サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

中国、日本、韓国を滅ぼるためにも半導体化学化合物に関する調査は必要だったのであった。知らんかった

アメリカ合衆国から追い払われている中国人、韓国人、日本人に対してなにをさらに叩き込めばコレら裏切り者が破産するのか?

さんざん私を迫害した連中である。イスラエル人も裏切り者である。

旧約聖書は中国のデタラメ仙人伝説である。日本にはユダヤの紋章がたくさんある。私は日本をバカだと断定している。

これから宇宙植民地時代に向かう。軍事テクノロジーの発展がなければならぬ。
軍事テクノロジーの発展に伴うために、民間では「バカ検出関数」のテストをしなければならぬ。邪悪なエイリアンが発見されたら、その星域で人類は先制攻撃を仕掛けて滅ぼさねばならない。人類は宇宙最強だからである。人類はバカに負けてはならない。それは小宇宙では当たり前なのである。大宇宙では物質がないので戦争はない。

バカを地のオモテで発見するためには天才だらけの地球を実現しなければならない。バカ検出関数の線の傾きの調整がやっとできるようになったら? 地球人類の列のいちばん後ろにに並んでいる人の、さらに彼(彼女)の後方に線を引くのである。この線より人類の先頭への方向の真逆の方向にいる連中がバカである。そのようになるのでこのようになるのである。

このテストができないからバカを滅亡させろ、ということなのである。NY市長がユダヤ人を迫害したが裁判所がユダヤ人を勝たせてしまった。ユダヤ人は遠隔地からの音声攻撃をする連中なのである。残念な敗北であった。彼らは母国だか故郷だかユダヤ人が集まる国だかのイスラエルでは拒否権を認めないスパイアプリを用いてサイバー攻撃を人類に仕掛けているらしい。イスラエル国民の80%以上がスパイアプリをスマートフォーンにインストールして用いている、と判明している。

ジョージア州ではユダヤ人のコミュニティが観光PR用のFacebook動画コーナーに登場するなどしている。いまどきはバカは滅ぼさなければならない時代である。NYで裁判でユダヤ人に負けるとどうなるか? アメリカ合衆国で大規模停電が多発することになるのである。大規模停電を起こしている原因は北京周辺からのサイバー攻撃によるものらしい。なぜ北京とユダヤなのか? コソボ紛争911テロ、それ以前からのあらゆる事故、相場暴落などに中華人民共和国の方の中国とイスラエルが関わっているからである。その中国と敵対する国が日本である。目的は中国に変わって帝政による世界支配を実現するため、つまり、人類を滅ぼすためである。この日本と敵対する国が韓国である。韓国は日本と中国の東アジアでの人類を裏切る戦争の隙間で両国を騙して動産、不動産、金員、生命を奪う作戦を立てて攻撃している。韓国の目標は韓国による地球の独裁支配のためである。

東アジアの3国と西アジアの1国がいかに世界中から憎しみ抜かれているのかを自覚しなければならない期間はとっくに過ぎた。思考洗脳、思考盗聴を含む攻撃はマインドコントロール攻撃と言われ、核兵器並の被害を出す攻撃だ、とオバマアメリカが収国大統領がコメントを発しているが、そういうことの末に2020年の大統領選挙の不正などが起きた、とみて「この戦争、買ってやるぜ」と立ち上がったものが壁である。核兵器を含む巨大な火力を主成分とし、軍人の生命がサポートする形となっている。軍人をサポートする武器、という位置付けはドローン兵器の登場などをもって終わった。武器をサポートする軍人、という構図に変わったのである。アメリカ合衆国の場合は、だが。武器は最強、操作する軍人が最強にならなければならない、という意味であり、操作する軍人が最強になるように最強の武器を開発して持たせる、という旧来の戦争常識は文字どおり過ぎ去っていく過去の軍事常識となった。USAの場合は、だが。いま、イギリスとオーストラリアの両国の軍隊もこの発展の道を進んでいるところである。

このように、もはや裁判では正義は勝てないのかもしれない・・・という嘆きは世界中のどこにもなくなったのである。火力で正義を守り抜く、コレが人類の平和への願いであり、平和を守り、悪党を滅ぼす軍隊の正義となっているのである。悪党がなにを言おうがもはやどうでもよい。ぶち殺してやる、これが「この戦争、買ってやるぜ」という言葉の関係なのである。意味なのである。見方の答えなのである。

国連の世界人権宣言は、復讐権を認めない日本国憲法を人権侵害憲法とみているであろう。日本人はカネだけ出せ、コッチに来んな、という意味は「ガラパゴス」という表現で安倍元日本国首相が発表した通りである。日本列島から出てきたらぶち殺す、という外国からの要求を受けての政策なのである。

どれだけ日本人が酷い奴らなのか、中国人が酷い奴らなのか、韓国人が酷い奴らなのか、イスラエル人が酷い奴らなのかは、被害者をみればよくわかる。核兵器並の被害を受けているからである。私がその被害者の一人である。日本人はこの攻撃に加担することもとっくに判明している。北朝鮮からの攻撃は自由の鉄槌と同じ意味となるであろう。いまのところは詳細が不明だが。

自由の鉄槌という名前を持つ白頭鷲のデザインを受けた原子力潜水艦がいかに恐るべき火力を持っているのかを、猿レベルの東アジアの民族のうち北朝鮮を除く民族はまもなく知ることになるであろう。知ったところでレーザー砲が瞬時に焼き尽くすから後も残らないわけだが。

そこで、サイバー攻撃に対しては投資で報復する、というウォール街や世界中の投資家たちが考える作戦を踏まえてMetal、High-k、CVDのアレコレ、EtchやLmplaを韓国に輸出すると見せかけて途中で台湾に、とかいろいろ私は考えはじめることとなった。当たり前だがサムスンあたりを全滅に追い込めば韓国の1/4は滅びるのである。経済的に、である・笑。

さきほどそういうわけで半導体化学化合物を得意にしている日本の大企業のサイトを私は訪れた。すると「このサイトは安全ではありません」とSafariが表示したのである。サーバ証明書が期限切れ、という理由なのであろうけれども、その程度はサイバー攻撃者ならいくらでも偽造できるハナシである。不正侵入した先のPCのサーバ証明書を偽造する、とか、DNSハイジャック、とかいくらでも手はある。私はさっそくサイトからIR情報をせっせと得ることに専念し、ついでに敵兵からの攻撃を監視しつつ、さっさとダウンロードした当該決算短信や決算書を読み終えた。途中、被害が発生したがそんなもんは私のPCでは再起動一回で吹っ飛ぶ被害。他のPCの所有者ならそのPCは破壊されて起動もできなくなっているであろうが、私にはこの程度のサイバー攻撃はもはや通用しない。防御情報を次々に私はこのブログで発表している。ソレらを読んだ被害者は続々と無敵化している。

戦争は勝ちに乗じて勢いを増して戦勝体験を増やすものである。無敵化した人類は人類を裏切ったバカどもをけっして許さない。国連の世界人権宣言がうたう「差別をし合うな」という意味は、「人類共通の敵を倒すために一体になろう」という意味である。コレをケネディアメリカ合衆国大統領は自身の所有するヨットだかレンタルしたヨットに「われわれはひとつになれるところにいく」云々、と書き記したのであろうか・・・。謎はいずれわかるであろう。

このようになっているから世界はそのようになるのである。必ず正義は勝つ!
地上げヤクザである上記4民族は滅びるであろう。ようは私に迷惑がかからなければ良いのだからである。ダークマターでそのようなロジックがあるから日本人は私を迫害する。私を迫害するとテロがフランス、イギリス、スペイン、アメリカ合衆国、その他の自由を愛する諸国で発生する。日本人は、テロを多民族にやらせて世界支配をしようとする作戦を実行しているからである。なぜ日本人はここまで邪悪な邪魔をしているのか? この答えを人類はついに得たのである。もはや自爆テロが発生する量子の精神場のロジックは明らかになった。イスラムは一体化して西アジアのバカ、イスラエルを攻め滅ぼさねばならないだろう。イスラエルは日本で資金を集めて中国と交易をして儲けて人類を拒否権を認めない洗脳スピーカーなどを用いて奴隷にしようとする。だが、イランがイスラエルの貿易の仕方についうて公式コメントを次のように出した。
イスラエルは9割が海上貿易である

このコメントの意味は、海上封鎖すればイスラエルは滅びる、という意味である。イランは昔から一定の正義を有している。多くはアラブの大義とは別の観点からの正義だが、案外、世界中から経済封鎖をされても発展している理由は、国際社会においては経済封鎖、民間レベルでは盛んな交流、という現状が大きく影響しているからかもしれない。イランはいま男女に課している制限が多くなって国民は疲弊、経済も疲弊している。不正も多発している。そのイランから原油を輸入しまくれ、アメリカから貿易戦争を仕掛けられたのだから、と息巻くのは日本である。その日本からの鉄とアルミニウムに関税をアップさせて貿易戦争を仕掛けたアメリカ合衆国に世界中の人類が賞賛の声をあげた。トランプ前アメリカ合衆国大統領はまさに「アメリカ キープ グレイト」を主張するために必須な「勝利という実績を重ねること」を続けて人類から人気を得たのであった。

半導体素材とは半導体化学化合物、と呼ぶ。知らんかった。