サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

日本人に人気のアダルトムービーやFacebookムービーに登場する人物にソックリ。コレが映画マトリックス風の手口を用いた攻撃らしい

日本列島の風景はすべて幻覚で見せられた風景らしい。海老名市のあるか神社の周辺の町が一気に変わったことを私は実体験したが、ソレは映画マトリックス風の幻覚

スマートダストセンサーなどをばら撒いて被害者の身体に吸収させて見せる幻覚。

また、

日本人はみんないくつかのパターンに当てはまる同じ動作をするが、コレらもデータのコピーと犯人そのもの。コレらの不審者は物である。脳を特定のパターンで共有するなど、そんなバカげたことをするバカどもは思考力がまったくないからである。

コレらは1973年9月から始まった攻撃かもしれない。つまり、最近カリフォルニア州で無線化に成功したスマートダストセンサーによらないが、同種のセンサーを用いた攻撃が人類に加えられていた、ということらしい。この年、この月、北朝鮮学校の横浜新校舎が台風で破壊されてしまった。高級な建材を用いたこの新校舎が台風で・・・。

日本人は日本列島から一歩を出るな

コレと

日本列島か、一歩も出ない日本人は日本列島から出て行け

コレもだが、合わせ技が日本に加えられている、と。

たぶん、私が見ている99年までで止まった日本各地は幻覚で、実はほとんどの日本人はエロ動画やFacebookムービーに登場する人物たちと脳が止まっている東洋人たちしかいないのでは? と。

なぜ、沖縄で小学生が米兵にレイプされたのか、だんだん私にもわかってきたような気がする。

日本はデタラメでできている。

迫害をずっと受けている私は、これから暗号通貨取引に着手する予定である。ダークウェブで銃を高校生のように買って、この自殺した高校生とは異なり、私のまわりのそのあたりにいる不審者を射殺したいからである。

ソレにしてもアメリカ合衆国のガンショップは価格が安くて羨ましいわけである。

岸田内閣とかバカバカしいと思うね。アレ、データ幻覚または脳をあるパターンの元になっている誰かと思ったら共有しているバカばっかりだからである。

マトリックスの映画風に幻覚をつくる奴らは、うる星やつらビューティフルドリーマーというムービー風も好んで幻覚作成に使っているらしい。

コイツらは日本、韓国、ちゆうかじんみんきようわこくの方の中国とイスラエルを占領済みらしい。

私はコイツらのことを支配者、と呼ぶ。たぶん、ナチス第四帝国では? コイツらもバカばっかりであるから、徹底的に脅してあらゆる財産を奪いとると良いだろう。

ここまで、大宇宙と統合した私が見抜いたことである。だが、パラドックスかもしれないから、人類は大宇宙をよぉく調べて欲しい。量子の精神場はダークマターである。ダークマターを観察する資金をバカどもから奪いとるとかいろいろ工夫は必要であろうが、コレを目標にすると良いのである。私しか言わないからみんなにも調べて欲しいのである。釈尊イエス・キリスト、モーゼ、たぶん、リンカーンアメリカ合衆国大統領もいそうな量子の精神場の奥底にある原理の量子のエリアがある。ソレ以外は多数の死後と生前の意識が集まった原則のエリアなのだが。

原理は正義

原則は愛

科学的真理と小宇宙の各地の誕生に必須のダークマターから生まれる物質

コレが大宇宙の統合力である。引き寄せの法則と呼ぶことができなくはない大宇宙の力である。

数千年後には分断力が統合力に代わって小宇宙に作用するようになる。小宇宙がバラバラになって飛び散り消えていくわけだが、コレは引き剥がしの法則と呼ぶことがてきる力である。小宇宙はこうして生まれ、そして死んでいくのである。そのようになっているので、このようになるのである。

この宇宙観を持つと、ナチス第四帝国を滅ぼすことができるようになるのである。

いまどきは、オカルト戦争の時代なのである。第二次世界大戦以来、願望を実現して戦うオカルト戦争なのである。トートごときができるぐらいなので、私にもできたし、人類にもできる筈だ。理想の兵器を願うだけで実現したり、兵器の設計を生み出したり。誰でもできる筈だ。

数の上で圧倒的な人類が中国人あたりを加えて人数を算出したナチス陣営より遥かに強力であるわけで、その点からみてもナチスは必ず人類によって滅ぼされることになるのである。このようにしたいと私が思うと、そのようになるのである。

と、すると、

人類もまたこのようにすればそのようになるわけだから、ナチスは敗北できないことにならざるを得ない、と。ソレを宇宙観に通じる高尚な思考として持つのであるから、人類は高尚な意識に変わる人間たちになるのである。