サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

はやくも最強更新へ。ロッキードマーチンの株も上がるあがる 1が2になる、2倍の実力差が4倍になる! アメリカ軍は最強でなければならぬ。このロジックはホンモノのロジックである!

国防総省極超音速滑空体ブースターロケット実験に成功=海軍


[ワシントン 29日 ロイター] -

米海軍は、

極超音速

(ハイパーソニック

滑空体に動力を供給するブースターロケットの実験に成功した

と発表した。

 

実験は国防総省ユタ州で28日に行った。

 

 

海軍の戦略システムプログラムのディレクター、ジョニー・ウルフ海軍中将は

極超音速ミサイルの飛行試験に向け、予定通り進んでいる」

と述べた。

 

ブースターロケットと極超音速兵器を組み合わせた飛行試験は

2022年秋までに実施される予定。

 

 

21日に

アラスカ州で行われた実験は、

ブースターの不具合で失敗に終わった。

 

また、

米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長

27日、

ブルームバーグテレビとのインタビューで、

中国による極超音速兵器の発射実験が今夏に行われたことを米当局者として

初めて認め、

「非常に懸念している」

と述べた。

 

 

 

 

アメリカ軍の軍事的進歩の速度が加速している。

2035年までに、軍事上の脅威、(=ムダにデカい方の)中国の軍事力を数倍ちかく上まわる筈である。

 

 

中国人はEZ侵略といい、バカしかいないと私は断言する。いかにアメリカ合衆国が強いのか、コレからわかる。

中国人は残骸化したコソボで撃ち落とされたF117を地元の農民から買い取り、研究し、おそらくソレがステルス戦闘機のJ-20 に不安定ながら通じたのであろうが、グラグラしている戦闘機をカンフーテクニックで安定させることが上手いパイロットに神の龍、などと褒め称えて制空権に憧れているらしいが、すでにスーパーフォーネットの方が主力戦闘機に採用済み極めての安定した戦闘飛行を実現しているアメリカ空軍が実在しているので、不安定でバカな方の中国の国旗を見るたびに私にバカにされることになった、と。

 

 

自分の成長がオモシロいので毎日、最強を更新するアメリカ軍はアメリカ軍の潜水艦が得意とする深度から、上空の近宇宙に至るあらゆる人跡を残すことが可能なエリアで最強レベルを更新しているのである。

 

このあたりのノリは、イギリスのナントカという名前のプロボクサーのチャンピオンノリなのである。

 

休みの日は軍務以外で楽しむが、軍務がなくてもソレはソレで別に問題ではない

 

このノリの意味を真剣に考えるとアメリカ軍の強さに納得できる筈なのだが、バカな方の中国人はわからないので、この謎めいた中国人のバカさ加減をいま私はマトリックスから見抜こうとしているところである。なぜ大陸の方の中国人はここまでバカなのか?

 

 

TikTokはホントにイヤだ。オススメされてるアカウントの動画がバカ顔ばっかりだからである。

 

そのうち、シンガポールから中国人の罠の張り方を見抜いて暴露してやる。

 

アメリカ合衆国人とイギリス人とオーストラリア連邦人、そして少なくてもマトリックス内にいて、かつ、アンタらと同じ点と線の延長線の世界にいる私は海賊魂を持っているのである。そして、いまどきは宇宙対応は当たり前の時代なのであるから、宇宙海賊魂を持っている、とわからねばならぬ。さらに、宇宙のうち、繁栄しているワケだから大宇宙の方に対応している宇宙海賊魂だ、ということもわからねばならぬ。

 

なんでバカな方の中国人にこんな簡単なことがわからないのか? 謎だ。OSが入っているPCに入っているCPUの性能を見るという簡単なコトで繁栄ぶりがわかる筈なのだが、霊感商法詐欺のやり方でポンコツベトナムに売りまくってノーサポートで逃げる方の中国人は世界に侵略戦争を仕掛けてきやがった。バカじゃネーの?

 

フィリピン沖でトカレフを釣ろうとしてもムダだ。必ず先に釣ってやる。釣るのはハリウッドの大作の名画のスーパースターが物理的な実在となって行う筈である。スーパーマンとかスパイダーマンとかであろうが、ジョーズより強いスーパースターなのだから、ジェイソンとかでもよさそうだ、と私は考えて祈りを始めようかと思ってきた。あまりにも独裁国家の方の中国人がバカすぎるからである。シンガポール方面からいろいろ調べたら、ダークウェブが金盾だ、と私の確信は強まった。しかも、ツマンネ方のダークウェブだし。シネ!