詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

サイバー攻撃で決算発表を妨害>強制延期

https://www.nippn.co.jp/topics/detail/__icsFiles/afieldfile/2021/08/05/20210805.pdf


中国人と韓国人と日本人のいずれかで、
かつ、
アメリカ合衆国に入国していた者で、
かつ、
合衆国人に追い払われた者

である。

合衆国では中国人や韓国人や日本人に対するヘイトが始まっている。
私を襲撃するサイバー攻撃者はコレらサイバー犯罪ほか、スマートダストを用いた洗脳、幻覚、幻聴を起こす攻撃などもしている。

旧約聖書の天変地異をそのまま犯行計画に用いて実行しているが、それはスマートダストを用いれば可能になる。
スマートダスト、ときいて家電製品しか思い浮かばないならForbesのサイトでカリフォルニア州バークレー高が開発しているセンサーの方を知ることが重要。脳波を無線式のセンサーを介して義手義足を動かすことができるブレインコントロールテクノロジー、コレは日本ではスマートセンサーを用いて街の中での人の動き(動線)を調べてビジネスなどに用いるビッグデータとして使ったり、犯罪や動線データとはまったく異なるが、家電ビジネスのセンサーとして用いる。

だが、テクノロジーを知れば、家電に使うプロトコルがジグビーでないので、スマートセンサーとは医療に用いるスマートダストとはまったく異なるモノ、とわかる筈である。

もともと、ブレインコントロールについてはオバマアメリカ合衆国大統領が進めた「オバマ・ブレイン・イニシアティブ」に参加した企業や個人の研究者の成果を表現するテクノロジー名であった。それらのうちには入らない使い方を中国人や韓国人や日本人がアメリカのこれらの研究者とともに働く身分を得て、その技術を彼らの本体(中国共産党なども含む社会主義者、グローバリスト、国際的巨大犯罪組織のディープステイト)にもたらしていた、これが今日、私を襲う犯人の手口となっているのだが、おそらくレオパレスやニッフンを襲ったサイバー攻撃者はこの犯罪テクノロジー核兵器並の被害をもたらすもの、とオバマ元大統領はコメントしていたらしい)があるから必ず戦争に勝てる、と計算して襲っているはずである。だが、彼らの持つスマートダストはポンコツである。

ポンコツである、という意味は、被害者が身体をウスノロに変えられてしまえばはじめて攻撃が成功するからである。
スティック状の身体の者なら多数いる。体型がずんぐりしていようがいまいが身体をすばやくねじることができない身体なら、スティック状の身体である。

私は一瞬にしてこのような身体にいきなり変えられてしまった。いま数年間かけて鍛え抜いた体へ戻し終わりそうになっているところである。
このような身体にさせられた者は有名、無名を問わずたくさんいる。はじめて書くが、目、鼻が動かせない人はみんなスティック状の身体に変えられている最中である。わからないかもしれないが、たとえば有名人でいえば、元モーニング娘。の一期生であった後藤、辻、このあたりの顔をみればわかる。いずれウスノロの身体に変えられる。

同じように、ブリトニーというアメリカ合衆国の、私と同じような不幸を負っている有名ミュージシャンもである。

私がいきなり不自然な、他人のような、しかもウスノロの身体に変えられたことを数年前からTwitterで報告してきたが、その結果、中国人と韓国人と日本人が犯人だ、と世界中がわかってきた、と。

韓国と湖北省が入国制限をされている。韓国は世界中の100カ国を超える数の国々から入国制限を受けている。

中国はタリバンの勝利に祝福のコメントを公式に出した。私がみるかぎり、彼らの侵略戦争の計画はすべてバレている。なぜなら、スマートダストをばら撒いたことで犯人自身の思考もジグビープロトコルバイスによって盗聴されることになったからである。

タリバンアフガニスタンをあっという間に支配したが、コレで中国は西にも東にも強力な報復を受ける立場になった。
壁をさらに陸路に設ける理由が必要なのである。インドがいるし、アメリカと日本もいるし、尖閣近辺にはフランス軍もきたし、アメリカ海軍の巨大レーザー砲を兵装にもつ強力な護衛艦もいる、自衛隊の離島奪回担当部隊も特訓中である。

こうして、東と西をウロウロさせれば中国は石油の備蓄量が減る、と。石炭にせよ発電システムにせよ、すべてが地球を破壊しようとするモノばかりの中国に対して、石炭をもっと安く売らせて発電システムは(操作は簡単らしい。古すぎるからであろう)売れなくなる、と。

旧約聖書をモチーフにした攻撃をするなら、ハンムラビ法典に明文化された人類初の罪刑法定主義
目には目を
歯には歯を
のとおりに中国の三峡ダムを襲って湖北省、貴州、中共北京直轄地、そのほか、長大な川である長江や揚子江の流域をも襲って滅ぼそう、と。こういう作戦なのだろうが、タリバンはたぶん、イスラムジハードやハマスと同じく、人類に愛されるタリバンにならないとインターネットで儲けられない、死ぬしかない、まで追い詰められていることを自覚しているはずである。当面は中国とロシアとサウジアラビアパキスタンに頼る外交になりそうだが、すでに世界中は先に進んでいるので、文句をつけることはないだろう。勝手に滅びる方向のタリバン、そのほか、となっているからである。

ここまでわかれば、サーバー機を強化することにサイバー犯罪者以外の日本人は日本列島とその周辺の日本の勢力の及ぶ場所で専念しなければならなくなる。

サーバーをクラックするのだから、ポートスキャンや不正侵入をサーバーのポートから行っているのだろう、それならたぶん、その犯罪ツールは、メールからルートキットのインストール、または、サーバーのポートをクライアント役に変えた、ということができるツールである。それなら、サーバーのポートをリッスンしなくなったら、リッスン状態に戻す、というスクリプトを書いておけばよいのである。Ciscoのネットワーク機器ならスクリプトでこの程度のことは簡単にできる。

ようは、サーバーのポートをクライアント役にできなければ、なんにも攻撃ができないという弱いバカがサイバー攻撃者なのである。システムの復旧とかニッフンが頑張っているのだが、じつは、サーバークライアント型にして決算発表妨害をしてマーケットを妨害したのだが、とっくにポートをサーバー役に戻して逃げているのだから、システムの復旧作業のなかで、
「ポート監視スクリプトをインストール」
「ポートがクライアント役に犯人に変えられたらすぐさまリッスン状態を持つことができるサーバー役に戻す」
コレが抜けているはずだ。いくらネットワークエンジニアが優秀でも、Microsoft社やApple社などを簡単に追い越す優秀さがなければならない。投資家は怒りまくっているのである。だれに? といえばサイバー攻撃者に対して、だが。

しかし、ネットワークエンジニアにも激怒している投資家は多い。どれだけ投資家は必死なのか、わからないなら殺してやる、ぐらいは考えている。私も最近、投資を研究しているのだが、レッツノート式に勝つ投資家になる方向で研究してくと、かなりタイヘン。

したがって、ポートをサーバーマシンに変えることができるノートPCしか買わない、と決心をすればハナシは簡単である。レッツノートはサーバーノート機では? 40万円近くする価格なのだし。攻撃システムのクライアント役に強制的にさせることができなければ、サイバー攻撃者はまったく恐れなくてOK。

もし、クライアント機しか買えないのであれば、32GBのメモリは必要であろう。Javaで数行のコードを書くだけでポートはサーバー役になる。クライアント役にできなければサイバー犯罪者は犯罪botネットに組み込む。だから、自分のルーターやPCからアウトした通信以外はブロック、と。コレでバカは私に連敗しているのだが、まもなく左側頭部なりをレーザー銃で狙撃されて殺されるはずである。中国人なら湖北省からきているバカである。中国系SNSFacebookに彼らは動画を載せて自らも登場しているのだが、バカな顔だからすぐにバカだとわかるはずである。

彼らは必ず大阪府から神奈川県の大和市の深見小学校の周辺に盗んだり買ったりした不動産があるのでやってくる。

たぶん、レオパレスやニッフンで起こった不自然な不幸を作ったバカは、私が住む深見小学校の近くからみて
すぐ近く
に住んでいる奴らである。だから、こっちに来れば犯人がわかると思うね。