詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

MacBook Proの新型がまもなく発表される、とのこと。

私がそのことを知るちょっと前、有名人気取りのチンチクリン(独自ドメインの解説野郎ども=広告屋)たちの発表したガセ情報では2022年にMacBook Proの新型が出る! と騒がれていた。マルチなチャイナ液晶モニターのことばっかりのハナシだったので、私はバカにしていたのだが、広告屋をバカにしてよかったという結果が今日出たのであった。

 

衝撃の暗号通貨交換事業報告が多数、閲覧可能な状態になっていたので、セキュリティをさらにチョビッとだけ高めて読んできたのだが、いまさら一級、と報じられても期待の大型新人は中国マクドナルド、と今日のところは決まっているようだからツマンネ、と私はそのビットフライヤーのニュースをバカにした。すると、コインベースさんが納得の市場を作り、はやくも予約客で満杯。まるで、イギリスでの停泊中のフェリーの見物のツアーのように、予約が100万人とか。私もやりたいのだが、いまはアメリカ限定。

 

このようにして、中国は滅びる方向へまた加速したのであった。MacBook Proの新型ならダークウェブで、また一段と安く販売されそうである。ビットコインを自由に使うことができる国々の勝利確定となるわけだが、箱から出して電源をオンにしただけでは、サイバー犯罪者ごときには無敵でも、サイバー戦争部隊からの攻撃には負ける。MacBook Proを買ったら多くの労苦をかけるがブラックリストを作らなければならなくなる。つまり、中国はMacBook Proを買う前から邪魔、ということなのである。、

 

まあこんなカンジやね。個人の自由を認めず法人の自由を認める中国はバカだと私は思った💕