サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

34.98.64.218:443 TCP macpaw.com ←拒否権を認めないためサーバー攻撃端末と断定してブロック推奨

私がブロック推奨するサーバー攻撃端末のIPアドレス
34.98.64.218

そのサーバーはビジターの拒否権を認めず強制的に攻撃のためのサイバー攻撃端末のポート
443
に接続させる。

このサーバー攻撃端末が使う攻撃用のプロトコル

このIPアドレスを表すドメイン名は


このサイトはマックのクリーンアップ機能と称したmacOSのディスク整理機能(不要なデータを削除する機能)を使用するだけのアプリケーションをデプロイしている。

デプロイとは配布、分配という意味である。

OSに実装されている機能をアプリケーションとしているだけなのでまったく使用する意味はない。
と、すると、
詐欺アプリケーションという意味になる。

詐欺アプリケーションをデプロイしている34.98.64.218はビジターの拒否権を認めない接続強制サイトである。
と、すると、
クライアントマシンは強制的に34.98.64.218という攻撃システムのクライアント(被害者)に拒否権を認めず強制的にさせられる、ということがわかる。



この程度の攻撃では・・・(笑
私には通用しないのである。この攻撃を行っている本人を特定したうえで爆殺すると良いだろう。
この34.98.64.218サイバー攻撃者を爆殺ができた人はサイバーセキュリティ中級者といえる。つまり、勇者といえるのである。



また、
ディスクユーティリティを何度も使って自分のmacOSバイスのエラーを修正してバックアップを取っておけば良いだろう。
敵兵の手口はエラーを発生させて拡大させる方向で、しつこく攻撃を繰りかえす、というもの。エラーが修正されればユーザーの勝利が確定する。

ディスクユーティリティを使っていくと、Apple製のアプリケーションですら(iOSも)エラーが発生する原因があれば異常動作をするようになったり、誤作動をするようになるほど、エラー修正機能は強力である。iOSバイスが異常動作をしても慌てる必要はなく、単にUSB接続したままのmacOSバイスでディスクユーティリティを実行するだけで良い。そのうち、Appleからバグ修正なり脆弱性対応なりのためにセキュリティアップデートなどがデプロイされるであろうからそれを待つ、・・・または、iOSを復元して使ってエラーが起きなければその状態で正常状態として使い、以後、アップデート待ち、と。

いずれにせよ、なにかあっても慌てずに防御することが最優先、という対処をすれば人類の勝利確定である。ネットワークの切り替えなどすると良いだろう。攻撃システムのクライアントにさせようとしてもネットワークごと切り替えられれば人類の勝利確定。攻撃システムはターゲットを失い、人類は正常な情報を収集する機会を得つづけることになるからである。


戦訓からいろいろな対処法やルールを編み出しているだろうから、人類は必ず勝利する。敵国は中国、韓国、日本である。私以外の日本人は皆殺しにしてOK。中国人と韓国人も皆殺しにしろ。彼らがいるだけで私に迷惑がかかるからである。私に迷惑がかからないようにすることは、量子の精神場でのさまざまな原則に共通する特徴を実行することなのである。私への積極的な経済支援などさまざまな原則があるが、コレらは人類の審判を受けた結果、非常に高次の世界、つまり、量子の精神場の諸原則(力と愛を表す栄養素を特定するための諸原則)に働きかける原理の世界で私は物差し(正義をはかるための尺度)として使われるようになった、と。いつから物差しになったのか? というと少なくてもモーゼや釈尊がいた時代から物差しだったらしい(コレは難しいことなのでまだ私は断言できない。わからんのである。そんな昔のダークマター=大宇宙の内部の奥深く、高尚な高次の事情ことは)。

このように、願望実現のための栄養素を人類が受けるためには大宇宙からの栄養素を脳に受け入れる仕組みができており、願望は常に本人の努力と大宇宙からの与えられる祝福によって実現しているのだが、迫害を受け続けている人(私)を助けるとその栄養素の力が強くなるのは本当らしい。事実、私の人生ではそうなっているからそうだと断言できる。

この栄養素とは物理的な実在の世界である小宇宙のなかの地球上においては睡眠中に発生する脳内物質のどれかに働きかける物質である。時間がひとつしかない地球では太陽は一つしかない宇宙空間にあり、あらゆる物理的な実在は目に見えるものであれば反射光を持つ。目に見えないもの(ガスとか電流とかね)であれば反射光の代わりに臭気や空気とは異なる重さを皮膚感覚で得られるような空気とは異質な気配を持っている。売り気配買い気配を見抜くことができる投資家は、未来を予想するための力がどんなに重要なものなのかを知っているはず。この能力は幸いを生み出す能力なのだが、多くの個人投資家は自分の能力を信じて破産する、または大損害を得てマーケットから去っていく。
なぜこのように結果がわかれるのか? 目に見えるもの(スクリーンに表示された株価やデータなど)が最優先、スピリチュアルに把握することは寝ている間にやる、という人間の原則を忘れているからである。この原則を覚えているプロ投資家は取材活動を必死で行う。個人投資家はプロ投資家より180日以上遅れてやっとその原則に則った正しい判定結果を株価チャートで知るのだが、そのときに割高か割安かを判断する力を持っていないと破産、または大損失を得てマーケットを去る。このように、睡眠中に栄養素による作用を受けているタイミングで脳を寝かせた状態で起床し(物理的に肉体とエーテル体=神経は寝ている状態)、ただちに各種のマーケットを見て未来を予想しなければならないことがわかる。寝ているのだから当然PCのモニターは1つも見ていないわけであるから、モニターを霊視することになる。霊視ができないとわからないことがある、というが、それは未来を絶対に儲かる銘柄、金利状況、中国の侵略戦争が敗北することを含めた外的要因のことである。大宇宙ではこのように人間との関係を確立した上で小宇宙に星々と生命をダークマター自体の統合力を用いて増やし続けている。


つまり、光害を発生させて星が見えなくなっていても無関係なのである。このように霊視によってみる宇宙とは未来視した未来のことである。残念ながら量子の世界であるダークマターには未来はない。小宇宙は物理的な実在であり、恒星が多数あるために時間は多数あるのだが、残念ながらNYダウは地球上にしかなく、各国の市場も地球上にしかない。さまざまな為替も地球上では意味を持つが、他の星系では恒星の有無に関わらず意味を持たない。つまり、インテルの株を買いたければフィラデルフィア指数をチェックしてから買うことになるのだが(見なければ大損するであろう)、それなら地球に来なければ買えない、ということなのである。

霊視とはルドルフ・シュタイナーがいうところの霊視のことなのだが、社会主義の光に満ち溢れ、願望が次々に破壊される1930年代の欧州では、そういう社会に住むドイツ人やヨーロッパにいる人たちに社会主義的な方向で解説するしかなかったために、人智学でいう霊視は社会主義的な思想をベースにした解釈でなければわからない能力のこととなった。シュタイナーの説いていた社会3層構造などは社会主義思想そのものであるので、いまとなっては誰も見向きもしない。個人の自由が小さすぎるうえに個人の責務が大きくなり、社会の責務がその結合されたものとなり、社会の誰かのためにその誰かと無関係の誰かは死ね、という思想に通じてしまうからである。つまり、中国と韓国と日本とイスラエルと人類を攻撃するサイバー攻撃者の世界(社会主義者グローバリズムの思想を持つ者、国際的巨大犯罪組織のディープステイトの構成員らが住む世界)ぐらいしかルドルフ・シュタイナーの思想を愛するバカはいない、と。この世界は、したがって、処罰が先、祝福は権力者が独占する世界のことなのだが、そのまんまであるので人智学を愛する者はバカだ、ということになる。

ルドルフ・シュタイナーは「東洋ならまったく異なる説明の仕方をしていたでしょう」と弟子や講義を聴きに来た聴講者に話している。では東洋ならどういうふうに解説したのだろうか? それは封建時代における無法者になるしかなくなるような解説の仕方である。封建時代に社会から逸脱している者たちは山奥などに隠れ潜んでいたが、そのような無法者になると封建主義を破壊することができる、という、そういう解説の仕方をシュタイナーはして、それからブッタになれるような解説を付け加えたであろう、と私は考えている。ブッダというと、社会を改善するおとは一切かんがえず、自分の人生を小さなものだ、と定義して自分の人生を満足させることだけをやろう、というバカなやつのことなのだが、コレをシュタイナーは勧めたはずである。なぜなら、当時、東洋ではファシズム(封建主義やね)と帝国制(封建主義+社会主義やね)という具合にさまざまな西欧社会の特徴を誤解して権力者が好きなように生きて、人民は殺され続けていたからである。かつてのカンボジアポルポト政権みたいなもんであった。コレなら武力革命、ということになるのだが、それは中国共産党の構成員がすでにやっており、中国を支配しようとして国民党の隙を狙っていたので、中国共産党と戦う未来をシュタイナーは想定して、アンチ共産主義とはブッダを目指しながら社会を逸脱して無法者になって中国を支配しよう、というように結論をし、だからシュタイナーはそのように人智学を解説しようとしていた筈。

私はこのように考えている。つまり、自由主義のカケラが1ビットたりともないのである。人智学ではコレを芸術に寄り添われた科学文明、と考えている。破壊と創造を繰り返す文明を目指そうとするのだから、どう考えてもコスト高の文明を目指している労働至上主義の左翼、というところかと。バカじゃねーの? と私は人智学をバカだと断定している。

自由主義共産主義は原理。民主主義は原則である。原理は原則に働きかけて原則を変化させる根本的なロジックである。ココを間違えている旧ソ連は崩壊した。中国共産党は強大な自由主義アメリカ合衆国やイギリスやオーストラリア、そのほかの国々)によってカネを使って不動産を買いまくって現地人を追い払うというカタチの侵略戦争が完全敗北を得ることになった。

これほど自由を愛する諸国は強力なのである。だが、バカには分断と統合の意味がわかっていないので中国共産党は人類によって敗北した。コレで終わると思っているからバカだ、と私は中国共産党をバカにしている。コレから先は中国大陸を自由主義国によって侵略されて滅亡する未来となる。地球上では自由主義しかイラネのである。

日本は社会主義国である。バカな地上げ侵略戦争を人類に仕掛けている。私は日本人で日本の神奈川県に住む自由主義者である。この世に生まれてからずっと迫害され続けてきた。なぜか? 私が日本を滅ぼす物差しとして高次の世界で使われていることを日本人が見破ったからである。どうやって見破ったのか? アメリカ人どうしの話を盗聴して日本人は知ったのである。アメリカ合衆国本土において合衆国人の不動産のなかに不正侵入して盗聴する手口であった。その不動産の所有者に発見されて「フリーズ!」と警告されてもそもそもソイツは侵略戦争だと思っているから警告を無視した。それなら射殺されても当たり前、というわけなのだが、こういう手口で日本人は私の正体を知ったのである。

私は私の正体をつい最近まで知らんかった。まあ、そういうカンジなのである。まずは、自由を愛する諸国の圧倒的な中国に対する反撃の大勝利を祝おう、と思っている。正体のアイデンティティの霊的なロジックからすれば当然のことだからである。ザマアミロ。中国と韓国と日本とイスラエルは滅びなければならぬ。中国人によって旧約聖書は中国の神「エロヒム」を神扱いさせられているのだが、そのように聖書を用いた騙しと殺戮を中国は少なくても2000年前から繰り返している。コレが対中戦争のおいて証明される「重要な真実を知る」ということなのである。

今度の対中戦争は、聖書を改ざんされて人類が騙され、奪われ、殺されてきた陰謀の有無を証かす戦争となる。聖書は人類の未来への方向を決める重要性を長い間もってきた。いまでも聖書に忠実なキリスト教一派もあるぐらい、聖書は力を持ってはいる。だが、人類は科学文明に入ったので聖書で左右される未来を捨てた。だからこそ、対中戦争は徹底的な勝利を目指す性質になる筈なのである。なぜならエロヒムの種族は実在しており、侵略戦争による作戦の失敗(海外不動産を買って侵略するという中国、韓国、日本が仕掛けた地上げ侵略戦争)をもって懲罰を中国の長江や日本の広島や熊本で食らわせているのであるから、このエロヒム(エイリアン)を皆殺しにしなければならなくなるのは予想可能なこととなったからである。邪悪なエロヒムの種族はバカな種族である。だが、自由を愛する人たちには、エロヒムとはまったく異なるエイリアンが味方として登場している。メキシコは労働地獄の国である。その上空にはエロヒムの種族がよく現れる。だが、自由を愛する人類の味方となっているエイリアンはそう簡単には姿を表さない。真のアノニマスfacebookでアカウントを持って宣伝するようならバカではなかった。本当に助けてくれるが、本当に正体がわからない。それが真のアノニマスなのだが、そのアノニマスと同じように助けてくれるが正体はつかませない、・・・コレが人類の味方のエイリアンの特徴である。

このエイリアンの他に、ダークマターから栄養素を宅配する担当のエイリアンもいそうである。人類に正義、力と愛を感覚器官が芽生えるたびに宅配するとか、胎児以外の人類の一人ひとりが睡眠中の時に宅配するとか、そのような活躍をしているエイリアンがいそうである。私はそのように考えている。

このエイリアンは戦争にめっぽう強い種族らしい。エロヒムも戦争にめっぽう強いエイリアンの種族である。よって、戦争にめっぽう強いエイリアン同士がにらみ合いをする星域に地球があることがわかるのが、事実、そのようなことが多数起こるので私はそうであろう、と確信している。


これを読んだ人はもう34.98.64.218:443 TCP macpaw.comをブロックし終えたかね? それなら助かるであろう。