詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

デジタル改革は平塚児童相談所の副署長の人肉食いのかわもとを殺すことができる改革かどうか? 殺せこんな奴。

デジタル改革

デジタル化を実現し、ポストコロナの新しい社会をつくります。

ポストコロナ禍相場をUSAによる対中貿易戦争の観点から縦割廃止で儲ける

デジタル改革

ポストコロナ禍相場でデジタル改革の観点から求める銘柄を探す。はたしてあるかどうか? なくてもあってもどうでも良い、それが人民。そのうち、レッツノートパナソニックの広告のノリそのまんまで使っている人たちは、この点についてはこだわる。

日本国民には、

人民と投資家の二種類がある。

そこで、国民の皆様も一丸となって・・・という菅首相の公式コメントを当てはめて市場を分析するのである。ファンダメンタル分析テクニカル分析を超える分析が必要、というわけである。投資は難しいやネ。

一丸となった日本国民と投資家は、デジタル改革でIIJとかすぐに思い浮かぶのではないか? 半導体銘柄とか。バッテリー銘柄とか。DX銘柄までいくかどうかは難しいが、少なくてもトヨタ自とかパナソニクにはバッテリー関連からいけそうだし、火薬から細谷株にいくのはありだろうし、マンガンまでいくのも、CCUDにいく? のもありだろうが、どこにお宝があるのか? コレがもっとも重要であろうから、たとえ一眼の独眼になってもぜったいに焦点をズラしてはならない、というのは投資家だけで。一丸となっても、差があっても、苦労をわかってもらえなくても、投資家なら前しか見えない目玉をつけて風来坊になるのはもう古いから、新しいテレワークコロナ対策坊主になる、とかアリかな? よくわからんが。

デジタル改革をナメたらいかん。縦割り川本(平塚児童相談所で犯罪を隠すために東芝の役員のように内うちで決めた仲間にしか通じないルールで人民を攻撃して在籍確認すら断る敵兵)対策もこの政治的圧力で自然に解決、と。

私を狙っているだけではダメだということが続々とわかってくると思うね。疑義注意、ときたら縦割りだな、じゃああいつだな、じゃあ本名と勤務場所をさらしあげなくっちゃ、となるのが私だが、なぜそうするのか? ということは書かないでおく。

死ね県庁職員。なんなら地方自治体も滅びろ。

中国人と韓国人どもメ。インターネット時代は誰が正義のために殺しまわるのかわからない時代なのである。

オマエらと同じ手口で報復してやる

ザマアミロ 死ね