詐欺と戦う、投資好き

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、株式投資について調べた情報についても書くブログです。

私はいまビジネス向けブロックチェーンとそれ以外の業績比較中である。

IBMブロックチェーン事業を
大幅縮小:関係者──広報担当
は否定【更新】 2021年2月2日 06:06

Ian Allison | Industries

 

「当社のブロックチェーン事業は順調に推移している。

成長を継続させるため、

一部のリーダーと事業部門を再編している。

毎年、行っていることだ」

(IBM・広報ディレクターのホーリー・ハースウ ェル(Holli Haswell)氏)

 

 

 


大規模再編


IBMは2016年からブロックチェーン事業に多くの資金を投下してお り、ブロックチェーンがさまざまな業界のビジネスを変える可能性があるとアピールしてきた。


IBMは直近の通期決算報告で、

全体の売上は6%減少したと発表している。

 

2017年の決算では、

IBMは自らを

「ビジネスブロックチェーンのリーダー」と呼んでいた。

 

 


責任者はAI事業に移動か


IBMは過去数年、

ハイパーレッジャー・ファブリック (Hyperledger Fabric)

上に構築した

さまざまなブロックチェーン ネットワーク

推進してきた。


代表的なものには、

ウォルマート(Walmart)の農産物トラッキ ングシステム

「フード・トラスト(Food Trust)」

や、

海運大手マ ースク(Maersk)の輸送コンテナ用ブロックチェーン

「トレードレンズ(TradeLens)」

だ。

 

また、

サプライチェーン向けブロックチ ェーン

「Trust Your Supplier」

国際決済のための

「World Wire

も手がけている。

 


2020年、

暗号資産(仮想通貨)とパブリックブロックチェーンは活況となったように思われた。

 

 

 

ふーん

知らんかった

 

ハイパーレッジャー・ファブリック (Hyperledger Fabric)

上に構築した

さまざまなブロックチェーン ネットワーク

決算報告はどんな値なんだろうか?

2021年10月21日に発表されたIBM Japan のニュースルームの記事によると

Red Hatの収益は

過去の業績との比較可能性を考慮して調整すると17%増

と書いてある。

 

ふーん

知らんかった

 

来年は

Kyndrylの分社

 

知らんかった

そうなのか

 

この分社は

IBMはハイブリッドクラウドおよびAIといったプラットフォーム中心の企業として、進化の次の段階に踏み出します。

 

とのことで。

まあこういう来年に通じることだ、と。

 

 

知らんかった

 

育てる事業は分社化にメインにする、と。来年のIBMの場合は、だが。

 

サイバーエージェントの場合は、Abame TVとかは育てるぞ、とやっててもメインにはしない。IBMの強さを他者と比較する際に、強大なソフトウェア企業とついつい銘柄比較してしまうのだが、ファーウェイそのほか全部で5社と戦う立場からすると、IBMのプラットフォームを用いて平和のために活かすシステムを開発する企業の登場が楽しみなわけで、投資というか戦争というか、まあいろいろな観点から楽しみなのだが、ここでは人畜無害のように見えなくはない日本のサイバーエージェント(弁護士ドットコムにも関わっている)に警戒をするために、わかりやすいだろうし、それならIBMと比較しちゃお と私は考えたのである。・・・

 

 

 

・・・

学生の頃から私は世界中のバカない大人たちに対してオカシイ、と思ってきたことがある。

 

成長したいなら、そりゃオマエら、活動のメインにしないとダメだろ、という疑惑である。だから日本人のオトナは信用できネー、くらえノストラダムス、と日本人から迫害されていた当時の私は、資本力や営業利益率0という有様だったこともあり、フランスが生んだ世界最強の予言者であり預言者のアンカーでもあり、自分の前の預言者をバカにしまくる偉大な人であったのと、当たれば効き目がアリそうだったのでノストラダムスの創世記の詩のうちの一番、日本に的中すると日本が滅びそうな予言を、たとえ日本に当たりそうもない原文翻訳を読まされたとしても、私はノストラダムスの大予言が日本に当たるように祈ったのである。

 

成長したいなら私とかIBMみたいにやれ。わかんネー奴らだな。バカじゃネーの日本人。

 

IBMは必ず勝つ。勝つから勝つツールが編み出せる。勝てない奴らでは勝てないのである。

 

引き続き、IBMのレットパッドの、まあLinuxというか、オープンソースにしてるけどなんか良いことあるかもしれないから、縮小してるだろうけど、さらに調べを進めたい。もしかしたら、ファーウェイその他アメリカ合衆国の通信の安全保障上の脅威、つまり、人類を裏切ったバカどもを一瞬にして撃ち破るサイバー攻撃システム分散アプリケーションのそのまたソレらをすばやく簡単に開発、テストできるプラットフォームが、まあJavaみたいなのだろうけれども、ソレが軍団制を採用したファーウェイ、ファーウェイその他のバカどもを率いる中国共産党のバカどもを破産に追い込むのではないか? と期待は膨らむので楽しみなのだ、と。私の場合は、だが。

 

ボーキサイトは金よりタングステンより価値がある。あれほど中国に停電をもたらすとは・・・知らんかった。今後は、素晴らしい停電素材としてアルミニウムへ目を向けることになるであろうけれども、ノストラダムスの愉快な滅亡系大予言は、アレがきたそのあとコレが落ちてきたそのあとアレコレが湧いてきた、こういうカンジの畳みかける構図である・笑。ソレなら停電、洪水、隕石、ついでにサイバー攻撃用の分散アプリケーションプラットフォームをIBMからオープンソースになった分散アプリケーションプラットフォームをもとに、と。

 

すげー勢いでDOS攻撃、中国のビッグデータダウンロード、回線速度の通信速度が低下して中国の、手術時などのDX関連が壊滅。アメリカ合衆国ではたくさんの人たちが救われる模範的手術動画データを中国でダウンロードする場合は、1か月以上。間に合わなくてバタバタ死ぬ中国人。

 

 

 

ザマアミロ

シネ!サイバー攻撃者ども