詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

ドローン輸送、香川県で実現。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0107dde6b1fa486458db8280263e28f946665dac

ぜったい出現する。写真撮影を頼む客が。
ドローンの下に壊れても惜しくないカメラをつけて写真撮影。動画はダメ、という契約でないとかもめやが窮地に陥ってしまう。

ふだん誰もいない海域なのに・・・

瀬戸内海は海賊魂を持った渡辺綱鬼斬伝説のつわもの。渡辺の荘にいた。ついでに私の先祖もいた。この地は藤原式家の領地だったらしい。渡辺部隊が海から持ってきたブンドリ品と私の先祖が奈良県から安く買ってきたスゲー刀と交換したりしていたらしい。もし旨かったら京都へ、藤原家が美味いと思ったら天皇家へ、という具合らしい)の祖先(これもまたツワモノばかりであったらしい)が暴れていた海域である。海流がはやいらしい。よく知らんが。壇ノ浦はともかく瀬戸内海は意外にオモシロイ速さの海域を持つ海なのである。

この海域には離れ島がある。少林寺拳法の合田先生(引退完了の身なので押しかけてもいない。タオル工場の社長である。道場を一人で片腕で完成させたtuwamonoである、と先輩から教えてもらった)も住んでいたらしい。

この離れ島の間は美しい海なのだが、ドサクサにまぎれて自分の配偶者をモーターボットにくくりつけた魚網の中に放り込んで快速海上引きまわしなどをする者がいた。夜になると真っ暗になるらしい。島の影から快速モーターボートが走っていたら、高速船と間違われると撃沈される現在では、けっこうオモシロイ海域にみえるはずである。ハタからこのような現場を目撃した人からは、だが。

ドローンは第6世代の戦闘機に採用されるテクノロジーである。現在、ロシア空軍のスホイ57がドローン化を目指して研究中らしい。あのデカい戦闘機が無人無人ならどこまでやれるのか? アクロバティックな飛行は昨日の記事に書いたがスーパーカー ブロンディの動画にあるとおり、けっこう人気があるジャンルである。

そのため、対中戦争ではドッグファイトが凄そうである。たぶん、ものすごい速さで艦砲射撃を繰り返すガミラス駆逐艦の一列のような5機編隊で1機ずつ上から列をなして攻撃しては離脱、とかをものすごい速さで。

実戦の戦闘に負けないでいられるのは宇宙戦艦ヤマトをパクったらしいYouTuberのガミラス駆逐艦アニメ動画だけとなろう。


ではまた♪