詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

映画マトリックスのオラクルに足りなかったこと=ゼロ知識証明

ラクルはプログラム、と作中で解説されているからオラクルはプログラムなのだと理解を進めた映画ファンは足りないものがあることを知らねばバカのままになるのである。アンタらに足りないものはオラクルも持っていなかった能力のことである。

 


ロジック上、私の所有物なのだから占有権だけでなく所有権もある

 


コレを証明しないままに言うだけ言っておしまいにしても相手に信用させることが可能で、かつ、本当にそのとおりであるようにする仕組み、コレがオラクルとアンタらには足りないのである。ようは、信用が無い奴は、何を言っても信用されない、と。さらに信用ができないようなことを真実であると証明するシステムも小宇宙には無い、と。そういうわけで、ザイオンでもマトリックスでもどこでも信用を落としたオラクルとアンタらは脳に足りないものがあることになるのである。アーキテクチャはネオがバカげた愛の概念を貫き、みんなが助かる方法(トリニティも救われる)を採らないことを予想して前もってオラクルはプログラムでしかない、と、しかもソレを嫌味のカタチで伝えた、と。そういうシーンなのだが、わからん奴はたくさんいるので私は驚き、呆れて、自分が自分であることに感謝することにしたのである。

 

 

 

バカはイヤだ

ツマンネからバカはイヤだ

投資でバカが地獄に墜ちるのを見ているのはオモシロイ

 


ゼロ知識証明とは、つまり、私が言っていることは正しい、と言い放つだけで足りる真実証明のテクノロジーのことである。日本の裁判所はもはやイラネ。ゼロ知識証明を支えるブロックチェーンを持たないポンコツ制度だからである。ソレに対してゼロ知識証明テクノロジーを採用しているジーは、わざわざ真実がなんであるのかを本人がすべて証明しなくても代わりに証明できるので、本人は自分は正しい、と言い放つだけで世の中の真実が成立する場合は、そのとおりになる、と。

 


こういうことなのだが、

まだオラクルがプログラムだと作中の、ソレもアクターでしかない登場人物が制作サイドの都合で語らされたセリフを、世の中の真実だ、と証明するブロックチェーンも持っていない分際なのに、映画評論のプロ気取りで、チンチクリンのくせに

そうだそうだ

とネットでも

ラクルはプログラムだ

と書き放つから、私にバカにされるのである。バカじゃネーの?

 


ラクルは生身の人間である。東洋人を表している。霊感商法詐欺師を表している。つまり、中国人、韓国人、日本人を表しているのである。ベトナム人の怒りを知れ。オラクルがプログラムだ、と信じることに真実は無いのである。

 


バカ評論の標本と化したGoogle検索結果一覧画面を見ながらブラックホール機能とブラックホールへ落とす機能がGoogleには無いことに私が気がついた。キャッシュとかで存在を消させない努力はわかったのだが、存在を消す機能が無い。詐欺サイトは消せ。邪魔だから・・・。このようにすると、Facebookが消え、Twitterが消えていく。ファーウェイが消えて、ZTEも消えていく。TikTokはギリギリ助けられたカタチ。バカ顔のアカウントだけ消すことになるかね? よくわからんのだが。

 


そういえば、広末涼子か次第にネットから消滅している。コレ、一瞬で消せないのかね? Googleの検索結果一覧から。瀬名 涼だけでいいんじゃネーの? 似てないけどね。あんまり。ちなみに、広末涼子大和市社会保険庁の自立支援相談窓口に大槻教授のオンナ版の顔に変わってはいるが、そこにいる。

 


こうして消えていく芸能人が多い。コレさえナチスまたは占領軍の幻覚攻撃なのであろうが、まあまあ愉快な幻覚もあるのである。首筋を爪でゆっくり撫でると顔が変わる奴もいる。コイツはその後、数年後に大和署に現れた婦人警官。アタマが悪そうな。

 


幻覚は、必ずわたしが過去に見た人物を使うから幻覚だとバレる。そのうえで視力矯正をすると遠くいてもすぐバレる。

 

 

 

ザマアミロバーカ

死ね幻覚攻撃者ども

どうせオラクルをプログラム扱いするバカに違いない

邪魔だから消えろ

フィリピン沖からも消えろウゼエ200隻とともに、だ!