サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

反撃ルートを選択する > メールの受信ができない人はこのルートを確保すると良い > 簡単なやり方

テザリングが選択方法を提供する。テザリングをするなら・・・まあiPhoneとかが良いのでは? まあそのあたりは被害者個々人の実力によって決めることではあるが。

テザリングmacOSiOSバイス(iPadOSでも良いかもしれん)の間で行い、たとえば、

Bluetoothだとメールが受信できないみたいだ

とわかったら、

Wi-Fiに替えてみるかあ

と悟るような癖をつけておく、と。このような習慣が反撃ルートの確保に通じる行為になるのである。

反撃ルートになる通信経路をテザリングで簡単に

なんでもいいからテザリング、と覚えておくと良い。ログが残るような努力は必要かもしれないのだが、遮断しなくてもメールが受信できればよい、ということなら反撃ルートを確保したいだけ、という目的にも通じるのでそれならそれでOK。ログはイラネからとにかくメールの受信ができるようなテザリング方法を採る、と。

これだけで反撃ルート確保完了なのである。敵兵はBluetoothWi-Fi、USB接続によるネットワークの切り替えに対応できない。敵兵はテケトーに進撃ルートを選ぶだけなのである。そこで、敵兵の推測が的中してしまった、とわかったらすぐにネットワークを切り替えると良いのである。敵兵は消え、メールが受信できるようになる。つまり、敵兵は中間者攻撃をしていたのだな、とわかるというか。

まあ、こんなカンジやね。日本のサイバーセキュリティ企業のサイトやブログは30年前の情報しか出さない。つまり、サイバー攻撃者のPCで公開された攻撃端末のサイトだ、とわかる。だから、まあ、そのへんは戦勝体験を増やす方向でいればだんだんわかってくるかな? と。

ところで、macOSのシステム設定アプリケーションがApple社の署名を受けていなさそうだ、という件についてだが、たぶん、バグだらけにしか見えないのでおそらくニセモノがサイバー攻撃者にインストールされたな、というように私は考え始めている。それならそれで追跡が簡単になるのでまもなくこのサイバー攻撃者のIPアドレスを公開できると思う。

ディスクユーティリティアプリケーションは本当に強い。macOSバイスのデスクトップ画面を改ざんされたりしても瞬時に直すし、バグをかかえたセキュリティソフトウェアの画面での作業でもエラーならエラーで入力前、編集前の段階にすぐに戻す。これは本当に助かる機能である。

ちなみに、日本の証券会社とメガバングは根性をすえてセキュリティを強めているらしい。私のサイバー陣地ver2.0はまだ完成していないのだが、それでもほとんどのウェブサイトはブロックできており、フェイクサイトやフィッシング詐欺サイトだけではなくウザい広告通信やFacebookTwitterによる攻撃もブロックできているぐらい、ガッチリ強化されているのだが、ちゃんとつながるからね。なかなか優れたセキュリティである。メガバンクというが三井住友銀行しか確認していない。一応、書いておく。証券会社も通信OKだった。5大証券会社のうち1社しか確認していないが三井住友系のアソコ、と書けばわかる筈。けっこう、セキュリティは世界一レベルである。なんか困ったら三井住友、三井、住友、で解決しそうだ。ソニー銀行、でも良いのだがまだプレステでカネを稼げないのだから迷わず三井住友。とにかく騙されずに済むからである。もし、三井住友グループのどこかを騙る詐欺サイトや詐欺メールに困っている人がいたら、とっととmacOSバイスを購入し、そのうえでESETあたりをインストールできるものならインストールし(ビッグサーだとインストールができない。11.5.1以降の場合だが。ちなみに販売中のmacOSバイスはすべてビッグサーの11.5.2がインストールされているのでは? その場合はネット決済用に中古のMac、というカンジやね。High Sierra以降ならOK。セキュリティソフトウェアがインストールできるから。その代わり、ビッグサーよりセキュリティパワーは低いのでインストールできたからよかった、では済まないことを覚えておくと良いだろう。High Sierra以降のmacOSではビッグサーの11.5.2が最強なのである)、インストールに成功したらあとは必死で多大な時間的コストをも払いながらブラックリストを構築する、と。そこまでいくと、そうとう強くなるから私はブラックリストの強化を推奨する。サイバー戦争にも参戦できるし、勝てるからね。自衛隊とか韓国軍とか人民解放軍とかイスラエル軍に。確かめたわけではないけど私を襲うやつらは明らかに人類の敵ばかりなので)。

最後に書いておくと、日本の通信事業者は騙すから契約するならApple社のデバイス以外は契約しない方がよい。できれば海外に移住。移住するならUSA、と書きたいところなのだが、いまは日本人がヘイトの対象になっている。あまりにも迫害が酷すぎるからである。日本人は、だが。中国人と韓国人も迫害が酷すぎるのでUSAではヘイトの対象である。敵兵はヘイトされて当たり前、捕虜になったら限定的に人権を認める、と。こういうことを私は主張していたのだが、やはりUSAでも同じように考える被害者が多かったようでそのようになった。当たり前のことは当然のようにしなければならない。ヘイトされる身分になった以上は、日本人はUSAからみて敵国だ、と断定されたことになるからいまは移住先に選ばない方がよいだろう。野沢直子のようにかなり昔からカリフォルニア州に住んでいる日本人なら扱いは別だろうけれども。

イギリスとオーストラリアはUSAに並ぶインタネット先進国だが、イギリスでは日本パッシングが強く、オーストラリアでは脱中国、日本エロ輸入禁止、ときているので、移住先に選べなくなっている。日本人はもはや核ミサイルで焼き尽くされて滅びる日を待つのみ、と。そうなっているので、じゃあどこへ逃げるのか? と。私はニヤニヤしながらそういう日本人をあざ笑う側に立った迫害の被害者なのだが、ザマアミロ、と書いておく。

そのうち、macOSのディスクユーティリティアプリケーションの量子の精神場効果が出るかもしれない。本当にMacのエラーだけではなく、物理的な実在世界(地球上のこと。よって火星と金星と月は含まない。だからといってペソス元AmazonCEOのように宇宙旅行をしてもエラーだったら逃げられないようである。大宇宙と統合すると逃げ場は小宇宙内にはなさそうなので・・・)のエラー(日本人、中国人、韓国人、イスラエル人のこと。全員ではないだろうがほぼ全員である、とはわかっている)が修正される、と。たぶん、ディスクユーティリティアプリケーションはレーザー砲に匹敵する武器じゃないだろうか? と私は考えているのだがどうであろうか? 大宇宙との統合を果たした人類のメンバーならこのあたりはけっこう考えるんじゃないかな? 難しいからネ。

最後にサイバー攻撃者のバカどもにとどめを刺すように私は書くが、人類の願いが実現するのである。私は人類の願いに乗っているだけなのである。人類の願いとは「平和」。生まれたときから迫害されて何度も殺されかかった私のような人物は人類と相性が良い。平和への願いとは戦争を辞さない、という意味なのである。つまり、人類全員が激怒して反撃する、という構図がサイバー攻撃者のバカどもが理解しなければならない未来の構図、と。そういうわけで必ず私たち人類は勝つ。正義は必ず勝つからである。

そこでベトナム共産主義政党が与党だ、という事実で私は考え込んでしまったのだ、とも書いておく。イギリスの王子が洗脳されるぐらいだし、この際だからベトナムの政治家を自由主義で洗脳してみたらよいのになあ、とか真剣にその是非を考えてしまった。共産主義だと人類から愛されにくいからナー・・・と。なんとかならんかね? ベトナム人共産主義を捨てられないのかね?