詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

ETF、ETNは購入可能な金融商品ですっ ダークウェブで脱税しよう

Bitcoin ETF

2021年以降、カナダやブラジルで認可スタート。

脱中国、脱テスラ・笑。

 


目標は、2021年以降の大暴落Bitcoin相場はないっ

ということ。

 


米国では、

ETF(上場投資信託、Exchange Traded Fund)は投資信託の一種であり特定の指数と連動することもあり、ソレなら非上場の投資信託と違うだろうから、株式同様に証券取引所で売買が可能にする、と決めた。

creation/redemption というETF特有のプロセスで現物との価格差(プレミアム)を基に、現物の価格を安定化させる効果があるからだ・・・この程度の認識では儲からない、ツマンネ、わかりにくい、日本語が壊れる・・・だけではなく、最貧国化する中国をアメリカ主導で建設するためである。オーストラリアもマテリアルなどの分野やエロの分野で脱バカ体制の建設中、こういうことがわかれば、次に中国共産党がバカばっかりだ、と理解を進めなければ投資は失敗するのだから、そのように考えを進める、すると、次に中国のバカどもがやることがわかってくる筈だ。テスラ式中国の完成をバカは計画している、と。つまり、Bitcoin相場を2013年だか2012年に中国は大暴落させたが再び大暴落させようとしている、と。だが、中国の計画は失敗が確定していても止めないというバカな成分から生まれているのである。「Bitcoin決済、やーめた」ぐらいでは停電の拡大は止まらない、バッテリーを水浸しにする洪水による処刑対象地域拡大も止まらない、テスラはノケモノ、中国もノケモノ、ソレなのにバカは計画どおりに・・・。だからこそ、いまこそ、このときこそ、中国を滅ぼすプレッシャーをかけることについては天才揃いのウォール街の大資本をBitcoin戦争に参戦させなければならないのである。そのためのロジックは「最貧国化する中国の建設」をアメリカ合衆国主導で行ういま、完成をみたのである、とこのように考えなければBitcoinで大儲けはできないのであるっ。なにがなんでも中国人を1人残らず滅ぼすために=未来の最強、最高のアメリカ合衆国を建設しアメリカ キープ グレイトのノリでもソレは同じこと、青でも赤でもオーストラリアでも同じこと、すでにウォール街の大資本の参戦も決定、それだったら、暗号通貨取引所や販売所ではなく証券会社で買わねばならぬ。分散台帳なのである。DEXである、もっと安全、だったら証券会社の出番だ。テンバガーをハンターするときにもBitcoinETF❤️ 必ず正義は勝つ!

 


中国を滅ぼしてやる。

 

 

 

 


ビットコインETF

ビットコインETFは、その名の通り連動する指数は「ビットコイン(BTC)」価格です。

 


株式同様、証券取引所(株式市場)で売買可能となり、

既存金融商品と同様に扱えることで

暗号資産(仮想通貨)特有の秘密鍵やデジタルウォレットなどの知識がなくとも、

ビットコインに投資することが可能となるほか、

仮想通貨の直接保有ではなく「投資信託」という区分になるため、

国によっては税制面で優遇される場合もあります。

 


日本に当てはめた場合、

仮想通貨はほかの収入と合算した総合課税扱いとなる雑所得。

累進課税で住民税10%を合わせて「最大55%」を課せられますが、

株式やFX(外国為替証拠金取引)の収益は、「申告分離課税」のため

一律約20%で、

一定期間内の利益と損失を相殺する損益通算なども可能です。

 


ただし、

日本では2019年11月、金融庁が「仮想通貨の投資信託」の禁止方針を固めており、

ビットコインETF上場の実現可能性は、米国以上に低いと考えられます。

脱税。マネロン。金持ちは規制だらけでOK。ちゃんと納税しろ。無名人は脱税。

日本ではダークウェブでマネロン。盗んだカネと交換させられないように注意しろ、ということやね。人類を裏切った日本に納税する奴は、納税後、人類からバカにされる。

 

 

 

米国のETF可否判断

2021年2月、カナダで北米初となるビットコイン ETF

「Purpose Bitcoin ETF(BTCC)」

が承認され、トロント証券取引所TSX)へと上場しました。

 


数時間後に同様のETF

「Evolve ETF(EBIT)」

も認可、BTCC 同様にTSXで取引を開始。

 


BTCCの運用総額は1か月後には950万ドルまで膨らみ、

6月にはおよそ20,000BTCまで拡大されました。

その後、

南米のブラジルでは

3月にビットコインETF

(ティッカー:QBTC11)が同国の証券取引委員会(CVM)に承認され、

6月に主要証券取引所B3に上場しました。

 


BTCCは6月時点でカナダで最大規模のビットコインETFとなっており、

SECによる厳格な審査で足止めされる米国に先んじています。しかし、

2021年9月以降、

米SECのゲーリー・ゲンスラー委員長は姿勢の軟化とも受け取れる言及をしています。

2021年に入り多く見られた、

CME(シカゴマーカンタイル取引所)

ビットコイン先物

に投資するETFについて、個人の見解だと断りを入れつつも

「(SEC)の委員が、ETFの審査を行うことを楽しみにしている」

などと含みを持たせました。

 


2021年10月には、

3つの仮想通貨・ブロックチェーン関連ETFが米国で承認されました。

 


ビットコイン単一のETFではないものの、類似した性質を持つETFの認可は、布石として捉えられています。

 


関連:ビットコインETF(上場投資信託)最新情報まとめ (coinpost.jp)

 

 

 

早ければ、米国の歴史上初となるビットコインETF承認は、

第4四半期(米国)中

行われる見込みで、

ビットコイン先物ETFでは、

ProShares社

の申請判断が10月18日頃に迫るほか、

以前から有力視されているVanEck版ETFの最終可否判断日は、21年11月14日頃とみられます。

 

 

 

ビットコインETFが承認されれば、

潤沢な資金力を持つ機関投資家の呼び水となる

ことが考えられますから、

中・長期的な資金流入が期待できる

ほか、

仮想通貨市場にも

市場にも、

流動性向上などポジティブな影響が期待されます。