サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

ビットコインゴールドさんを調べると取引ができないことがわかってきたのでさらに調べるとビットコインに替えてるトレーダーが多すぎることがだんだんわかってきたので、PERを算出したくなってきた。

スーパーコンピュータ(電卓アプリ)があるのにもかかわらず使っていない。コレはロジック上オカシイことなのである。

 

知らんかった暗号通貨を調べていたら

と思ったので、とてもここでは言えない観点から取引所ごとに調べてみると、とてもここでは言えないニュースサイトの記事がフェイクニュースではないことが判明してしまったのである。

 

最悪のコイン発見

 

ビットコインゴールド人生は大暴落気味である。しかし、上昇したらすぐに下落は良いとしても沈んだり潜ったり。コレでは急浮上が見込めない、と。しかし、やっとここではとても書けないデータを元に調べたら取引高が急浮上していることがわかったので

 

 

と思い調べたらニュースどおり、ビットコインゴールドホールドをサッサっとやめてビットコインに移行している人が多すぎることが本当だった、とわかったのでビットコインゴールドは、いまは最悪コインに変わった、と。

 

ところが、割安コインで、かつ、成長コインであったら? と再考しなければならぬ。この場合は、クリプトコインであるのだから期待だけでどうにかしなければならない立場がビットコインとかRipple以外、ほとんどだと。期待だけなら大暴落がすぐに来る。コレは株と同じであろうから、IPOは注目しても大損だ、ということになる。したがって、安全、安定したトレードを目指すなら、お宝を掘り当てねばならない。だが、ロンダリング山の中から自分が求める靴下を掘り当てるよりコレはずっと難しいことなのである。

 

と、すると、

急成長コイン、成長コイン以外は探さない、という消去法で考えるとたいがいはお宝への道になる、ということだと私は考えた。アベノミクスの詐欺相場ではデタラメな株が成長株とほとんど同じカタチになった。だが、暗号通貨はコレとは異なり、期待だけではダメ、物理的な実在の中で使用できるだけでもダメ、中国を滅ぼすための政治と中国を滅ぼすためのウォール街の強力なチカラ。このチカラに浮かされてフィーバーを得た場合は、すべて急浮上コイン、成長コインになる、私はそのように考えた。

 

と、すると、

割安コインとは何か? を考えねばならぬ。PER1で当たり前、という厳しい環境のなか、どこで何をやりたいから作ったコイン、というホワイトペーパー ←コレ

コレが重要で、このとおりの未来なら投資、と。こういう投資家のノリで一年後に10倍の価格で現金に換金できる、と。コレならありそうなのだが、ビットコインゴールドさんの一年後は? と。マイペースでコインを発行しまくる一年を過ごせばその後はどうなのか? と。もしかしたら? と。割安コインをトレードする、というかマイニングする楽しみとはコレではないか? つまり、割安コインが一番オモシロイのでは? 自分が勝手にビットコインゴールドを発行できて資産を殖やすことが可能。コレならはやくDEXに対応しろバイナンス、と騒ぐね。私は、だが。

 

いま、騒ぐタイミングを安上がりな騒ぎ方をふくめて検討しようかどうしようか、考えている。このあたり、Charisma .comというよりジュディマリのノリやね。くじらさんのネタでもいいのだが、今回はコレで終わり。記事の使命を終える。

 

ではまた♪