詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

ビットコインを規制してもミスター・イーロン・マスク・笑と異なり暴落はしなくなった

数年前、中国はビットコインを大暴落させた。

だが、バイデンアメリカ合衆国大統領に呼ばれた自動車メーカーの経営責任者のなかに含まれていなかったミスター・イーロン・マスク・笑はビットコインの相場を大暴落させているのに対して、いま、ビットコイン相場は上昇しているのである。

 

と、すると、

ビットコイン相場より弱いイーロン・マスク・笑、彼より弱体化した中国

ということになるのである。

 

コレからはDEX取引所の時代であるのだから、CEX中国規制当局は人類からイラネと断定されたわけで、ソレを踏まえると次の人類の進化する段階とは

 

脱税

 

となるのである。コレで法人税15%時代になるアメリカ合衆国の所帯が負担を増すことになるとはいえ、脱税をすれは負担は減る、とアメリカ合衆国の人民の進化する方向が明確になる、とわかるのである。

 

バイデン大統領は方向ならUSAは中国を圧倒する進化と強化へ向かうことになり、アメリカの人民は中国人による攻撃を跳ね除けることになるし、アメリカ軍も中国軍を圧倒する軍事力を持つことになるのである。アメリカは強化、中国は破産、となるからである。両国の差はかなり広がるのであるから、負担増なら暗号通貨で脱税。こういうハナシなのであるから、いまDEXはどうあるべきか? と議論している人たちよりバイデン政権に圧倒的に優秀なのだ、という結果になっている、と。そういうことなのであるから、脱税ノウハウを極めるために個人特定を防ぐことが重要になる。だからiOS15。iCloud +。プライベートリレー機能とメールアドレス隠し、と。

 

と、すると、トランプ前アメリカ合衆国大統領を支持している私からすれば、トランプ前大統領が持つ不思議なチカラである科学的直感に支えられたチカラに興味が移る。だから、最近、ロイターはトランプ前大統領に注目する読者が増えたからトランプ前大統領に関する記事を増やさなければならなくなる。だから、そこまでわかっているスプートニクジャパンがロイターよりトランプ前大統領の記事をどんどん書くことになる。だが、スプートニクジャパンはロシア系であるので、いくらトランプ前大統領の記事を増やされても読者は儲かりそうもない、と。したがって、スプートニクジャパンでトランプ前大統領に関する記事を見たら、サッサっと別のブロックチェーンニュースサイトに移動しなければならない、ということになる。

 

つまり、Cookieはオフ。High Sierraならドライバを停止してiOS15デバイスでデザリング、とこういう結論になるのである。その防御の目的は脱税、その攻撃の目的は中国の破産。

 

 

こういうことなので、オモシロいロイター、またはオモシロいブルームバーグ、というよりブロックチェーンに関係しているニュースがオモシロい、と。地球にはバカはイラネのである。バカ検出関数のテストができないからすぐにバカを滅ぼさねばならぬ。

 

 

こういうカンジやね。