サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

ストップ高のグリー株の自社株買は対中戦争用? 対中対策用? レベルによっては非国民扱いされる当該企業経営者たち。と、すると、次は裏切り者の1番目からN番目(ラスボス)までを李小龍的に抜いていって、最後に大量の水でその敵陣ごと押し流す感動のラストシーンまでをゲームを。そういう展開だったらグリーギャグ、と投資家はみてもっと楽に戦えるようにマーケットを整理してくれる・・・くれない? どっち?

グリー決算を3Dキャラが説明 翌日、株価急落した理由
201808290700


   ゲーム大手、グリーの株価が下落し安値水準が続いている。
201882日の通期決算発表を受けて急落した後、反転のきっかけをつかめぬまま中国当局の規制強化悪材料となってさらに下落し、2年ぶりの安値水準となっている。
市場には「業績は成長局面にある」と期待の声もあるが、結果で示さないと投資家の信頼を回復するのは難しそうだ。

   20186月期連結決算は、
売上高は前期比19.2779億円、
営業利益は17.894億円。
主力のスマートフォン向けゲームが好調でいずれも2桁の伸びとなった。
純利益は61.147億円だったが、グリーは前期に子会社売却など一時的な利益が積み上がった反動減と説明している。


営業利益は伸びたが...
   一方、20196月期の業績見通しについてグリーは「インターネット取り巻く環境の変化が激しい」として通期は示さず、第1四半期(201879月期)のみ開示。
売上高は前年同期比14.4185億円、
営業利益が44.315億円、
純利益は47.510億円、とした。
ちなみに、
今回の決算説明会でグリーは動画共有サイト向け3次元キャラクターで「バーチャルユーチューバー」とも称する「いそら真実」が映像で登場して決算や計画の概要を説明し、会場を和やかにしたそうだ。

   これに対し、市場売りで反応した。
83日のグリー株価は当日高値(583円)が前日安値(604円)を下回る「窓をあける」急落となり、
一時、前日終値10.1%(63円)安の558円まで下げ、終値8.5%(53円)安の568円。
186月期の営業利益が伸びたとはいえ、会社計画(100億円)を下回る水準にとどまったことを悪材料視する投資家がおり、第1四半期の業績予想の会社の「弱気」さ加減が嫌気された。

グリー株は1100円を超えた直近高値の176月から右肩下がりであったが、決算発表がこれに拍車をかけた格好だ。

   さらに追い打ちをかけたのが、「中国テンセントショック」だった。
中国ネットサービス大手「テンセント」が813日、日本のゲーム大手カプコンからライセンス供与を受けている人気オンラインゲームシリーズ「モンスターハンター:ワールド(モンハン)」について、8日の発売からわずか5日で当局の指示により配信停止となったことを発表した。
中国では
3月以降に認可申請した新作ゲーム
審査
凍結されているが、認可済みのゲームにもストップがかかった中国当局はゲームが人心に与える影響が大きいとみて規制を強化している。
また、
テンセントが815日に発表した1846月期決算は2%ながら13年ぶりに四半期ベースで純利益が減益となり、中国ゲーム市場の異変が投資家の動揺を呼んだ。



テンセントショック、日本の株式市場に飛び火
   テンセントショックは日本の株式市場に飛び火。大和証券15日付のレポートが目標株価を690円から610円に引き下げたこともあって16日のグリー株は一時、前日終値3.2%(17円)安の516円まで下げ、その後も売りが優勢で連日年初来安値を更新し、直近最安値は22日の485円。20168月以来、2年ぶりの安値水準が続く。
グリー自体は中国市場に本格参入していないが、有望市場の将来が危ういとみられたわけだ。カプコンコナミホールディングスなどゲーム関連株も軒並み大きく下げた。

   もっとも、
大和証券にしても、レポートでは
「先行投資を含め実績に積み上がりが期待される」
と強調。
82日付ではあるが、SMBC日興証券のレポートは
「主力タイトルが好調で業績成長局面にある」
と指摘した。

1四半期の減益予想は新規事業への積極投資ゆえ、との見方もある。
であればこそ、実績を示していかなければ残っている期待がはげ落ち、さらに株価が下落しかねないと言えそうだ。