サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

ようはポートが重要なのである。リモートデスクトップ・・・コレで優劣がつくと思っていたらバカだと断定される筈だ。macOSとWindowsServerの優劣とは

優劣の差はあった。サイバー攻撃者の攻撃によって殺害されないためのポート防御についての機能に優劣の差をみることができるのである。

macOS serverの方が優れている。だが僅差。

Windowsサーバー2019の解説で

ポート

TCP UDP

次へ

というガッカリ化。もうイラネ。

これに対してmacOS serverは、いちおうはもう少しあるらしい。だが、いつものようにハッキリ書かれていない説明なので、ただの広告レベルの説明を読んだあと、また調べさせられるのかあ、とガッカリすることYahooのマルチビッグデータ解説記事のごとし。

なぜIBMと比較して比較にならない差をAppleMicrosoftと、記事には関係がないにせよ日本のYahoo!も加えるが、つけられたのだろうか?

独占禁止法違反をするから差をつけられる、そもそもテクノロジーがわかっていない

なんかPythonが人気が出てきた理由がわかる。Javaがオラクル社の内部で広告精神をつけて調べにくくなったからであろう。そもそもJavaと比較できる開発体験が得られるとしたらPythonやね。ポートの管理だけでこのように私は書くが。

それでも、JavaPythonが圧倒的に使いやすいことは本当。ポートをサーバー役にするだけなら0円、時間にして30分、コードを書く時間がそのうちの10分? もっと少ないかも。いちおう、たくさん書いたがそれでも数行だからね。accept()で。メモリが少ないから増やさなければ・・・と思ってまた買うのかあ、と憂鬱になっていたのだがもうイラネ。

レッツノートのwindowsProインストールにしても疑問が大いに残るものである。Windows Server2019をインストールしているラップトップPCならともかく、Proだとクライアント機なんだよな。ようは。ホームよりリモートアクセス機能が充実しただけで。コレならイラネ。

と、すると、

モバイルルーター15000円と、まあ必要があれば・・・だが、クレードルも20000円以内で余裕で揃えるこのセットのポートマッピング機能があれば別に新しいOSなんかイラネ、が正解となるのである。この場合は、JavaPythonのコーディングでSocketプログラムを正しく書けなくてもOK。使わないでしょ? だからルーターのポートマッピングだけでOKかと。

とはいえ、すべてのプロトコルを知恵を用いて流さないとダメで、さっきから数個のプロトコルマッピングして様子をみているのだが、頻繁に不正侵入されていることがわかる。ポートがJavaですべてサーバー役のポートにするにはメモリが足りないからどうしようもないのだが、明らかにプロトコルを遮断する意味でのポートマッピングは防御効果が高い。たしか、50個のプロトコルがあってポートマッピングの機能に指定することができるのだが、たしか・・・35個以上を1つのIPに設定するような書き方を設定画面のポートマッピング機能設定画面で行うと、工場出荷状態に戻すことができないこのモバイルルーターが起動と再起動を連続するようになるので(私の場合は、だが)、か35個以上設定するなら(正確には40個はセーフだったし。私の場合は、だが)修理代金の確保が必要になる可能性が高いと考えて設定しないとダメだと私は思う。

そこで、大和駅の近くにある方のノジマのギガ光だかなんかを契約すると9万ポイントがついてくる、というサービスを思い出すと良いことになるのかな? と。モバイルルーターが壊れたら通信契約を解約してコッチにする、と。当然だが、未契約者に限るハナシだが、まあ乗り換えとかはアリかもしれんから限定は難しいかな? とは私は思っている。バカバカしいから解約だけでOK、と思うならソレで。私は自由を尊ぶからそのように考える。まあ自由に決定すると良いだろうということは確かである。

サーバークライアント型文明は中国と韓国と日本が考え出した謀略によって運営された文明のような気がする。サイバー攻撃を受けたら必ず負けるように作ってあるように見えてきた。ようはサーバーマシンがありゃいいだけなのだが・・・。正直、30万円ぐらいの中古のサーバーで大丈夫なのでは? コレにセキュリティソフトウェアを組み込んだ丸ごとセキュリティ設計をしていれば。丸紅みたいに。それならサイバー攻撃に勝つことはできる。そのかわり、ルートキットマルウェア、裏切り者の内部犯行者の実在に対してまだちょっと弱いような気がする。あくまでそういう印象を持っているだけなので事実はその私の印象の逆なのだが、どうもこうもああもデータが漏洩していると弱いイメージが・・・。

コレが人類を裏切ったバカどもの広告戦略なのである。本気を出すと数行のJavaソースコードで抜かれるようなOSやその他のソフトウェア、アプリケーションにはもう用はなくなった、と。あとはIBMの量子汎用機の完成待ちで、と。

たぶん、サーバー役になることを知った人は21世紀になっていきなりトップレベルの人類の構成者になると思うね。あと10年はたぶんそのまんまリーダー格でしょ? 量子コンピューターが販売されたらどうなのか? とは思うが。どうせ広告屋のバカがクライアント機を販売する世の中のまんまかな? とはニヤニヤしながら予想はできる。サーバーマシン化しなきゃ嘘だわあ