。

ここまでわかった♪

敵兵は防御力が貧弱である。ゼロ戦みたいなカンジかもしれん。防御より攻撃を重視しすぎてすぐに火を吹く、すぐに撃墜される。太平洋戦争勃発時の最初の頃はともかく、後半になると撃墜されやすい、ヤワな戦闘機、といわれるようになったのだが、そのゼロ戦みたいなカンジなのである。敵兵は、だが。

なんとなく、最近、襲ってくる敵兵の実力が見えてきた。macOSに戦場を変えて良かった。そのうえに、安いPCが実在することがわかったので、ノリノリになっている。

なんか買ってみ? 勝ち方を知っているサイバー戦士であれば、どのモデルを選ぶのか? マチェットのようなイメージでみて買うのか、日本刀やマシンガンのようなイメージか、レーザー砲のイメージで買うのか?

いろいろあると思うね。正解になるような買い物体験をしてもらいたいものである。