サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

途中で外れることがわかるテンバガー予測ブログ記事だが本当に外れたのか確認してマーケットにおけるバカがブラックホールに吸い込まれていく様子を見て楽しむ。バカを見て学ぶ、というのはマーケットでの定番学習スタイルなのである。

2020年のテンバガー銘柄に関する考察




2019年のテンバガー銘柄は3銘柄とちょっと寂しい数字。2017、2018年は5銘柄でテンバガー銘柄自体、ガンホーミクシィ時代と比べて減っては来ていますが、個人投資家もだいぶ減っているようで、外資系アルゴ支配の現状においては一獲千金の夢も萎みつつあるといったところでしょうか…。
さて2020年のテンバガー銘柄についてですが、地合い自体は米中対立の中不透明な部分が多く、なおかつオリンピック後はあまり良くないと思われるので、2019年と同様内需株で業績が右肩上がり、なおかつ会社自体が大きく変貌したものに絞られるでしょうか。。。5G元年とあちこちで言われていますので5G関連はマークしておきたいところですが、10倍化となると難しい銘柄群かも知れません。

条件は

時価総額低い(40億未満)」

ジャスダックマザーズ市場」

「業績が右肩上がりの内需成長株」」

から出現する可能性が高いと考えます。


2部市場は3-5倍になる銘柄はありそうですが対象から外します。
まずは大発会で妙に商いが膨らんでいる株をチェック。後は1月から始める決算発表において第1四半期の数字が相当に良い銘柄にロックオン。決算発表後だと10倍取るのは難しいかもしれませんが、それでもついていくしかないでしょう。現実としてテンバガー銘柄は減ってきているので5バーガーぐらいでもいいかなという気はしています。ただテンバガー銘柄は是が非でも狙いたいので、今回の候補リストの中から爆誕してくれることを祈っています。なんか今年は色々怖いことがありそうですが、どうなることやら。。。

コンテンツ

2020年にテンバガー銘柄になるかも知れない株

銘柄名コメント
SERIOホールディングス (6567)

就労支援や育児支援事業を展開。地味なテーマで四季報予想もものすごくよいわけではないけれど11月末からすでに動いている。
コンヴァノ (6574)

ネイルサロン展開。業績は右上がり、時価総額もまだ低め。ただ10月頃から上昇中ですでに1.5倍。まだ伸びしろがあるかどうか…。
シルバーエッグ・テクノロジー (3961)

AIを用いた、Web上のマーケティング支援ツールを提供。低時価総額銘柄だが化けるためには何かしらの動きが必要。
テノ.ホールディングス (7037)

認可保育所と企業内保育所運営。介護のデイサービス事業に参入が吉と出るか。四季報予想は申し分ないので資金が入ってくれば…。
アズーム (3496)

月極駐車場サブリースが主力、すでに上昇中で第1四半期決算次第というところ。
ベストワンドットコム (6577)

クルーズ予約サイト『ベストワンクルーズ』運営。12月12日の決算発表後に急動意。今後の動きに注目。
CRGホールディングス (7041)

コールセンター向け人材派遣大手。もう動き出しているので旨味があるかどうか…。業績は右肩上がりで成長性はある模様。
ジェネレーションパス (3195)

ネット通販『リコメン堂』運営。仕手っぽい動きをすることもあるのでハマれば3倍くらいはいくかも。
gooddaysホールディングス (4437)

ITシステム開発。不動産情報サイト『goodroom』運営。分割してしまったので、業績は悪くないけど伸びるかどうか。時価総額が50億を超えているのも少し気になる。
イメージ ワン (2667)

自社で開発を手がける医療画像システムが主事業。かつてドローン相場で7倍近く上昇したことがある。問題は四季報予想通りに業績が急拡大するかどうか…。
日本サード・パーティ (2488)

教育、ICT等関連。テンバガー候補の常連ではあるが、いまいちパッとしない。業務提携や資本提携があれば。。。
小田原機器 (7314)

路線バスの運賃箱やICカードシステムなど運賃収受機器が主力。2020年テンバガー候補の本命?第1四半期がカギ。数字の出方次第では一気に行くかも知れない。薄商いなので乱高下に注意が必要。


このコンテンツの作者の考え方はテンバガーを避けようとする思考方向を成分としている。
ヒントは大文字にしておいた。
真逆やね。低いと高いが。
工事は内需だからまあそうかな? とは私も思ってしまった。まあ違うわけだが。

銘柄を研究しようとしても3700個以上あるわけだからムリでしょ? だから最初から絞ることになるでしょ? 危険株も探したい。でもそんな余裕がないし。私の場合は、だけども。

そうすると、危険は避けようとするからジャスダックとかはちょっとナー。未上場株とかもムリでしょ? ハナシの以前に。数の問題ではなく。期待だけしょわれてもナー とか思っちゃうんだよね。私の場合は、だが。

だからネタとして投資ネタを書く場合は、身銭を切って株を購入する、その銘柄は謎めいた銘柄であればあるほど良い、人気が出る(ブロガーに、だが)、・・・と、すると、アレ↓。個人間売買とかそんなの話題だけじゃネーの? とか私はいまでも思っている。
ネットでは数千倍になった銘柄、と紹介されることもある。謎が深まる。上場してすぐ下落。まあコレは納得できるとして、その後も下げ止まらず底を打った・・・なんで? と思わせる底の打ち方で上場後はじめての上昇トレンドスタート。
その後はまあまあそうかな? という株価の動き。アメリカ大統領選挙があって終わった頃に下げて中国との関連とか無視されて誤解もされずボックスにもならず・・・まあまあそうかな? という株価の動き。個人間売買で三峡ダムがぶっ壊れた影響がまったくないわけだから中国共産党とは無関係だったのかね? よくわからんのだが。
メルカリはキャッシュを貯めやすい工面の仕方をしているのは本当。未上場株が期待倒れになるのは普通だからまあいいけどもこれだけ話題になっているのにすぐに落ちるあたりが謎。個人間売買で私は銃が欲しいのだが。コレだけ毎日が危険だと。トカレフの密輸が流行ったけどあのとき一丁かっとけばよかった。