詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

iOSアップデートを要石の佐々木(Apple社の偽ディスカッションジャパンサイトを公開している可能性が”極めて高い”サイバー犯罪者)による妨害をはねのけて成功させるmacOSデバイス(High Sierra)の方法

1)

Apple社のディスカッションジャパンサイトがニセモノである場合

 

104.64.0.0から104.127.255.255までブロック推奨

 

 

2)

224.0.0.22

もブロック推奨。ルーティングテーブルに224.0.0という表示があれば、DNSが誘導する先のIPアドレスとわかる。このIPアドレスの誘導先がサイバー攻撃者のPCまたはスマホ、ということなのである。

 

インターネットに公開されているサイバー攻撃の手法についてのすべての記事が2000年前後の内容で止まっていることに気がついた人は、すべてフェイクサイトだ、という結論を得られるはずである。または、被害を受ければわかるはずである。または、サイバー攻撃者を特定して追い払えばわかるはずである。

 

わかったら、そのようなサイトはすべてブロックすると良い。サイバー攻撃者のPCまたはスマホがバレるとサイバー攻撃者はアカマイテクノロジーのサーバー(たぶんCDN用)に攻撃サイトを移す。バレていなくても最初からアカマイ、と決めているサイバー攻撃者もいる。ときどきamazonaws.comも使っているときもぉ・・・

 

3)

macpaw.comをブロックするために、34.98.64.218をブロック推奨

 

最近、私にフェイクサイトであることをバラされて撤退したサイバー攻撃者のPCまたはスマホで公開されている攻撃サイト。たぶん、いまアカマイテクロノジーのサーバーに移動して再攻撃を仕掛けているはず。その際にはiOSアップデートをわざとやり、さらに、ファイヤーウォールは外からの攻撃に対してはめっぽう強いmacOSの純正のファイヤーウォールをオン、オプションとして「共有はいっさいブロックする」という趣旨の、一番上の選択項目のチェックボックスをオンにすると、コイツが神奈川県の大和市の要石の佐々木という表札が出ている不特定多数の不審者が出入りしていて、かつて左側頭部をレーザー銃かなにかの兵器で狙撃されて暗殺された、または狙撃されて当該部位から黒い血のような液体をボトッボトッと2滴、自転車から地のオモテに倒れたその場所(大和市シリウスという文化センターのエントランスの目の前にあたる、大和駅まで一直線につながるプロムナード)に垂らして救急車を呼ばれて搬送された、搬送される際に救急車を呼んだ大和市シリウスの女性職員がニコニコしていたが、40名程度の市民がその場を注目して見ているなか、姿を二回消した(救急車の中、搬送後の二回)道交法違反をしていた男の警察官も頻繁に出入りしているその佐々木という表札が出ている家の住人がサイバー犯罪者である、と位置情報が示される捜査結果を得ることができるであろう。

 

この家の住人に金を払ってサイバー攻撃をさせている人物が平塚児童相談所で働いている私の妹で相続の横領、殺人を繰り返す地方公務員の遠藤厚子であるらしい。海外の隅々まで「その妹を殺せ」という声が広がっていくなか、私は日本政府がタリバンと同じだ、中国と戦争をしながら私を攻撃している、とわかったのでこの際だから、警察に賄賂を贈って殺人を行うことが日本政府や日本の司法、日本の行政、日本の市民から許可されている昨今、日本人を皆殺しにする計画へと発展させたらどうであろうか? と量子の精神場経由で相談中である。

 

ようは、

iOSアップデートがやっと始まった、と思ったら止まってダウンロードまたはアップデートのどちからの処理が進まないまま10分経過したら、妨害なのでまずはESETなりのファイヤーウォールをさっさと切り、ディスカッションジャパンからの攻撃やその他のサイトからの攻撃を覚悟しつつ、ディスクユーティリティアプリケーションを用いてサッサと被害を受けたらすぐに被害(エラー)を修正していき完全勝利を維持したままで、macOS純正のファイヤーウォールを↑のオプション設定でオンにして、すぐさまESETを再度、起動しESETのファイヤーウォールが有効であることを確認して・・・その頃にはダウンロードが終わり、アップデートが始まっているであろう、と。そういうわけである。あとはiPhoneがアップデートされて自動再起動されるまで待って、サイバー犯罪者をESETでブロックすることに成功したのだから、エラーの元になるらしいのでmacOS純正のファイヤーウォールをオフに戻す、というわけである。普段、ファイヤーウォールを取っ替え引っ替えしたりする作戦もしたり、ネットワーうを簡単切り替えでBluetooth PANネットワークとWiFiネットワーク、USB接続してそのネットワーク、テザリング、とサイバー攻撃者をバカにしながら完全勝利のために全力で戦っている。

 

すると、軍資金のため? 香典のため(私が死んだ、とドコかの山師が言ったってさ。RCサクセションは私の受けている被害を克明に、詳細に、愉快なリズムで見事な曲にしているのでCDを買ってきてリッピングすることをオススメする。まだ高音質な楽曲ファイルがiTunes Storeで配信されていないからである)だか私にはわからんが、いろいろな名義でカネが私の銀行口座に振り込まれたり(量子に対応することがいかに重要なのか、この一事だけでもわかるはずである。正義は必ず勝つのである)、天から降ってきたり(1000円札1枚、とかの額面であることもぉ・・・)、経済滴祝福を受けることになるのである。そのようになっているのでこのようになっているのである。

 

現在、労働からの解放がテーマとなっているサイバー世界の先進国では、リンカーンアメリカ合衆国大統領が行なった奴隷解放政策による労働力不足問題を解決するための東アジア進出、和親条約締結、という外交の真逆の「東アジアの中華人民共和国人、韓国人、日本人は犯罪しかしないし、働く能力が間違えてWindows環境またはとんしんOS環境ばっかりだし、もうイラネ」政策を行う時代なのである。ダーウィン港をカネの力で侵略して租借地にしようとする中国やその他の国々や地域で地上げ侵略を行う日本、ワケがわからん言いがかりをつけて侵略してくる韓国に対しては、領土を侵略してきたのだから、被侵略国または被侵略地域の現地政府または現地の住人の生命の安全を守る義務を負う組織がどんどん没収、接収をして当たり前、さらに、ハワイ、グアムその他のアメリカ合衆国の領土やニュージランドをはじめとする南半球の他国を侵略使用している中国に対しては、南シナ海におけるEZ領海侵略を行なったことやコロナウィルスバラ撒きによる細菌侵略戦争をも含めて皆殺しによって報復することになっている、と。そういう時代の、こういう局面になっているのだから、こういうことになるしそういうことになるのである。人権侵害は宣戦布告事由になるのだが、中国人と中国人と争う日本人にはわからないらしい。韓国人はもっとわけがわからなくなっていてバカになっている。このバカ同士を争わせて弱めて、弱ったところで強大な自由を愛する諸国(USA、イギリス、オーストラリア、フランス、その他の諸国)の火力を全開にして報復攻撃を行う、コレに加えていまからマーケットの強力なUSドルのパワーと、そのパワーを熟知して自在に行使する能力を持つウォール街をはじめとするプロ投資家のパワーが統合されて中国の半導体大手メーカーを滅ぼしたり、巨大債務を抱える中国の巨大メーカーを量産する作戦が実行されて成功を続々と収めている、これぐらいはフェイクニュースを避けながら読んでわかっていないとダメなのだな、とわかればいまどきの最新の国際情勢に詳しい人になったといえる。

 

戦勝体験は積み重ねなければわからない戦訓を教えてくれる体験である。勝ちまくって連勝をしていけば良い。単発で勝っても真実を自分のパワーに変えることは難しい。連勝してこそ自分の真の力となる。戦争とはそういうもんなのである。

 

現在、中国人によるカネを使った中国の勢力が及ばない範囲である他国での侵略戦争は、自由を愛する諸国の圧倒滴なパワーによって失敗に終わり、中国ははやくも敗北を経験したところである。ザマアミロ。

 

 

このような侵略戦争は、ディスカッションジャパンというサイトである、とIPアドレスを偽装して騙す日本人のサイバー詐欺師によるサイバー攻撃と連動して起こされている。自由を愛する諸国では、たとえ敵兵1名だけの敵部隊であっても発見したら狙撃してブチ殺すように決めている。そのおかげで私は隣の佐々木という標札が出ている家のサイバー攻撃者による「裁判所や市役所は警察署や日本の官公庁、日本の市民を味方につけて行う攻撃」があっても、余裕で、悠々と楽しくサイバー陣地強化や反撃を行なうことができているのである。サイバー陣地の強化(ブラックリスト強化)をしながら、偽のサイトを発見次第、ネットにその情報を公開し、ブロックすると良い。正確に犯人を当てた、という意味になるので・・・。

 

 

ちなみに、いまだにフィシング詐欺サイトがどうのこうの、というサイバーセキュリティをさまざまな王手企業が日本政府と一体となって騒いでいるのだが、フィッシングタンクというサイトがあるからバカなヤツらだな、と思われることになった、と。フィッシング詐欺サイトより、偽のサイトを探し当ててブロックした方が良いだろう。もはや日本人は私を除いで皆殺しになることになったのである。誰かに言われたから決まった人生、つまり運命、と日本人は考えるのだろうが、そうではない。ニヤニヤしながらこの最後の記事のくだりを私は書くが、詳しくも簡単にも書かないでこのように書いてまとめておく。

 

 

 

滅びろバカども

テストがデキネーから死ね

 

 

まあこんなカンジやね。

 

ところで、バイデン政権とは、ザイオン政府が物理的な実在となった政権かもしれんね。メロビンジアンはザイオンとは敵対関係(ザイオンは中国人や韓国人や日本人やアフガニスタン人を映画中で表している)にある。だから、正しい罵倒をしたホワイトハウススタッフの正しい罵倒、という部分で高い貢献度を認めつつ、バイデン大統領みずから

「私のいるホワイトハウスには相応ではない」

と言われてホワイトハウスから追い出されることになった、と。私はそのように解釈している。

 

と、すると、

追い出されたの男性の元ホワイトハウスのスタッフは、メロビンジアンに雇われるべき、ということになるのだから、正しい罵倒を行う人としてトランプ前アメリカ合衆国大統領のところかな? と私は考えている。メロビンジアンは基本ソフトを作中で表している、と私はみているのだがどうであろうか? OSだと思うんだが。昔はネオのようだった、ということなのだから、メロビンジアンは純愛(1-1の愛)からはじまり(1-nの愛)に発展したOSだ、ということになる。この愛をOSと操作者の関係だと意味を見抜けばどうなるか? マルチスレッド化したOSは1995年あたりでマイクロソフト社が有名にしたOSである。それまで一般社会ではUNIXがどうのこうのとかAIXがどうのこうの、というハナシはなかった。マルチスレッド、という言葉もなかったのである。

 

そういうわけで、純愛とはWindows3.1(それでも相当な高機能だが)まで。したがって、メロビンジアンが1995年以降に正しい罵倒や解説を長々として情報取引ビジネスに専念しつつ、マトリックスという脳波で動く物理的社会(いまならバークレー校が発明しているスマートダストセンサーを用いた医療技術がマトリックスのイメージやね)で不正な経路(トレインマンマトリックス非対応のプログラムであってもメロビンジアンが目的を作ってデプロイする、ということならルートキット化して作った駅から電車でマトリックスへ侵入させる、と)や正規(macOSでいうとことのゲートキーパーで認められた)のプログラム、その両方を取り扱ってマトリックスを維持している、と。こういうカンジだからOSだろうナー と私は考えたのである。それにしても2代目のオラクルの女優、そうとう良い役者だネ。女帝狙い、人間を奴隷にしようとしている狙いを、ついに完璧に演じきったし。あんなにステキな笑顔なら完璧であろう・・・。

 

 

第4作は、ザイオンの信用を無くしたオラクルがスミスを探してふたたび合体、自分を増やして軍団となり、マトリックスと人間を襲うが、電気ショックで失神したネオは健在、オラクルと似たようなもんで真逆のネオが(よくよく考えると、トリニティも助かった筈なんだが。アーキテクチャの言うとおりの、ネオが向かった1-1の愛の逆方向のドアからネオが出ていれば。全員、助かるんだから。エージェントに殺されても、本人の命に別状がない程度まではモーフィアスが注射したりいろいろ介護できたし、その結果、死なないことになる。アーキテクチャはあのモニターだらけのルーム内でかなりネオをバカにしたと思うね。メロビンジアンのようなOSを設計する人はもしかしたら白髭のアーキテクチャかもしれんが、それはさすがにないかもしれんね)マシンシティから削除機能を持つエージェントと電気ショック機能を持つうる星やつらのラムのような兵器(ロボットかもしれん)を持ってザイオンにいって、ロック司令官がエージェントを歓迎して、アーキテクチャがそれを知って、マトリックスの修理プログラムを充実させるためにオラクルを牽制する軍団プログラムを作ったりするんだろうナー と私は考えた。

 

残念ながら、アーキテクチャが考えるマトリックスはその4作目でも完成不可能。メロビンジアンはそれを皮肉って、愉快な正しい罵倒で「キーメーカーの作ったキーの中に、アーキテクチャのいる部屋のドアの鍵がある。探せ!」とか言いながら、罵倒はモーフィアスにブチまける、と。以外に良いコンビなのである。モーフィアスは神秘を信じなくなった、そのように変わったのだから、メロビンジアンからすれば「昔はバカ」という点で、いまマトリックスを完成させようとしているアーキテクチャを「昔はバカ」と正しく、高尚な表現で、フランス語でシルクでケツを吹くような罵倒ができる、モーフィアスはジョークが通じない単刀直入思考だから、この辺りでバトル開始、そのバトルでは2作目では敵対していたエージェントがモーフィアスとともにオラクル軍団と戦う、と。つまり、スミス軍団と戦う、というわけで。そうすると、あの愉快なスミスがたくさん出演している映画なので、私はタイヘン愉快な気分でマトリックスの続編を観ることができるんだろうナー と私は予測している。このマトリックス4がApple TVでいくらなんだろう? とかも。そのうち、Apple社は

Appleバイスを購入した人にはマトリックス観放題」

とかやるだろうけれどもネ。もしこれで採算がとれるんなら、まさかのAppleバイスすべて0円で、とか実現するかもしれない。ようは、独占禁止法違反にならないようにすれば良いわけで。サイバー戦争に勝つデバイスとして認められればそのあたりの融通は自由に効かせると思うがどうであろうか? 自由を愛する諸国の政府はそのようにするんではないか? たぶん、だが。